素敵・快適・エコリフォームはこちら… 住電工房MaRu

住む人の便利・快適を知り尽くした電気屋の目線でリフォームするとこうなる・・・限られた予算を最大限に生かしてみせます。やってよかった、大満足のリフォームを! 断熱内窓「インプラス」、ヒートポンプ式温水床暖房、オール電化、太陽光発電、キッチン、システムバス、節水便器、LED照明、家電各種、アンテナ、パソコン、外構工事など家まるごと・・・夢を叶えるお手伝い。 枚方市 交野市を中心に活動中

リビング(床暖房)

コルクフローリング仕上げの床暖房(交野市YSK様邸)


足触りがソフトで暖かい
コルクで仕上げた温水床暖房
採用したのは
東亜のコルクフローリング


After
t_DSC_0071

ウランちゃんも気持ちよさそう
t_DSC_0091

Before
カーペットが傷んできたのでリフォームをご検討
ヒートポンプ式温水床暖房とコルクフローリングをご提案 
t_DSC00187

床の高さを揃えるために床を剥がすと
なんと床下に浸水
通気口のヒビから侵入したものらしい、修理・乾燥した後
根太高さ調整・温水配管施行
コルクフローリング仕上げしました
t_DSC00197

住電工房ホームページは
こちら
今日もポチッと1票
よろしくお願いします↓



ただいま16位!応援ありがとうございます。

断熱内窓と床暖房が『やってよかった・・・』No,1(枚方市TMT様邸)

床暖房と断熱内窓は例外なく喜ばれます
リビングだけ内窓設置した方が、次の年には家中に追加されるケースも・・・
自信をもってお奨めしています

1月25日からシリーズで投稿しているTMT様宅でも1階のすべての窓に
ご採用いただきました。
さらにヒートポンプ式温水床暖房も設置していただきました
ヒートポンプ熱源はオール電化と相性の良い省エネ暖房です

コールドドラフト現象
窓辺で冷やされた空気は床へ流れ、暖房で暖まった空気は天井へ
室温を上げるほど空気の流れは速くなります
同じ温度でも風があると寒く感じます
室温を上げるほどに風が強くなり
『暖房してるのに寒い・・・』状態に陥ります
窓辺の結露もひどくなります
img_04

窓を2重にすると抜群の断熱効果でこのコールドドラフトが
劇的に改善されます
床暖房のみでも過ごせるようになります
室温は16~19°C程度でも快適なのです
結露もほとんど起きません
必要以上に室温を上げなくてもすむので
湿度も50~60%に保てるようになります
(エアコンで23~25°Cに室温を上げると湿度は極端に下がってしまいます)
湿度が下がると肌荒れ、喉への悪影響、ウイルスの活発化など
あまりいいことがありませんね

断熱内窓はいちど設置すると
経費のかからない省エネアイテム
この効果をご理解いただきご採用いただくことは
快適を享受するとともにCO₂低減に大きく貢献することにつながります

1階全室に断熱内窓を採用されたTMT様
カーテンをやめてインナーブラインドにされました
窓辺がスッキリ、自由に採光と目隠し量のコントロールが出来ます
t_P1040743

t_P1040746

t_P1040728

エコキュートと同じ方式のヒートポンプ式温水熱源を使用した
温水配管の様子。この上に仕上げのフローリングを貼ります
最も低コストの暖房方式といえます
断熱内窓との併用で快適・省エネ住宅に!
t_P1040162

せっかくのリフォーム、最小限の出費で使い勝手、デザインを改善できるよう
お客様といっしょに知惠をしぼります

住電工房ホームページは
こちら
今日もポチッと1票
よろしくお願いします↓



ただいま16位!応援ありがとうございます。

純白のタイルをあしらった夢のキッチン完成(交野市KNS様邸)

images
本年も素敵・快適・エコな
リフォームを
追究していきます
昨年に引き続きこのブログを応援いただきますようお願いいたします



2013年最初にご紹介するのは
昨年末ギリギリに完成したKNS様邸。キッチン&ヒートポンプ式温水床暖房を
ご採用いただきました。このお正月はあたたかい床暖房とあたらしいキッチンでゆっくり
お過ごしいただいていることとおもいます

このブログをご覧くださり
お問い合わせ下さったKNS様
とてもうれしい出会いに感謝です

キッチンと収納はPanasonic リビングステーションL-Class
現場施工の対面キッチンです
背面にあしらった白いモザイクタイルシリシアがいい感じ、奥様のご希望です
t_DSC_2944

Before
t_R0014335

床暖房配管の様子
温水の熱源はダイキン工業製ホットエコフロア
エコキュートと同じヒートポンプ方式のためガス温水式の半分以下の
ランニングコスト。朝夕毎日繰り返し運転するので手間いらずです
室温をあまり上げなくても
快適に過ごせる頭寒足熱の健康暖房です。
t_R0014346
温水床暖房は従来の床から27mm床面が上がります
ドアは下部を切り詰めました
配管の隙間に電話線やLANケーブルなどを埋め込むことが出来ます
普段不便に感じている、配線が露出して見苦しいなど解決します
t_R0014463

夢のキッチンフォトムービーはこちら


住電工房ホームページはこちら
↓今日もポチッと1票よろしくお願いします

ただいま20位前後。みなさん応援ありがとうございます。


素敵・快適・エコまるごと大改装(延岡市YNG様邸)その11・快適とエコに良く効く床暖房と断熱内窓

未投稿だったYNG様邸大改装、数回に分けて紹介しています。
素晴らしい自然いっぱいの中で第二の人生をスタートされたYNG様ご夫妻。畑付、古露天風呂付の平屋中古住宅を求められ、当店へ総合リフォームの依頼をいただきました。素敵・快適・エコなリフォームをめざします。

快適とエコの勘所。窓の断熱化と省エネ方式床暖房の組み合わせが最も効果的!これまでに採用して下さったたくさんのお客様の喜びの声から確信しています。

今回のYNG様邸、リビングの窓が広く(2枚建て仕様では最大クラス)、通常の単板ガラスでは部屋の空気を冷やしてしまい快適とはいえません。延岡市ではペアガラスはあっても2重窓まではなかなか使わないと聞きましたが今回は敢えて通常の窓プラス断熱内窓『LIXILインプラス』を採用していただきました。さらに窓と窓の間にブラインドを設置、カーテン不要でスッキリリビングにこだわりました。断熱内窓は一度設置すると、維持費のかからない強力な省エネアイテムとなります。
t_DSC_0071
コールドドラフト現象:窓の表面が冷やされると冷たい空気は床に向かって流れます。そして部屋の中に気流を
                  作ってしまいますimg_04。同じ気温でも風があたると寒く感じますよね。寒く感じると室温をさらに上げてしまい悪循環に陥ります。室温が上がると空気が乾燥し湿度を極端に下げてしまいます。湿度が下がると肌やのどを痛めやすく、インフルエンザなどのウイルスが活発化すると言われています。
16~18°C程度の室温なら湿度50%をキープできます。この程度の室温でも快適に過ごせる。それを可能にするのがこの断熱内窓と次に紹介する温水式床暖房なのです。


↓床暖房用温水パイプ敷設の様子。耐久性の高い架橋ポリエチレン管を断熱フォームに熱拡散のために貼り合わせたアルミ板の溝にはめ込んでいきます。この温水パイプは床暖房機能付きエコキュートに繋がります。
深夜電力を利用して沸かしたお湯を利用するので暖房コストは最安ではないかと思われます。タイマーで毎日繰り返し運転すると便利ですね。この床暖房は気持ちよい暖かさ、必要以上に室温を上げないので湿度も下がりにくい、健康暖房といわれる所以です。
 熱源はエコキュート以外にも、同方式のヒートポンプ床暖房専用機もよく使用します。
断熱内窓で外からの冷気を遮断し、床暖房でやんわりあたためる。これこそが上質でかつ暖房コストも抑えられる究極の快適・エコだと思います。
t_P1060001
↓キッチンの前にもしっかり温水パイプを敷設。
t_P1060003
↓温水パイプの上に床暖房用フローリングを貼っていきます。
t_P1060007

住電工房ホームページはこちら
↓今日も1票よろしくお願いします
ただいま20位前後。みなさんありがとうございます。

あったか〜いLDKにリフォーム(交野市OGT様邸)

20畳以上もある広いLDKですが、大きな単板ガラスの窓・断熱性の低い床などの影響で冬の寒さがこたえます。今回、みんなが集うLDKを快適にしたいとのご依頼で床暖房と断熱内窓を設置しました。

Before                                             温水床暖房配管工事
t_P1050549t_P1050583
   After
t_P1050655
床暖房の熱源にはエコキュートと同じヒートポンプで沸かしたお湯を使います。床暖房の中では最も維持費の安い方式です。お湯を通すポリエチレン管は15mm厚さの断熱材の上に埋め込まれるので、基本的に床の断熱性が格段に高まります。暖房していない時でも床下からの冷気を遮断してくれますので部屋を暖かく保ちます。一度設置すれば経費のかからない省エネになるのです。
もう一つ大きな効果を発揮するのが断熱内窓です。こちらは設置された方のほとんどが大きな効果を感じておられます。このブログでも度々登場していますが近日中にまとめてみたいと思っています。

住電工房ホームページはこちら
↓クリックお願いします
ただいま30位前後。みなさんありがとうございます。

低ランニングコストの温水床暖房 枚方市S邸

中古住宅を購入されリフォームの後、転居されます。今回、ヒートポンプ式温水床暖房、断熱内窓、高断熱システムバスそしてオール電化をおすすめしご採用頂きました。
まず温水床暖房の配管工事の様子です。熱源はダイキン製ヒートポンプ式です。
t_R0012312
t_R0012247


ECO&快適を追求した総合リフォーム「エコキュート床暖房」編 交野市NGN邸

 エアコンやファンヒーターは部屋中の空気をかき乱しながら部屋をくまなく暖めようとします。一方、窓際の空気は冷やされ下方へ流れます。エアコンなどで暖められた空気は天井に向かって上昇します。したがって空気暖房は部屋のなかで絶えず空気が対流しています。暖かい風でも冷たい風でも身体に直接当たると不快に感じますよね。理想的にはガラス窓の内側にもう一枚窓を取り付けて断熱すれば窓辺の空気が冷えないので下へ向かう冷気が少なくなりさらに快適です。また床暖房はランニングコストが高いとされていますが今回採用したエコキュートによる温水暖房はおそらく究極のECO暖房だと思います。

yukadann1yukadan2
 エアコン暖房と床暖房の違いを示したわかりやすいイラスト
CHOFUホームページより



NGN邸床暖1
 現状の床を水平になるように調整し、床暖房したい部分にフロアパネルを貼っていきます。15mm厚の断熱材の表側にアルミの板を整形し温水チューブをはめ込めるようになっています。これで床の基本断熱性が格段に高まります。
 写真は温水チューブを埋め込みアルミテープで押さえたところ。壁際まであたたまります。 また奥と手前で温水回路をわけて別々に暖房できるようにしました。




NGN邸床暖端から床暖房対応のフローリングを貼っていきます。フロア釘で温水管を傷つけないように細心のの注意をはらって施工します。




NGN邸床暖3完成した床暖房フロア。温水を作り出しているのはPanasonic 床暖房機能付きエコキュートさあ快適・エコ暖房のはじまりです。窓もペアガラスとインプラスを採用したので最上級の快適と経済性が得られるはずです。

リビングリフォーム(床暖房・採光窓・腰壁)

感じよく住まわれている広いリビングですがクロスや床の傷みが気になり、また右側の壁に窓がないので採光窓を開けたらさぞ明るく感じがよくなるのでは・・・ということでリフォームに踏み切られました。

4e35d2cd.gif《BEFORE》
約20畳のLDKです。今回はキッチンや玄関も同一イメージでのリフォームです。




412eb52d.gif
《床暖房施工中》
床暖房はダイケン工業のあたたか12-D ネオベージュ かなり明るい感じになります。



4e77f40b.gif《壁面を開口》
壁裏センサーでだいたいのあたりをつけ内側のボードを仮開口しました。柱を避けて縦長のFIX窓を3箇所取り付けることのしました。
 FIX窓はトステムのシンプルアートシリーズ。カラーはシャイングレー。ペアガラスなので結露も抑えられます。

957a9874.gif《AFTER》
 腰壁には床材と同色のダイケン工業メイクアップWを使用。壁と天井のクロスを張替えて完成です。片付けの最中に撮影させていただきました。とても明るくさわやかな感じに仕上がりました。あえて透明ガラスにされたFIX窓もいい感じです。

鹿児島へ

鹿児島でイチゴ園を営む長男宅へ、ハウスの増設に伴う電気工事をするため阪九フェリーで門司港経由九州道利用で鹿児島へ・・・台風10号の影響で通常利用してる大阪宮崎航路が欠航したため・・・(ネット環境がないため投稿が滞っています)

f13c880c.gif夕方到着、今日は下見のみにし明日早朝作業開始します。作業内容は電照用電球ソケットの配線取り付け、配線長にして420m、それと制御盤の設置です。
 いつ来ても広々とした大地に立つと気分がはればれします。

ブログランキング←クリックしてね(ブログランキングアップにご協力ください。今日も1票よろしくお願いします。

リビング床暖房・防音工事

本日着工したY邸リビングリフォーム。
内容は電気式床暖房工事と防音工事。床暖房は大建工業『あたたか12シリーズ』、通常現状の床がそれほど傷んでいない場合は上張りすることもありますが今回は車椅子生活のご主人様の移動を妨げるような段差をさけなければいけません。現状の床材を根太ごと撤去し28㎜厚の針葉樹構造用合板を使用することにしました。そのうえに床暖房を施工すれば隣室との段差をなくすることができます。

YO邸リビング
 道路側の壁が化粧合板仕上げであること、また2重サッシにはなっているが隙間が大きく防音性が悪いなどの理由から防音・断熱処理を施すことになりました。




YO邸床撤去古い床材を根太ごと撤去しているところです。床下にはグラスウールがありましたが床面から脱落していました。防音性・断熱性をおとす原因になっていたようです。今回はカネライトフォームプラス28mm針葉樹構造用合板仕様になるのでかなりのグレードアップです。



ブログランキング←クリックしてね(ブログランキングアップにご協力ください。1日1回どれかひとつでOKです)

リビング改装進行中(床暖房施工)

昨日と本日電気式床暖房を施工しました。使用したのは大建工業製あたたか12シリーズの最高峰12J。おすすめのポイントは厚さ12MMの中にヒーターを一体化しているのですぐ暖かい(通常はヒーターユニットの上に仕上げ材を貼るので表面温度が上がるのに時間がかかる)ことと、WPC加工で圧倒的に強い表面強度、深みのある鏡面がいつまでも保たれます。

b4db0788.gif電源線とアース線の3本を専用のジョイント部材を使って確実に接続します。





43eea206.gif専用接着剤を塗布します。






8e770346.gif実部を合わせて貼っていきます。






0acd5404.gifフロア用タッカーで下地に止めます。はみだした接着剤などあればはこの時点できれいにふき取ります。最後に養生マットでカバーして完成です。




ブログランキング←クリックしてね(ブログランキングアップにご協力ください。おかげさまで急上昇!今日も1票よろしくお願いします)

電気式床暖房完成!

 昨日から着工した床暖施工、古いカーペットの剥がし作業に手間取り1日の予定が2日
かかってしまいました。
mizo
 大建工業のあたたか12シリーズ
最高レベルの表面強度としっとりとした風合いを持ち合わせた電気式床暖房。濃い目の色調で風格のあるリビングダイニングが完成!
 スイッチオン後の立ち上がり時間が遅いのが電気式床暖房のイメージですが、このあたたか12シリーズはヒーター構造の工夫により温水式にせまる昇温特性を持っています。 
寿命も半永久、美しさと快適性が長持ち…一生ものといってもいいと思います。

ブログランキング←クリックしてね(ブログランキングアップにご協力ください。1日1回どれかひとつでOKです)

電気式床暖房

YUKADAN今日、仕事始め。はじめての電話は『床暖房の見積りに来て欲しい』でした。
これまで当店の床暖房施工例は灯油ボイラ温水式が主力でした。ランニングコストが安いからです。しかし最近、電気式も高効率で魅力的な商品が出現しているので採用しています。写真はダイケン『あたたか12シリーズ』採用のリフォーム例。従来の電気式の多くはスイッチonから暖かく感じるまでの時間が長いのが欠点でしたが、このあたたか12シリーズはかなり改善されています。表面に傷が付きにくいwpc技術もあいまって好評です。本日お伺いしたお宅でもこの電気式での見積もりになりました。

89b4fb5d.jpgダイケン『あたたか12シリーズ』の断面構造。発熱体と表面までの距離を縮める工夫がされており、発熱体の上に配置されたアルミ板によって熱が均等に広がるんだそうです。厚みが12mmなのでリフォーム現場でも設計しやすいですね。

(図はダイケンホームページより)
wpc
木材の表面は微細な気孔が連続しており、外圧がかかるとこの気孔がつぶれることで傷が生じます。この微細な気孔に樹脂を圧入することにより傷を付きにくくするのが
wpc技術だそうです。硬質樹脂をコーティングする方式に比べて、表面は木質でありながら強度が高いのは大きな魅力だと思います。

ブログランキング←クリックしてね(ブログランキングアップにご協力ください。1日1回どれかひとつでOKです)

温水式床暖房

床暖房の恋しい季節がやってきました。
床暖房には電気式・蓄熱式・温水式など多種ありますが、当店では主に灯油を熱源とする温水床暖房をおすすめしています。ランニングコストが最も低く、パワフルなためです。
 折角床暖房を設置しても電気代が高くって・・・とか、ガス代が・・・とかでフル活用されていないご家庭が多いように思います。これではせっかく床暖房を設置した意味がありません。
 灯油のタンクを置きたくない、とか灯油を入れるのが面倒・・・とおっしゃる場合はガス式温水床暖房を設置する場合もあります。
 また最近では電気式でも立ち上がりが早く、高効率なタイプが発売されています。こちらも最近増えてきています。オール電化住宅では迷わず電気式をお奨めします。

4ec91da1.jpg←この写真はフロアパネルと呼ばれる溝つきの断熱材パネルを
床に敷きつめ、その溝に温水を通す架橋ポリエチレン菅をはめこんでいるところです。
 



58fc9aaf.jpg
その上に床暖房用フローリングを貼っていきます。必ず床暖房仕様のものを選びます。通常のフローリング材は温度と湿度が変化した時の寸法変化が縦と横で大きく違うため使えません。
 床暖房用のフローリング材は縦横の寸法変化が均等になるような工夫が施されているのです。




ed99516a.jpg
←床暖房とともに是非お奨めしたいのがこちら・・・
 今ある窓の内側にもう一枚のマド、内窓を設置するのです。これが驚くほどの保温効果を発揮し、床暖房との併用で他の暖房は要らないくらい暖かいのです。(関西の場合)さらに防音効果も高いので道路際の部屋などにぴったりです。
 写真の例では、窓と窓の間にブラインドをつるしてあります。これはカーテンなしで光をコントロール出来、見た目にもスッキリしています。これだとブラインドも汚れにくいので掃除の手間も省けます。



ブログランキング←クリックしてね(ブログランキングアップにご協力ください。1日1回どれかひとつでOKです)
記事検索