昨年の大阪北部地震で外壁に大きなダメージを受けた枚方市O様邸。

強度を失ったモルタル外壁を一旦剥がして軽くて丈夫な金属サイディングへのリフォーム
をスタートして2ヶ月が経ちました。

途中同じO様の
「スッキリ快適に過ごせるお一人様空間(6畳)を目指すリフォーム」として内部の
リフォームに切り替わっていました。
内部が一段落したので外壁の続きに戻っています。

その間、2戸一住宅のお隣も別な工務店さんによりリフォームが始まっています。
現場監督さんを中心に
二人の専属大工さんと左官さんや電気屋さん設備屋さん塗装屋さんなど
さまざまな職人さんが出入りしながら急ピッチで進められています。

それにひきかえこちらは
人手不足と当店の拘りによりボチボチと進んでいる状況
リフォームの内容にもよりますが
ほぼ一人の手で全ての工程をこなすリフォームには特別な意義が有り
このことについては別な機会にお話したいと思います。
もちろんお客さまに信頼して頂いていればこそ、ですが。

とは言え1ヶ月遅れでスタートされたお隣と同時期には完成させないと・・・

◆◆◆
スタート2ヶ月目の状況(内部は仕上がっています)
もう少しで完成、といった感じです
増築部分の基礎工事に始まるこの工事には
左官工事、板金工事、屋根工事、電気工事、建具工事、水道工事、足場工事、大工工事と
様々な要素が含まれます。
これをほぼ一人の手でこなすことのメリットは
お客さまの要望に確実に応えながらプラスの提案でより満足度の高いリフォームに。
最初の構想にとらわれず柔軟に変更、途中での気付きがこの上ない便利に繋がったり
そして何より「行程管理」という言葉も不要なほど
完全なコスト管理により究極のコスト低減が可能

デメリットはとにかく時間がかかること

この種の小規模リフォームではこの方式のメリットを生かせると感じています
状況が許せばまたやってみたいリフォームです。

R0079166


スタート時の様子
ピンクで囲まれた部分を剥がし、金属サイディングに
緑部分は6畳に付け足すクローゼットと洗濯機スペース

R0076510


ほぼ全面にヒビ割れ、浮きが発生

R0076762


電気メーターのケーブル引き出し位置がサイディングのつなぎ目に来るように

R0079149


ドアホン子機を取り付ける最適位置と下準備

R0079147


基礎工事もしっかりと、洗濯機用の給水や排水も準備して・・・

b999fd7b-s[1]


なんだかんだ言っても時間を忘れて集中できるこの仕事が好きなんですね。

R0079153

20年前、電気屋がリフォームもしたらいいんじゃ無いか?と思い立ち始まったリフォーム。
職人さんに頼む前に自らも勉強してやってみて事情を知ってから・・・を基本に
やってきました。左官もタイルも屋根も板金も。
もちろんほとんどの工事は腕利きの職人さん達にお願いするのですが
みなさんいそがしくされています。
依頼するまでもない?今回のような規模の工事は密かに楽しませて頂こうかと
要点はしっかりおさえていますのでご安心を
とはいえ気心知れた長年お付き合いのお客さま限定です


当店へのご連絡は 

ask@juden-kobo.com