現在、音楽を楽しめる場所はコンクリートとガラスで囲まれた
四角い店内、音響的には困難極まる条件の悪さ

6年前に手にした「リスニングルームの音響学」
著者はテクニクス時代の大先輩、石井伸一郎氏

オーディオ機器は目覚ましく進化する一方、それ以上に大切なはずのリスニング空間については
おざなりにされてきました。そんな中、石井氏は定年後に精力的に研究をすすめられ
実用的な設計法を世に示されました。

その著書を取り出し読んでいて
「そうだ古民家で聴く音楽はどうだろう?」

昨年リフォームに着手した75年の実家を思い出し
おぼろげにここで音楽を聴いたらさぞ開放的ないい音がするだろうな、と
感じていたので
「古民家暮らしのなかのオーディオ」をテーマに
いろいろやってみたい気持ちが湧き上がってきてしまいました
IMG_20200211_045103

IMG_20191228_110625

いつかここで「古民家オーディオ」を語る日がきますように
中学高校時代、縁側でスピーカーボックスやアンプを組み立てて
ああでもないこうでもないと・・・なつかしい光景が思い浮かびます

半世紀の時を経てふたたびあのころの感動を・・・



今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます