鹿児島に無人で置いてある築後75年の家
先日の豪雨でとうとう屋根の一部が落ちてしまいました。
計画していた復旧作業、いよいよ本日から行ってきます。
傷んだのは約40年前に増築した部分
今回はこの増築部分を撤去して元のかたちに
IMG_20190710_081716

本体部分は平屋とは思えないほどの頑丈な木材が使われています
材木商を営んでいた祖父の時代からの大切な遺産です
258de0a0[1]

薩摩の山で手広く材木商を営んでいた祖父がいち早く導入した木炭トラックでした。
横に屋号が入り、ナンバープレートの下には「人は右側を・・・」の文字
叔父たちと、運転席にいるのは誰だろう、もしかして自分かも
かすかな記憶が蘇ってきます。
タイムマシーンがあればなぁ~

t_R0061493

7年前の夏の終わりにみんなで本体部分の屋根を葺き替えました
叔父叔母や孫達まで手伝ってくれた楽しい作業でした
鹿児島で苺農家を営む長男と
今年リフォーム業として独立した次男です
a9cb669a[1]

d5af8412-s[1]

cdcae98a[1]

bb486623[1]

この孫達ももう高校生と中学生、早いものですね
dc1d5808[1]

昨日は、一緒に行ってくれる次男のトラックにサイディングや木材を積み込みました。
IMG_20190823_162234
この鹿児島行きのためにお盆休みも返上してやってきました。
作業をたのしんできたいと思います
しばらくご不便をおかけするかもしれませんがどうぞよろしくお願いいたします。


当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com
いつも見て頂いてありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます


★快適生活請負人★
住電工房MaRuホームページへ