素敵・快適・エコリフォームはこちら… 住電工房MaRu

住む人の便利・快適を知り尽くした電気屋の目線でリフォームするとこうなる・・・限られた予算を最大限に生かしてみせます。やってよかった、大満足のリフォームを! 断熱内窓「インプラス」、ヒートポンプ式温水床暖房、オール電化、太陽光発電、キッチン、システムバス、節水便器、LED照明、家電各種、アンテナ、パソコン、外構工事など家まるごと・・・夢を叶えるお手伝い。 枚方市 交野市を中心に活動中

濃い色での外壁塗り替えには「Duflonファイン4Fセラミック」がおすすめ

先日、床暖房熱源を含めた電化工事をさせていただいた枚方市N様邸
取り外したガス給湯器の跡の補修塗装をペンキ職人のMさんに
お願いして
長期工事帰省していましたが

帰ってみると
さすがプロの技
「どこにあったの?」くらいのレベルで仕上がっていました。
IMG_20200210_154647
IMG_20200210_154656


補修塗装後、まったく同じ色に調色してくれました。
不要になったガス管はカバーに収めました。

IMG_20200325_14045825


約10年前に当店にて塗り替え工事をさせていただいた時の画像↓
このような濃い色の場合経年劣化による退色が目立つのでとても気になります。
今回の工事であらためて見てみたら
塗り替え時とほぼ同じ色調と艶を保っています

これはすごい!と感じます。
まだ数年しかたってない?とも感じさせられます。

塗り替え時に使用していた塗料は
日本ペイントの「Duflonファイン4Fセラミック
カタログはここ
濃い色の場合、特におすすめの塗料ですね。もちろん明るい色にも。

t_R0013382


いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY 古瓦を再利用してテラスを造る【動画編】

75年古民家の実家をリフォーム中
7年前に屋根を葺き替えた際
不要瓦の山が・・・
何とか再利用できないかと考えた結果
テラスの囲いとして再利用することに
その作業のようすを動画で記録しました




いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

洗面台の蛍光灯をLEDに交換・・・その後43,000時間

昨日、H様にて洗面台の蛍光灯をLEDに交換しました。
『わー、あかるーい!』
12年前にリフォームさせていただいたもの

カバーが古くなったせいもあってこの状態ではまぶしいほど明るい
カバーは部品でぎりぎり入手可能なので注文しました
IMG_20200331_100540


◆◆◆

ここからは我が家の場合「洗面台LED交換その後の検証」

このブログの人気記事に常に入っているのが
『洗面台の蛍光灯をLEDに交換』
2015.4.25の記事です。

2年で壊れるから外した蛍光灯は保存しておくように、とのコメントも
頂いていましたが

43,000時間を超えました
1日8時間点灯なら14.7年に相当します

我が家では洗面台が家の中の最も暗い場所にあるため
24時間点けっぱなし。なので点灯時間は5年弱で約43,000時間になります
定格寿命の40,000時間を超えました。


IMG_20200401_051414

↑さきほどカバーを外して撮ってみました。
明るさはほとんど衰えていないと思います。
すごいです。

これまでかかった電気代の計算です
明るさが同等の蛍光灯(15W)の場合約17,400円

LEDの場合約9,870円

お得になった電気代は7,530円

たかが15Wの洗面台だけでもこれだけの節電効果があります

家中のLED化を急ぎませんか?

------ご参考-----

製品情報オーム電機製直管型LED

H様邸に使用したのは20W型昼白色LDF20SS/N/8/10
AMAZONサイト
近くのホームセンターでも1000円強で売られていました
H様邸にて交換したのは20W型昼白色

今、付いているのがグロー球式なら電気工事不要で簡単に交換できます
蛍光灯とグロー球を外して取り付けるだけ

IMG_20200331_091559


グロー球のついていないタイプの場合、配線の改造が必要です
電気店にご相談ください

無題




当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com
いつも見て頂いてありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます


★快適生活請負人★
住電工房MaRuホームページ

節水便器に交換したらたびたび配管が詰まる件

最新の便器にリフォームしたら汚水管が詰まりやすい?

リフォーム前は問題なかったのに・・・
そんな場合の原因の多くは洗浄水量不足にあります

昨日、配管詰まりでお伺いしたN様邸の場合
リフォーム後、約1年の間に2回目発生

高圧洗浄機にて解消したものの
気にしながら使わなければならないのは精神衛生上もよくありません

IMG_20200330_143059


その原因の多くは汚水管の勾配が緩い
セメント桝の場合、表面の劣化でペーパーなどが引っ掛かりやすくなっているなど
N様の場合1回目の詰まりのときにセメント桝から樹脂製に交換しました。
なのに再発。
これは従来の洗浄水量に対して節水便器になって三分の一以下に減少したためと思われます
大量の水で流す方がもちろん詰まりにくいですよね

最新の節水型便器は防汚技術の進化により少しの水で流せるのです

IMG_20200220_102507


TOTOカタログによると
従来13リットル程度必要だった洗浄水が4リットル前後でOK
すばらしい節水技術ですね。

でも半面、従来設計の緩勾配の配管君は『もっと流して~』と叫んでいるのです。

無題


N様の便器はTOTO製ピュアレストEX
洗浄水量は大4.8L、小3.6L
女性お一人暮らしなのでペーパー量も多め

対応策として
『常に大で流してください』ということに

おそらくこれで大丈夫かと、
それでも十分節水ですから

もしこれでも再発するようなら配管の設計変更やり直しが必要か、
13L流れる設計の配管に1/3しか流さないのですから
詰まり安いのは道理
リフォーム時にこの点についても十分ご説明したほうがよさそうですね。

いずれにしてもお客様に快適かつ安心してお使いいただけるよう
最適な方策を講じていかなければなりません。


いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

不思議なちから

いつかはやらなければならないと思っていた人生の中での大事業
次男が工事部門を引き継ぎ独立してくれたのをきっかけに
今だ!
との判断で決行した祖父の家の解体工事
雨漏り放置ですっかり傷んでしまいご近所にも不安を与えていた道路に面した馬屋部分
年齢的にも体力的にもギリギリの決断でした。

無事に完了できてほんとうに良かったと・・・

60年以上前、祖父の盛業時の面目のかけらを修復できたかと、
父を含め叔父たちが全員他界してしまったあと
孫としての務めを遅ればせながら果たせた気分。

同じ気持ちで全面協力してくれた家内の力強さにあらためて感謝
無題

厳しかった祖父、やさしかった祖母の写真が・・・
『おそくなりましたが頑張りましたよ』
t_R0061495

若かりし叔父たちと(約60年前)
木材業を営んでいた祖父がいち早く導入した木炭トラックにて
t_R0061493

 この解体工事と実家のリフォーム工事の一か月間
ほぼ休みなく早朝より二人で作業を続けました
今から思えばそうとう無謀とも思える工事

とても自分たちだけでできたとは思えない
祖父や叔父たちやご先祖の大きなちからが加わったように思える

毎日の作業で腕に残る痛みさえ心地よい
とにかくたのしくあっという間に過ぎ去った1か月でした

何事も使命感をもって楽しく取り組めば
きっとうまくいく
つくづくそう思わされたたのしい1か月間でした


いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます
記事検索