大阪北部地震で傷んだ外壁の改修工事をメインに
スタートした枚方市O様邸

そのⅠの記事

同時に1階の6畳を「スッキリ快適に過ごせるお一人様空間」にリフォーム中。
畳を撤去、床補強後フローリングを施工したところ

R00777052


O様邸は築後約40年の2戸一住宅
ちょうどお隣も先日からリフォームがスタートしました(他店)
お隣を見せて頂くと
かなりの大工事
この写真右側の緑の部分がリフォーム中のO様との共有壁
こんな状態なので大工さんの話し声までよく聴きとれる状況です

R0077894


O様側から・・・天井付近からは明かりが漏れています。
当初から生活に支障の無いレベルでの防音の予定でしたが
会話の内容まで聴きとれるとは・・・

R0077901


土壁を残したまま防音シートを隙間無く張り詰め
内装材の下地を組んだところ。
たいしたものでこれだけでも大きな効果がありました。
お隣の大工さんどおしの会話が
「何かしゃべっているが内容までは理解出来ない」レベルに
この約5cmの空間と内装材でさらに音漏れが低減すると思われるので
これで大丈夫かと。
この壁面にテレビを壁掛け設置します。
床面に何も置かない工夫でスッキリを保てるようにします。

R0077910


使用したダイケン遮音シート、たいしたものです。

R0077899


当店へのご連絡は 
ask@juden-kobo.com

  

応援ありがとうございます