全く活用されなくなっていた
所有のMacBook Pro2013 Lateモデル
ストレージが一杯になってきていて何をするにも動作が遅く
容量を増やす時間も無く今まできていました。

ところが新時代のOSとして話題の
MAC OS Big Surがこの7年前のMacBookにもギリギリ
インストール可能との情報を目にし

仕事の傍らで少しずつ容量アップの作業を進めて来てやっと
ストレージ500GB、メモリー16GB  、Core i7 2.6GHzクアッドコアの
まだまだ現役で使用可能なMacBook Proに生まれ変わりました。

7年前のこのMacBookProに新OSを入れると致命的な不具合が発生する
と多数の情報がありましたが
躊躇なく、昨夜就寝前にセットしました。
◆◆◆
今朝、起きてみると
無事、新OSへのアップグレードが無事完了しているではありませんか。
エッ、ランチパッドを開くとまるでiPad
普段iPadで閲覧しているカタログや資料もMaBookからも同じように・・・
iPadやiPhoneとの連携がより進んだ感じ
10分ほど触った感じは動作がキビキビ、まるで新型パソコンに乗り換えたかのよう
そして冷却ファンがとても静か、噂通り
IMG_20201119_050833

マイクロソフトのインターネット閲覧ソフトEdgeも
サクサク心地よい動作
コレがまともに使えると仕事上のほとんどの作業が出来るようになります
IMG_20201119_051303

どうしてもWindowsでないと動かないソフトもワンタッチで
Windowsマシンに早変わり(Parallels Dssktop)
こまかい調整をすれば完璧か
画面が明るく高精細、目の疲れが少ないパソコンなのです
IMG_20201119_061505[1]


新時代のOS Big Surではどんなことが出来るんだろう
朝からワクワクが止まらない66歳でした


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます