今回の帰省で父母の残した物品をすべて処分した。
家内が整理してくれたタンスの中から大量の家電のカタログが発見された。
よく見ると1974年秋頃のもの、母が大事に残してくれていた。

遡ること45年、現パナソニックの前身である松下電器に入社
当時は新入社員研修として3ヶ月の工場実習とショップ店研修の制度があり
特にショップ店研修では郷里に戻って地元の店での3ヶ月

鹿児島市内のY電器さんにお世話になったこの3ヶ月
自分にとってとても有意義で貴重でした
今から思えばこの時の経験が今に繋がっていると確信するのです。
見る物ふれる物すべてが新鮮、ワクワクの連続だったのを思い出します。

Y電気さんは家から車で40分、かなりの距離感である
にもかかわらず実家での、当時大はやりの電子レンジ「エレックさん」の実演販売を提案したところ
こころよく対応して頂き数回にわたって近所のおばちゃんや親戚をあつめて
実演をしていただき、確か10台くらい販売したかと

IMG_20190904_025539


先日、リフォーム作業しながら思い出していた
そうそうここにたくさんのおばちゃんたちが集まってくれ、
新しい電子レンジに目を輝かせてくれたこと
これが今の自分の原点かと一人一人を思い出し感謝の想いがこみ上げてきました

IMG_20190901_114643


高卒初任給37,000円の時代の電子レンジ
何と109,800円
そんな高価なものをよくぞ10台も買ってくれたことかと
でもこの時代の電子レンジは故障知らずでその後30年も使ってくれていたのを何軒もみました
便利な調理器具として十分活躍してくれたのではと

IMG_20190904_025720

エレック


3ヶ月間毎日車に同乗させてもらって、家電の納品や修理を目の当たりにし
次々と真空管テレビの修理をこなす姿に尊敬の念をいだいていた
あのY社長さん、お元気だろうか?今回は叶いませんでしたが
いつかたずねてみたいと

IMG_20190904_025634


グーグルストリートで見てみると看板はないものの店内には家電の修理品などがすこし見えます
もしかしてまだお仕事されているかも

無題

15年で松下電器を退職し、家電店としてスタートしてやがて30年
当時、反対も多かったなか両親はこころよく応援してくれました
脱サラ起業、今ではごく普通のことですが当時は希なこと
今になってみれば後悔は微塵もなく、直接お客さまとふれあえる今のかたちに
落ち着けていること
あの時の判断が間違っていなかったと、
だってまいにちの仕事がこころから楽しいのです
そして身体が動かなくなるまで続けられるのですから

どんなかたちにせよ人様のお役にたてる生涯でいたいね
と家内とはなしています


当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com

いつも見て頂いてありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます