リフォーム後18年目になる我が家のリビング
腰壁+ジョリパット仕上げの壁・天井
『コレにしておいて良かった』
時折天井を見上げながらこころからそう思うのです。
すべて自分たちで施工したもので塗りむらにも愛着を感じるのです
18年経ってもほとんど傷みや変色もありません。
全面クロス貼りに比べて施工費は高いのですが
ずーっと貼り替えなくて済むならずいぶんお得かも、
なにより満足感がちがいます

【18年前施工直後】
PHOTO121

【現在のようす】
表面の凹凸は施工むらですが味があって気に入っています。
最初から変わっていません。
IMG_20191022_030900

IMG_20191022_030956

天井は多分3人で塗ったのでところによりコテ目が違っています
IMG_20191022_031051

このウオールライトは単なるプラスチックセードに家内が和紙を貼った物
これがなかなかGOOD
和モダンな雰囲気を醸しています
IMG_20191022_031135_BURST001_COVER

現在リフォーム中の枚方市N様邸
リビングは腰壁を採用頂きました
昨日、次男が応援にきてくれ施工してくれました。
IMG_20191021_161620

工事中ですが重厚感を感じます
IMG_20191021_161632
ということで
腰壁+塗り壁(ジョリパット)は初期費用はかかりますが
満足感が高く一生物、かなりお得ではないでしょうか。

当店へのご連絡は


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます