朝晩過ごしやすい季節になってきました
明け方にすこし寒さを感じたので
エコキュートの経済的なお湯を使う床暖房を数日前に初めてつけてみました
ところが「エラー52」循環異常で運転できません。

修理の余裕もなく数日を過ごし

「そうだ」と思い出し以前購入した電気暖炉を持ち出してきて
とりあえず当面はこれでいいか、と

久しぶりにスイッチを入れてみると
あったかそー


アッ!危ない
だいじょうぶ触っても熱くないんです
実によく出来たリアルな暖炉
健康暖房を中心に興味深い商品を多数出されている「ディンプレックス」の電気暖炉

IMG_20201114_064706


見ているだけで暖かくなります(視覚効果)
見ているだけなら電気代はわずか0.2円/1時間
この電気暖炉、視覚効果だけではありません
ちゃんとヒーターも付いています
強弱切替の安全なセラミックファンヒーターの風が底部から前に吹き出してきます
電気代は弱運転で約16円/1時間、強でその倍くらい
しばらくすると床面がほんのり暖かくなってきます
必要な部分だけ暖めることが出来ます
『取りあえずこれでいいか』
エコキュートの床暖機能の修理が出来るまでは・・・
ずーっとこのままの予感もしますが

IMG_20201113_060959


今朝の起き抜けの室温と湿度
19℃湿度約50%
これくらいがベスト

IMG_20201115_024156

これ以上室温を上げると湿度が急激に下がってきます
湿度が下がって喉や鼻の粘膜が乾燥気味になると
インフルエンザや各種ウイルスの直撃を受けやすくなることは容易に理解出来ます。
湿度が低いほどウイルスは長時間滞留し活発化するようです。
様々な情報からも湿度低下がウイルス感染リスクを高めるのは明白、
湿度40%以上を保てる環境をつくりましょう
そのためには
暖房を控えめに、部屋全体を暖めすぎると乾燥状態に陥ります。
個人的には電気カーペットやコタツなどの局所暖房がいいのではと

温湿度計を置いて常に意識した方が良さそうです

 参考
朝日新聞デジタル「冬のコロナ対策 換気だけでなく湿度管理も大切
NHK NEWS WEB「新型コロナ気温や湿度が下がるとどうなる
こども空気研究所「空気と湿度の観点から冬のウイルス対策を考える

我が家は夫婦とも暖房ぎらい
冬場の室温は20℃までと決めています。
もう何十年も風邪をひいた記憶がない
たぶんそのおかげだと信じています。

◆◆◆

昨日は次男のお客様宅へ「手伝い返し」でエアコン工事の応援に行きました
広大な吹き抜けのある新築。
強力な断熱構造のお家です。まるで魔法瓶のよう
こんな新築のお宅ならかるく床暖房をつけるだけで十分ではないかと感じました
冬場のエアコンは必要ないかもしれませんね

IMG_20201114_160646


広大な空間は完璧な断熱構造ゆえに成り立つもの
お客様選定にて大容量のエアコンが設置されましたが冬場は
あまり必要なさそう、床暖房だけで十分と感じました。

IMG_20201114_142117


美しい工事に拘る次男です

IMG_20201114_160038


みなさま
今年の冬は特に湿度に留意しましょう
湿度計をまだお持ちでない方は是非手元に1台置かれては?
たとえば「タニタ


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます