連休もほぼ?仕事中・・・のマルです

連休突入の前日から2泊で行ってきた富山県の
内容が濃かったので引き延ばしてブログに綴っています(No.4)
どうでもいい話ですが
よろしかったら見ていって下さいね・・・

残雪の立山連峰に満足し帰路へ

大量のいちごを使った苺パフェで有名な(家内の調査による)
富山市婦中町の「ココナッツ・アイランド」本店へ立ち寄り

なるほどこれぞ「いちごパフェ」といった感じ

R0078418


あちらの席もその向こうの家族づれも全員「イチゴパフェ」
われわれは1コを半分こ

R0078415


と、見あげると「な・つ・か・し・い~」スピーカーからさわやかな音楽が♬
1982年発売のTechnics SB-6A
現役で使用されていることに感銘を覚え、マスターにお話しを聞くと
音像がしっかりと定位し素直な音質も気に入って長年使い続けておられるとのこと。
「うれしい~」

R0078422


というのもこの平板型スピーカーユニットの開発チームの一員として
日夜奮闘していた時期を思い出し・・・(40年前?)
この円形の振動板は一般的なパルプ製の振動板に比べて
1000倍以上強いんです
できるだけ軽量で曲がりにくい物性を追究して生まれたスピーカーなのです

sb-6a[1]


このスピーカーの振動板の中はこうなっているんです
たまたま昨日、家内が片付けていた中から発見された写真

R0078592


遡ること約5年、長期分割で買った
SB-7000(1975発売)いま見てもワクワクします。
自分はもう処分してしまっているのですが、これは大後悔。
今でも大事に使い続けておられる方もおられるようです
ワガママ親父」さんや「よっしー」さん
(サウンドハウスさんのH.P.)

sb-7000-h2[1]

電気いじりが好きでスピーカーも数多く自作していた中学高校時代があり
某M電器に入社、当初はスピーカーに関係ない材料部門へ
途中、希望が叶ってスピーカー材料開発部門へ
8年後には退職
上のSB-7000を買ったお店の社長にお世話になり電気店をはじめることに
社長に聞くと「あのスピーカーを買ったのはアンタだけ」だそうです。
以後、リフォームなど好きなことをしながら現在に・・・まあ楽しいからいいか。
いつまでも音好きでいたい

どうでもいい話に付き合っていただいてありがとうございました。


当店へのご連絡は 
ask@juden-kobo.com


  


応援ありがとうございます