このところトイレにまつわるトラブル解消依頼が多発

トイレが流れない・・・
前ぶれも無く突然流れにくくなった場合は便器付近に原因があることが多く
ラバーカップで簡単に流れる場合もあります。
ここまではご自分でトライされる方もありますが
便器を取り外さなければならないことも結構あります。
さすがにそこまでされた方はこれまでにはありません。
事例1 

次は
なんとなく流れにくい、少し前から兆候が・・・
この場合は便器より外の排水系が疑われます。
最終汚水枡までの配管が複雑だったり勾配が緩かったり
もともと流れにくい構造の場合に起こる能性があります

そして以外と多いのがコンクリート製の古い汚水枡の場合によくある
木の根っこの侵入によるつまりです
この場合は汚水枡を開けてみるとわかりやすいです

下の写真の例では3つ並んだ汚水枡、左が下流側です。
真ん中の枡の下流側に原因があることが推察出来ます
R0077536


案の定、詰まらせていたのは大量の木の根っこ
取り除いてやるとスッキリ流れ出しました。
これならご自分でできるかもしれませんよね。
ゴム長手袋やはさみを準備して・・・

専門業者を呼んだら多額の費用が発生するかもしれませんよ。
ただし数年ごとに起こったり、明らかにコンクリートと塩ビ管の間の隙間が大きくなっていたり
傷みが酷い場合は樹脂製の枡への交換をお奨めします。
この場合はお住まいの地域の指定業者に依頼されたほうがよろしいかと

R0077539





今年はまだかなぁ~、と思っていたら
ありました。
ことしも健気に可憐な花をさかせてくれたヒゴスミレ
いつもより数が少なくて気がつきませんでした。
お借りしている駐車場のアスファルトとコンクリートブロックの間から毎年忘れずに・・・

2018年のヒゴスミレ 2017年のヒゴスミレ 2016年のヒゴスミレ

R0077202


当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com
いつも見て頂いてありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます