当店でリフォームさせて頂いたなかには
いつお伺いしてもスッキリ片づいているお宅がたくさんあります。

先日、ブルーレイレコーダーの不調でお伺いした枚方市K様邸にて
これだと感じたのは

床面に出来るだけ家具や家電を置かなくて済んだら
部屋が広く感じる
掃除がしやすくいつもすっきり片づきやすいのだ、ということ。

K様邸のリフォームでは
柱を残して収納スペースをまるごと外へ張り出させる方法により
部屋の広さはそのままで広大な収納を確保しました。

窓の下にはベンチを作りつけ
カップボードも隙間無く埋め込まれています

P1010202


ベンチの中は
ざっくりいろいろ入る収納になっています

DSC_0019


ベンチに座った正面は
壁掛けテレビのみ
これならいつもスッキリ片づきます

P1010230



全体の感じは・・・
ベンチとテレビの位置関係がちょうどいい
突然のお客様でも困らない

P1010232

ブルーレイレコーダーはベンチの横のガラス扉の中
テレビまで天井裏を通してHDMIケーブルを隠蔽配線してあります。
現在ならWiFiで繋がるので配線不要ですが・・・

床面に何も置かなくても良い、必要十分な収納を確保することで
お掃除機しやすく
いつでもひろびろスッキリが保ちやすくなるのですね。


当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com
いつも見て頂いてありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます


★快適生活請負人★
住電工房MaRuホームページ