素敵・快適・エコリフォームはこちら… 住電工房MaRu

住む人の便利・快適を知り尽くした電気屋の目線でリフォームするとこうなる・・・限られた予算を最大限に生かしてみせます。やってよかった、大満足のリフォームを! 断熱内窓「インプラス」、ヒートポンプ式温水床暖房、オール電化、太陽光発電、キッチン、システムバス、節水便器、LED照明、家電各種、アンテナ、パソコン、外構工事など家まるごと・・・夢を叶えるお手伝い。 枚方市 交野市を中心に活動中

外廻り(屋根・外壁)

夫婦で古民家DIY98 屋根葺き替え完了⑫

早朝7:00から作業開始
残りの屋根葺き完了
この屋根材、今回大阪から持参した分すべてを使い切り
過不足なくピッタリの分量、すごーい。
今回使用した屋根材は
リッジウエイ(アスファルトシングル)
今回のようなリフォームに適していると感じました
とても施工性がよく少々の凹凸、不陸があっても面になじみやすく
カッターナイフでカットできる
それなりに時間はかかりますが一人施工に向いています
IMG_20200914_092909

矢切り(三角の部分)の杉板の壁は風化してボロボロの状態
壁材が不足したのでとりあえず保護塗装済みの構造用合板を張りました
機会をみて同じサイディングに張り替えたいと思います
IMG_20200914_105923

上から見ると・・・
今回葺いたのは約100㎡、大量の汗をながして葺き上げた気分は最高
途中、台風の襲来にも何とか耐えました。

両親が残してくれた大切な家、高校までを過ごさせてもらった思い出深い家
夫婦で再生延命に取り組めることにこころからの喜びを感じます
IMG_20200914_110029

手直ししなければならない部分もありますが一応屋根外壁完成です
IMG_20200914_111044

大屋根西側で見守ってくれた福瓦と信楽から仲間入りした表札代りのたぬちゃん
なんとも穏やかな表情にこころが和みます
IMG_20200914_113850


家から歩いて2、3分で海岸へ
今回初めて出てみると幻想的な日の出に出逢いました
IMG_20200914_061423

IMG_20200914_061649

夕方の桜島、
さまざまな表情を魅せてくれる桜島
つい撮ってしまいますね
IMG_20200914_151929



今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY97 屋根葺き替え修理⑪

昨日で終わろうと張り切っていたのに
作業開始直後雨が降り出し中断
IMG_20200913_091700

前日作ったバイクガレージの扉を吊り込み調整
いい感じになりました
とりあえず内錠を付けて、
後日、取っ手と閂(かんぬき)も取り付けたいと
IMG_20200913_080953

屋根が濡れてしまったので、ホームセンターと物産館へ買い出しに
物産館前で我慢ならぬいい香り
「焼き餅」おいしー
IMG_20200913_111258

お昼の弁当
やすくて旨い魚屋のお弁当と大好物のかごしまのり巻き
IMG_20200913_115230

午後から気を取り直して作業再開
5

あと半日分残りましたがもう一息で今回の目的達成です
IMG_20200913_162123

昨夕暮れ前の桜島
あと何回見られるかな
IMG_20200913_182548

家内は様子を見に来てくれたNおばさんと世間話
ほぼ鹿児島弁のおばさんとの会話
大阪人なら通訳が必要でしょうが全く言葉の壁は無い様子
スムーズな会話に大したものだと感心
6


夜空は満天の星
ほんとうに降ってきそうにきれいなんです
スマホの夜景モードで撮ってみました
IMG_20200913_204816


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY94 屋根葺き替え修理⑩

昨日は1日屋根工事日和
がんばって大屋根部分を仕上げました
6年前に葺いた部分との境は棟板金で押さえました
これで住居部分は大安心
風で飛ばされにくい屋根になりました。
自分で工事した屋根は点検修理も容易
末永く家を守ってくれることでしょう
IMG_20200910_133018

IMG_20200910_133020
IMG_20200910_143202

残るはこの下屋根部分のみ
この下はバイクガレージになります
IMG_20200910_143130

【着工直後】
いつかはやらなければ、と思い続けてきたからここまでやれたと思います
同じことをもう一度やれといわれてももう無理
この夏に流した大量の汗はこの家に愛着として沁みこむことでしょう
両親も天国で喜んでくれているのではと
3


家内は入口にもう1台駐車スペースを作るために開墾作業に精出します
IMG_20200910_071041

時々、屋根上から見下ろすと
ずーっと一頑張っています
IMG_20200910_083416

太い木の根や看板跡の鉄角材が埋まっています
セーバーソーで木の根を切りながら
IMG_20200910_083430

IMG_20200910_083431

とうとうやりました
IMG_20200910_150837

おう、だいぶ広がりましたね右側の石の辺までなので
まだまだ楽しめますね

夫婦で古民家DIY92 屋根葺き替え修理⑨

台風去って秋の気配が
屋根上も少し楽になりました
屋根葺き再開です

北面の傷んだ軒先をカットして板金処理
IMG_20200908_104347

下から順番に葺いていきます
無題

自分達の家をコツコツ造っていくことに
喜びを感じながら
IMG_20200908_162100
 
あと2日くらいで屋根は完成か
IMG_20200908_162133

今日の桜島はくもっていてほとんど見えません
南側に見えるのは日石原油基地、屋根上より
IMG_20200908_162019

家内は見切り用の杉細角材90本に自然保護塗料を
この作業は木の風合いを長持ちさせるためにとても大切な作業
IMG_20200908_121146

畑帰りの同級生が立ち寄り
IMG_20200908_120432

気になっていた庭先の伸びた草を
持っていた草刈り機で手早くきれいにしていってくれました
ありがたいことです
IMG_20200908_120936

夫婦で古民家DIY89 屋根葺き替え修理⑧

ただいま6日4:30
台風10号の雨がものすごい状況です
赤丸が我が家の地点
どうやら直撃は避けられそうにありません
2


台風前日とは思えない屋根の状況
昨日も夜明けとともに作業開始
IMG_20200905_062201

雨漏りで腐食し強度を失った部分の補強から
1

野地板張り開始
IMG_20200905_082605

昼前には野地板完了
IMG_20200905_095933

急ぎルーフィングを張り
周辺を木材で押さえ台風養生
今日も雨の止み間があれば矢切部分の壁やルーフィングの押さえを
完璧にしたいところです
IMG_20200905_151827

ご近所に頼まれて単板ガラス窓の養生をしてさしあげたりも
IMG_20200905_145645

高校までを過ごしたこの家では
台風のたびに9枚建ての雨戸を表と裏に木材を当て針金で結ぶ作業を
繰り返したことを懐かしく思い出しながら

今回、この家に戻って
台風が来れば確実に瓦が飛ばされる状況を回避する
工事ができてほんとうによかったと


いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY88 屋根葺き替え修理⑦

強力な台風10号接近中
昨日も早朝6時から作業をはじめました。
IMG_20200904_062410

大量の粘土で固められた最後の棟瓦の撤去に1時間
IMG_20200904_072417

これですべての瓦が撤去できました
これだけの重量を長年支え続けてくれた柱や梁にこころからお疲れ様です
IMG_20200904_075835

お隣に心配をかけていた北面
野地板張り完了
IMG_20200904_142518

下地ルーフィングも。
このままでは台風に飛ばされるのでこの面だけは
屋根材葺きを終えなければなりません
IMG_20200904_151338

西側のこの面は本日、下地垂木の補修から始めます
台風を迎えるにあたってこの面は最低限野地板張りまでは終えなければなりません
IMG_20200904_125517

矢切り(妻の三角の壁)の仕上げも残ります
IMG_20200904_184825

屋根上と下回り、家内と分担しての作業
『今日の作業量は、これまでで一番かもね』と
汗たっぷり流した後の果物やアイスは最高

一生記憶に残る夏になりそうです
IMG_20200904_074737_1

みんな大好きあんころ餅
従妹の差し入れがエネルギー源になりました
(写真がピンぼけですみません)
IMG_20200904_093004
よく食べよく飲みよく働き
大汗の夏
食欲は一向に衰えません。
今日も夜明けとともにがんばります。


いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY87 屋根葺き替え修理⑥

屋根葺き替え作業
残るのはこの2面、表から見えないので最後になりました
瓦のズレがひどく危険な状況
台風10号が来るまでに葺き替えなければなりません
IMG_20200903_075812

特にこの西面はひどく劣化していくつもの落とし穴が
雨漏りも盛大です。
葺き替え後はフリースペースになります
IMG_20200903_075756

昨日は瓦下ろしに専念
こたつ布団めがけて1枚ずつ投げおろし
家内が拾って集積場所へ運びます
無題

手前2列が今回おろした瓦
6~700枚ほどかと
この人もよく頑張りました
ほどよい給水タイミング指示、途中アイスタイム適宜
こんなに働いても楽しそう
「夫婦で楽しく瓦下ろし」、こんな光景全国でもここだけかと
IMG_20200903_105722

黙々と投げ落とし場所へ瓦をはこびます
気温は少しマシ、とはいえ真夏の屋根上は過酷です
汗まみれ、土埃まみれで
3

西面は案の定傷みがひどい。下葺き材の平木も撤去して補強が必要です。
IMG_20200903_144541

北面は軒先のみ補強して下葺き材はそのまま使います
残るは棟瓦と最後の福瓦、明日はここから始めます
IMG_20200903_144544

この福瓦が9か所、長い間この家を見守ってくれていました。
最後のひとり、この笑顔に癒されます
ほんとうにありがとうございましたと
IMG_20200903_103155



夕方従妹が届けてくれた郷土料理の鹿児島「煮しめ」
うれしくおいしくいただきました
あー、沁みるなー、久しぶりに芋焼酎で

夫婦で古民家DIY86 屋根葺き替え修理⑤

台風9号接近中
海に白波が立っているのを屋根から確認できます
幸い、雨が降らず午前中作業できました
IMG_20200902_064238

横殴りの雨が降ったらたいへん
ということで6時から金属サイディングの壁張り開始
時間がありません
まるで技能検定のように
減点だらけだと思いますが要点は抑えているはず
時間内に終わることができました。
IMG_20200902_083051

IMG_20200902_095046

家内は倉庫や庭の片づけ、台風で飛ばされないように
IMG_20200902_095035

傾斜部の壁張り
傾斜角測定、壁材をまとめてカット
IMG_20200902_064801

手早く終えることができました残りは反対面の瓦を降ろしてからになります。
これで今回予定の約半分の作業が完了
IMG_20200902_095059



両親が健在な時代から仕事を手伝ってくれていたNおばさんが
収穫したブルーベリーをおいしいジャムにしてもってきてくれました。
感慨深くおいしくいただきました。
IMG_20200902_055442
 

いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY85 屋根葺き替え修理④

瓦を撤去すると壁際に20cmくらいの隙間ができます
このまま台風を迎えると大変なことになりますので
まずここを
IMG_20200830_110637

新しい屋根材を葺き壁材を張っていきます
その前に室内の熱気を排出させるための有圧換気扇を設置
換気扇の効果は暑い日に検証してみます
 
IMG_20200901_135545

隙間から中を覗いてみると・・・
屋根裏からの強烈な熱気を排気できればかなり過ごしやすくなることを期待して
IMG_20200901_122242

型取りして下に降りて壁材をカット、1回でピタッと収まると気持ちいいのですが
幾度となく梯子を往復することも
この作業を繰り返していると膝や足腰が知らず知らずのうちに鍛えられます
おかげで身体はすこぶる快調です
IMG_20200901_152919

換気フードもついて、壁もなんとか張り終えました
これでこの部分は台風がきても安心です
IMG_20200901_164526

次はその下の壁張りが残っています。
台風9号は東シナ海を北上、どうやら直撃は避けられそう
とはいえこのままでは心配なので今朝、早朝作業にてできるだけ
IMG_20200901_170519

屋根上から見える桜島
昨日は噴煙が鹿児島市内方面へ流れていました
IMG_20200901_170014


夫婦で古民家DIY84 屋根葺き替え修理③

雲一つなく気持ちよく晴れ渡りました
写真は作業終了した午前10:30
IMG_20200831_104611

屋根葺き替え工事3日目は夜明けとともに作業開始
午前6時、屋根上からの撮影西側
IMG_20200831_062337
東側
IMG_20200831_062326

屋根上の朝露
IMG_20200831_062418

軒先水切りの取り付けから始めます
IMG_20200831_070740

鼻隠し(下から見える化粧材)を取り付けると
軒先が引き締まって見えます。
屋根面にアスファルトルーフィング(下葺きシート)を敷き詰めます
その名も「モラサン」絶対漏らさないという気迫が感じられる商品名です
IMG_20200831_073154

7:30、早くもスイカ休憩
IMG_20200831_073608

8:30 予定の約半分まで
張っているのは前回と同じリッジウエイ
強耐風仕様で施工しています
IMG_20200831_090858

9:00シャツもズボンも汗でびっしょりです
スイカバータイム
IMG_20200831_085345

屋根上作業にはこれが効きます
冷えピタ首用
IMG_20200831_100126

10:30気温が急上昇
屋根上は焼けるような暑さです
IMG_20200831_100732

日陰でも42℃超え
IMG_20200831_103206

危険、なのでここで終了
IMG_20200831_100743

雨が降ってもいいように雨養生して完了
4.5時間の作業、夜明けと同時に取り掛かってよかったです
屋根面は触れないほどの高温に
明日は壁面との取り合いや壁の補修、台風に備えます
IMG_20200831_104518
しっかり暑さ対策しながらの早朝作業
身体がだんだん慣れてきたように感じます
たのしい4.5時間でした


いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY83 屋根葺き替え修理②

2日目は野地板張り、真夏の屋根面は過酷です
7時から11時の4時間の勝負
スイカ休憩、アイス休憩2回、給水随時

軒先がかなり変形していたので修正に時間をかけました
雨樋を付けないので軒先の水平度は
見た目を大きく左右します
IMG_20200830_105419

酷暑のためここで終わり
換気扇の設置まで頑張ろうと思ったが
下から「STOP」が
IMG_20200830_110629

明日ここに換気扇を設置します
IMG_20200830_110637

予定のエリアの野地板張り完了
IMG_20200830_110726

最高のお天気
最近の桜島は噴煙少なめですね
IMG_20200830_110705


昨日シイタケを炊いてると思ったらお昼においしそうなちらし寿司が
オクラたっぷりの味噌汁と
IMG_20200830_112205

昼から雨の日の作業用材料の買い出しに
ハンズマンにて
食器棚の材料を入手、張り切っています
IMG_20200830_141932

ハンズマン西側にあるもち吉さんのソフトクリーム
顔より大きい、おいしい。いいとこ見つけたね

夫婦で古民家DIY82 屋根葺き替え修理①

やっと晴れました
昨日の桜島はスッキリきれい
この景色を見ると力が出ます

早朝7時前から屋根葺き替え作業に着手しました。
IMG_20200829_135003

葺き替えが必要な面積を3分割して進めます
はじめは写真の見えている面
瓦を1枚1枚、こたつ布団の上に落として回収します
回収した瓦は形を変えて再利用します
IMG_20200829_065705

雨漏りのひどかった部分は腐って落とし穴状態
IMG_20200829_071557

危険なので応急的にコンパネを固定して足場にしました
IMG_20200829_084228

約4時間かかってこの状態に
真夏の屋根はやはり過酷
11時に屋根上作業は終了としました
10

気持ちよく晴れた空、いい気分。西側
IMG_20200829_084656

東側には錦江湾に浮かぶ桜島が
IMG_20200829_105749




4時台から栄養たっぷりの朝食を作ってくれました
IMG_20200829_053939

活力鍋で炊く小豆たっぷりの玄米ごはん
これが大好きなのです
IMG_20200829_053806
夏バテすることもなく元気で働けることに感謝して
今日もがんばろう


雨樋の劣化と雨漏り

『1階のキッチンの天井に雨漏りが・・・』
ご連絡頂きましたのは枚方市O様

さっそくお伺いして雨漏りしている部分の屋根をじーっと観察すると
雨漏り箇所直上の
壁際、のし瓦の上から不自然な流れが・・・
雨戸際の竪樋のエルボが破損して脱落している
木製窓枠とのし瓦の隙間に雨水が浸入している様子
IMG_20200704_152309


持参したアスファルトシングルの屋根材を応急的に割れた部分に当てて
瓦の上へ流れるようにしてみたら
雨漏りがピタリと止まった
正解でした

IMG_20200704_152256


雨樋の傷みはその部分のみにとどまらず
数カ所で変形や割れのため大雨時には溢れが発生

よく観察すると外壁に細かいヒビが多数
メンテナンスの必要性をつよく感じたので
外壁塗装、雨どい掛け替えなど外部の総合メンテナンス工事をご提案させていただき
この秋に工事させていただくことに

IMG_20200704_145732





『雨樋不要論』
実家のリフォーム中に書き留めたメモが見つかったので記録しておきたいと

IMG_20200623_090058


自分の中の「雨樋不要論」
雨樋があるから詰まったり溢れたりする、そもそも雨樋は本当に必要か?
 中には必要な状況もあるにせよ大方の場合要らないと思う。

数年前、北海道ツーリングに行ったとき多くの家に雨樋がない、
軒先がやけにスッキリ見える。
雪国では雨樋があると雪が引っ掛かって落ちにくい、
という事情があるからだろうが軒先のシャープな感じがやけに気に入った。
これいいいじゃないかこれがいいと。
雨が落下するあたりの地面を見ると水はねを和らげる砂利が敷かれていた。
これもいい感じ。

DSC_2482

DSC_2481


 3男の結婚式でハワイに行ったときも同じことを思った
ハワイにも雨樋のない家が多い。
日本の梅雨のように降り続くことが少く、
平屋が多いので必要性が薄かったのか?そういえば北海道も梅雨がない。
雨樋はどっちでもいいようだ

DSC_1636
DSC_1632
DSC_1624
DSC_1527

それにしてもハワイにまで行って雨樋に感心したのは自分だけか?
スッキリ軒先がやけに気に入ったのです


 おりしも鹿児島の実家を自力でリフォーム中、
古く傷んだ部分を解体すると雨樋の竪樋は完全に詰まっている。
それを見て絶対雨樋なんかつけないぞ、と変な決意。
ほとんどの人にはどうでもよいことですが自分には大きなこだわり。

 それにしても両親が残してくれた家を自力でリフォームすることにこれほどのやりがい、
意義があったことに今更ながら気付き深い感慨を覚える。

失敗しても誰にもとがめられない、すべて自由にできる。
この時間はかけがえのない楽しい時間。
 両親が健在なうちに出来たらよかった、
後悔は残るがこのまま何もしなかったらもう数年のうちに
朽ちてしまっただろうと思うとき、
こうして思い立って自力リフォームを始められたことにこころからの安堵が。

 高校までを過ごした愛着のあるこの家を蘇らせ、
また笑顔の集まる場所にしたい、もうしばらく精力を傾けたいと




いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY73 屋根の葺き替え②道路面 動画

実家は75年の古民家
夫婦で自力リフォーム中

梅雨時期の貴重な晴れ間の1日
傷んだ屋根の一部(今回は道路側の妻下部分)を葺き替え。
その時の作業風景を動画にしました。

よろしければご覧下さい(約6分)

※スマホでご覧頂いた場合2分割になってしまう、不具合発生。調査中です。

IMG_20200617_162103


いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY71 屋根の葺き替え①玄関上妻下

実家は75年の古民家
夫婦で自力リフォーム中

梅雨時期の貴重な晴れ間の1日
傷んだ屋根の一部(今回は元玄関上の妻下部分)を葺き替え。
その時の作業風景を動画にしました。

よろしければご覧下さい(約6分)
fbbda076-s[1]




いつも見て頂いてありがとうございます 


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY60 道路面屋根補修完了

築後75年の実家を自力でリフォーム中、
途中約40年前に増築リフォームされた部分を撤去して
増床のために取り外された軒を復元してほぼ原型の屋根形状に戻しました。
建築時のままの瓦には役目を終えてもらいます
長い間ありがとう。
代わりに軽くて薄いアスファルトシングルの屋根に、
今日は壁との取り合い部の仕上げの様子です
Before
1

After
40年前に施されたモルタル壁はまだ密着強度を保っているようなので
周辺を押さえ補強しながら見た目も向上。
前日加工した杉の破風板を取り付けました
引き締まっていい感じになりました。
この杉板部分は定期的なメンテナンスをしていきます

工事の過程

瓦を撤去すると壁面下部に10数センチの隙間ができてしまいます。
IMG_20200617_074826

屋根材を壁より奥まで張った後に
杉貫板を取り付け壁際水切りという板金を取り付けます。
そうすると横殴りの雨も侵入できなくなります
IMG_20200617_091810

本来は隙間をモルタル補修するのですが
内部の下地木材と外からあてた杉板をビスで固定し残ったモルタルの
補強を兼ねました。
IMG_20200617_113443

頂上に付いていたアンテナマストホルダーの残骸
モルタルに埋まっていたのでセイバーソーで切断
IMG_20200617_113508

IMG_20200617_113932

幅210mmの杉の破風板を内部の下地木材にビス留め。
ここは一人での作業、少々難航
3

なかなかいい感じで完成
IMG_20200617_162103

◆◆◆

新車の一輪車が嬉しく
こんなに瓦礫が運び出されました
(7年前の屋根葺き替え時落とした瓦礫が、ブロック塀の白い部分まであったのです)
IMG_20200617_140631

これらの瓦礫は西側の円形ミニステージに埋められます
IMG_20200617_090055

昨日の屋根工事、最後の雨仕舞いをしているときに雨が降り出し
応急処置した部分の屋根裏
ちょうど自分のベッドの頭の上です
就寝直後に大雨が降りだし心配するも何とかセーフ

この寝室、天井を張るかこのままいくか思案中
問題なければこのままのほうがワイルドでいいかと・・・
雨音もビンビンたのしめます
IMG_20200617_223205 (1)
 
いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY59 屋根補修⑥道路面屋根葺き

やっと屋根葺きできるありがたいお天気
今回予定の屋根葺き着手
昨日の様子です
1
 
水の流れを考えながら必要なな箇所に水切り板金を加工して取り付けます
IMG_20200616_140618
IMG_20200616_140920

昨日、7割方完了
IMG_20200616_165351


湿度も下がってきたので先日作った収納引き戸も保護塗装
塗装後はさらに軽く動くようになりました
IMG_20200616_134313

屋根の破風板
荒材を買ってきてプレーナー加工中
手間をかければ安い材料でいい感じに
IMG_20200616_095255

プレーナー加工した杉破風には栗皮茶保護塗装
IMG_20200616_105123

ハンズマンで購入してきた
新車の一輪車
うれしそうに瓦礫運び
IMG_20200616_093305

IMG_20200616_153546

IMG_20200616_185551

今回、なかなか見ることができなかったキレイな桜島の姿
昨早朝、木材買い出しに行ったときの鹿児島市内からの眺望
IMG_20200616_055526-EFFECTS
今日はありがたいいいお天気
がんばって今回予定分の屋根工事を仕上げます

いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY58 屋根補修⑤道路面瓦下ろし

台風の季節がやってくる前にどうしても
やっておかなければならない道路面瓦部分の葺き替え
IMG_20200614_073107

強風が吹けば応急処置の対策も心配
ご近所へ被害を及ぼしたら大変です
IMG_20200614_073127

昨日は曇りのち雨
雨雲レーダーとにらめっこしながら
早朝7時から瓦下ろし決行

こたつ布団めがけて1枚ずつ投げ下ろします
IMG_20200614_085337

1枚も割れずに回収することができました
3

瓦を下ろした後は所々湿っていて
これを繰り返してついには雨漏りにつながっていくのだな、と
瓦の下には何層もの杉平木が下葺きされていてこれが役目を果たしてくれていたようです。
IMG_20200614_085334

時折降る雨に焦りつつ
コンパネ張り完了
IMG_20200614_135711

下地防水シートのルーフィングを張り終わる直前に大雨が、
びしょびしょになりながら
何とか完了、部屋への雨漏りを回避できました。
もう一日、晴れの日があれば屋根材がふけるのですが・・・
IMG_20200614_155431
 今日も朝から大雨、休養日になりそうです。

いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

66歳夫婦でかけた仮設足場

先日来の「夫婦で古民家DIY」では外部の工事が中心でした、
なので仮設足場は必須。
これがなければ安全で効率的な仕事はできません。
手持ちの足場資材をフェリーに積んでいきました。
せっかくなので作業の様子を動画で記録してみました。

所要時間50分を約10分に縮めてあります


いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

大谷石塀メンテナンス3年後の様子

角地で2面を囲む広大な大谷石の塀が素敵な枚方市O様邸

3年前、大谷石の表面が風化して一部危険を感じるほどに傷んできていました。
かけらが通行人にあたっては大変とご相談いただきました。

大谷石は表面の吸水性が大きいため冬に凍結膨張を繰り返し写真のように
表面が鱗片状に浮いてきます。(3年前)

t_DSC_8419

表面が次々と浮いてきてつねに破片や粉状のものが道路際に落ちていました(3年前)
t_DSC_8442

軽めの水圧で全面洗浄(3年前)
t_DSC_8448


施工直後(3年前)
へこんだ部分に白セメントに大谷石を粉砕したものを混ぜて充填し
全面に大谷石にも効果の認められたという防水剤を塗布
明るく蘇った大谷の塀
t_71a0b2ce[1]

1年経過後(施工直後と変わりありません)
t_R0064053

そして昨日(ちょうど3年経過)
防水効果は引き続き健在の様子、表面は固く傷みは感じられません。
が、下部の傾斜部に少し藻類が付いてきています
藻類が付くと常に湿った状況になるので防水性が損なわれやすくなります。
少し先で軽い洗浄と防水剤の塗布メンテナンスをご提案したいと思います。
IMG_20200216_125820

IMG_20200216_125836

IMG_20200216_125843

この地域ではこのような大谷石塀が多数存在しますが、
傷んだ大谷石の表面にモルタル塗布、塗装仕上げされているお宅が多いようです。

本来の大谷石の良い風合いを残しつつメンテナンスをしていく方法を
ご提案してよかったと思っています。


昨日はWindows10パソコンの納品と使い方講習、周辺整備をさせていただきました。
ついでの大谷石点検記録でした

当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com
いつも見て頂いてありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます


★快適生活請負人★
住電工房MaRuホームページへ

記事検索