注意していてもやってしまうこと
トイレの止水栓を交換するとき壁の中で塩ビ配管がポキッ!
いともかんたんに割れてしまう

昨日も、エッこれくらいで割れるか?と思うほど注意深く回したつもりなのですが
久しぶりにやってしまいました
これくらいで割れるんだったら相当劣化していたに違いない
お客様にご説明し簡易修復工事を・・・

IMG_20191115_120149


抜けてしまった水栓

IMG_20191115_094325


レシプロソーで開口

IMG_20191115_094412_BURST001_COVER

今までは壁の中で全く固定されておらずぶらぶら状態
それも原因だったかも知れません
新しいバルブソケットを取付、今度はしっかり固定しました
IMG_20191115_101034

手持ちの浴室用パネルを貼り付け新しい止水栓を設置
IMG_20191115_101455


本来の目的の便器の水漏れ修理
ボールタップバルブ一式と底に付いているフロートゴムを交換しました。

IMG_20191115_095440


タンクの底に付いていて矢印面で水を止めているのですが
経年劣化でこのゴムの表面がザラザラです
この黒いカーボン粉が手に付くとなかなかとれません
周囲を汚さないように・・・
この部分がザラザラで密着しないことがチョロチョロ水漏れの原因です。

IMG_20191115_095409


修理完了、ここまで約1時間の作業でした。
水も止まり水道部品がピカピカに、気持ちいいですね。

IMG_20191115_105043

本来ならば節水型便器への交換をお奨めしたいところですが
お客様のご都合により今回は簡易修理となりました。

これだけの応急作業に必要な道具、材料を携える街の電気屋でした。


当店へのご連絡は


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます