2018年3月7日、本日は松下幸之助創業者が
大阪市北区の大開町で松下電気器具製作所をスタートされ、100年目の日。

昨日、帰宅すると
「共存共栄」の額と「道をひらく」の特別装丁本が届いていました。
44年前に松下電器入社、その15年後にナショナルショップを開業、現在に至る。
自分としても人生のほとんどをお世話になってきたわけで

今なお創業者の理念が受け継がれ
一販売店まで細やかな心配りがなされることに感銘を受け
感謝と意欲が呼び起こされたおもいです。

●●●挨拶文より●●●
創業者の松下幸之助は
「人々の暮らしをよりよくしたい」という社会的使命を全うするためには
「企業は社会とともに発展していくのでなければならない。すべての関係先との
共存共栄を考えていくことが、企業自体を長きにわたって発展させる唯一の道である」
と語っています。
●●●●●

t_R0064971

はじめて認識したのですが本日は自分の誕生日でもあります。
この事もただごとではないことと捉え
仕事の、生活の基軸を考え直してみる機会とします。


当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com
いつも見て頂いてありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます


★快適生活請負人★
住電工房MaRuホームページ