このところトイレにまつわる用件が増加しています
交換のご依頼も多数いただきます

店頭には常に工事を待つ便器が・・・
でんきやならずべんきや状態です

R0077717


◆◆◆

15年前に当店にてリフォームさせていただいた枚方市F様邸にて
節水型スタンダード便器への交換をさせていただきました。
30~40年の住宅に多いパターンだと思いますのでごご紹介します。

Before
もともとF様のトイレは85cm×85cmの半畳正方形の狭いトイレでした。
15年前に外へ約15cm張り出させてこの便器を設置しています。
写真に写っていませんが便器が窓下に入り込んだカタチ

今回、便座からの水漏れや便器の奥が狭くて掃除できない
そして節水したい・・・
とのことで取替に至りました。

R0077721


古い便器を外しお掃除

R0077722


新しい便器は排水管が床上に5~6cm出ていることが必要
持ち出しソケットという部材を使えば同じ径でパイプを延長することが出来ます。

R0077723


接着後、指定の高さでカット

R0077726


位置決め型紙を当て取付ネジの位置を決定します

R00777282


排水アタッチメントと固定片を取り付けます

R0077729


給水栓もお掃除しにくいためサビが

R0077730


同梱の給水栓に取り替えます

R0077732


新しい便器を固定

R0077738


新しいロータンクを取付
この陶器の表面はとても緻密、汚れを寄せ付けません。
もうゴシゴシブラシの必要もありません。

R0077741


内部部材を組み立てます
内部は2重になっていて内側に水が溜まります
取替前の約35%の水量で洗浄します

R0077742


と、ここまでは良かったのですが
手洗い給水口が棚にあたるではありませんか!
最新の手洗い付き便器は水ハネしにくいハイバック形状になっていて
全高が約7cm高くなっていました。

TOTO ピュアレストQR手洗い付きの場合、床から1.019cm必要
いままで全く意識したことの無い高さです

R0077743


ご了解を頂いてその場でカット、断面を着色

R0077745

予定外のかたちで完成

目立たないよう飾り付けして頂きます。

R0077750


節水、掃除がしやすい、手洗い水が後ろにハネにくい
進化したトイレになりました。

R0077766

棚などの障害物のあるトイレに手洗い付き便器を設置する際は
ご注意下さいね。


当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com
いつも見て頂いてありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます