洗面所に窓はどうしても必要ですか?
お風呂のリフォーム時いつもおはなししているのは

お風呂と洗面所の窓を閉めて浴室換気扇(24時間換気)を回してくださいね・・・
なぜかというと、
窓が開いていると、窓から換気扇へ新鮮な空気は直行して
肝心な床付近の乾燥ができにくくなりますよ。


お風呂の換気扇はローカや玄関、家の中の空気をも排出してくれます
24時間、弱運転をおすすめしています

大建工業からこんな商品も、
ドアを閉めたままで換気できるランマドア。ジメジメしがちな空間用
ランマドア

こんなイメージです。ドアの上の換気子ドアを開けておくとローカの空気は洗面室に下向きに流入し
湿気を連れて浴室換気扇へ・・・
うまく考えましたね。

お風呂や洗面室の窓が開いていたらこうはなりません。
昔の隙間だらけの家ならいざしらず
現代の高気密の家ならなおさらのこと、浴室、洗面室の窓を開けたままの換気はいけませんね。
ランマドア2

と言っていても窓があれば開けたくなるのもわかります。
それならいっその事、窓をなくしてしまいましょう。

水回りのリフォーム時、よくおすすめするのが
窓をつぶして収納に・・・です。

これまでの住宅では洗面室の収納のことまで考えられていないことが多く
大抵、洗面台と洗濯機置き場があるだけですよね
t_R00753432

それだとどうしても物であふれてしまいます
480232bc[1]

ご提案して実現したのがこれ
どうでしょう、これだけ収納があれば・・・
窓の位置は最も便利な収納になります。

LEDダウンライトとお風呂の窓からの採光で暗さはさほど感じません。
便利さから、ここに窓があったことはすぐに忘れてしまうでしょう
『窓より収納です』ね。

R0075983

浴室、洗面室のリフォームをお考えの方の参考になれば幸いです。

当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com
いつも見て頂いてありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます


★快適生活請負人★
住電工房MaRuホームページ