18日の記事(交野市O様邸)の続きです。

大阪北部地震でひどく浮き上がって割れた部分のみ
断熱性があって軽い金属サイディングを補修張りしました。
本来はラスカット+左官工事+塗装工事になるのですが
金属サイディングは一人施工で完結するので安価にできます。
将来の建て替えも視野に入れたお客さまの判断です。

After
IMG_20190621_160816

Before

ほぼ1年間この状態で放置された状況
給湯器の部分はコンクリートなので内部への漏水はありません
IMG_20190617_104206


壁内部の様子です
構造用合板+通気工法です。個人的には部分補修といえども
理想的と感じます。

IMG_20190621_135753

従来壁との取り合いには2重のシーリングを施しました
IMG_20190621_160835


シーリングが完了すると同時に大雨に・・・
急いで給湯器を取付完了、びしょ濡れです。

IMG_20190621_164820

たいへんな1日でしたが
とても嬉しいことがありました。

下校途中の小学生の皆さんが口々に
『めっちゃキレイになったやん』と一人二人でなく
彼らなりに壊れた壁のことを気にしてくれていたようです。

『どうなってるんですか?』
『外の暑さや寒さを中に伝えない壁の断熱性がとっても大事なんだよ』
サイディングの断面を見せて説明しました。
『ふぅ~ん』
記憶に残ってくれるとうれしいな

この子供たちが将来建てる家はどんなだろう?
超ZEH(ゼロエネルギーハウス)?


当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com
いつも見て頂いてありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます


★快適生活請負人★
住電工房MaRu