昨日、長らくお待ち頂きました和室床の補強工事をさせて頂いたのは
交野市M様邸

畳が見るからに波打ってフワフワ状態です

1


さっそく畳を上げて補強工事開始
通常の床は1尺(303mm)ピッチで根太が入っていますが和室の場合、畳の剛性に頼ったのか
このように尺5寸(455mm)ピッチになっている事があります。

2


取り外した合板は接着剤の強度がなくなりキレイに捲れる状態になっていました。
この荒床材が杉などの無垢材だったらまだ良かったのではと思いますが
合板がこんな状態になるとは40年前には知る由もありませんね。

3

現状の根太間にもう1本根太を増やして新しい合板を貼りました。
【写真がありませんが】
とても丈夫な床に生まれ変わりM様も大安心、とても喜んでくださいました。


当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com
いつも見て頂いてありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます


★快適生活請負人★
住電工房MaRu