昨年の台風21号被害で多かったのが
カラーベスト屋根の棟包みの飛散

お待たせしていました枚方市S様にて昨日行った
修理の様子をご紹介します

Before
棟包みとは、カラーベストの頂点の突合せ部を覆う鉄板のことです
釘で固定された下地木材に鉄板をかぶせて横から釘打ちにて固定されています。
ところがこの横から止めてある釘が年数とともに浮いてきて隙間が生じ雨水が侵入
下地木材の劣化を速めているように見えます。
残っている棟包みも簡単に手で剥がれました。

1


古い棟包みと木材をすべて撤去、清掃

2


寸法を合わせ、新しい下地木材を長尺のステンレスビスで固定します

3


棟包みの下端部の重なる部分をハサミでカット

5


防水シーリング

6

重ね合わせ
7


ビス止め部にシーリング材を塗布

8


板金ビスにて固定

9


抜けにくく雨水を漏らさないビス止め方法です

10


接合部も確実に

11


After
カラーベストは見た目は古いですがまだしっかり強度を保っています
これで安心、屋根の延命ができました。

12


端部は専用部材で

13


ご近所にもまだまだブルーシートの屋根が散見されます
被害復旧工事の遅れは深刻ですね

14

当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com
いつも見て頂いてありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです



応援ありがとうございます

★快適生活請負人★
住電工房MaRuホームページ