キッチン前の出窓は寒さ暑さを室内へ伝えやすい場所
窓の開口面積に対してガラスや側面、天板、床板の表面積が広いからです。
ここを断熱すればキッチンの快適性がアップします。

ここからは昨日、寝室をご紹介した交野市YK様邸のキッチンです。

Before
流し元灯とそこから分岐されているコンセントの配線を一旦撤去

t_R0073717


出窓の内縁に2重窓用の枠を取り付けたところ(ホワイト)
配線は窓枠に穴を開けて引き出しました。

t_R0073718

t_R0073719


断熱内窓を取り付け
今回は視線制御のため型ガラスを採用しました。

t_R0073722


After
流し元灯とコンセントを取り付けて完成です。
内窓の向こうは温度の変化に影響されない調理器具や食器置き場としても活用できます。
寒い冬の期間は内窓を開けるとヒンヤリ冷気が・・・
なので暖房中の食品の一時置き場としても利用できそうですね。

t_R0073726


今回、冷蔵庫や電子レンジ、オーブントースターなど買い換えて頂きました。
冷蔵庫の横の白い棚は?

t_R0073707


そうです。新しい冷蔵庫と流し台の間にちょうど入る寸法でこしらえたレンジ置き台です。
冷蔵庫の左扉が壁のリモコン類に干渉しないギリギリの寸法幅48cm、高さ80cm。
これで電子レンジもちょうど良い位置にスッキリ納まりました。
下のスペースはゴミ箱用となります。

t_R0073728

新型家電とともに快適なキッチンスペースが完成しました。
様々な状況を踏まえて最適なご提案ができたでしょうか?

いつもながらほぼお任せ状態で進めさせて頂きました。
YK様、このたびもありがとうございました。


当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com
いつも見て頂いてありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです



応援ありがとうございます

★快適生活請負人★
住電工房MaRuホームページ