素敵・快適・エコリフォームはこちら… 住電工房MaRu

住む人の便利・快適を知り尽くした電気屋の目線でリフォームするとこうなる・・・限られた予算を最大限に生かしてみせます。やってよかった、大満足のリフォームを! 断熱内窓「インプラス」、ヒートポンプ式温水床暖房、オール電化、太陽光発電、キッチン、システムバス、節水便器、LED照明、家電各種、アンテナ、パソコン、外構工事など家まるごと・・・夢を叶えるお手伝い。 枚方市 交野市を中心に活動中

古民家リフォーム

夫婦で古民家DIY109 屋根の葺き替え材にシングルを選択した理由

普段、大阪では屋根葺き替え材としてお奨めしているのは
大別して4種類

①軽くて丈夫なROOGA
キャッチフレーズは「地震・台風に備えて屋根はルーガ
施工価格は高めですが安心感があります
画像は当店お客様のF様邸
t_R0075382

②ガルバリウム鋼板金属屋根材
4種類の中では最も軽量で断熱性・遮熱性に加えて防音性能もあります
例えば「アイジールーフ
画像は当店お客様のS様邸
t_DSC_2854

次は
③比較的安価に施工できる「カラーベスト
採用実績は最も多いと思われます
画像は瓦から葺き替えた当店のお客様K様邸
t_DSC_9183

④日本の屋根はやっぱり瓦がいい。
製造技術の進歩で精度の高い美しい屋根を実現
画像はあわじ瓦をご採用いただいた当店お客様のM様邸
t_R0074166

◆◆◆

では、自分が実家の屋根葺き替えに上の4種類ではなく
通称「シングル」と呼ばれる
アスファルトのガラス繊維強化シートをなぜ採用したか?
アスファルトシングルは北米で100年以上も前に開発されカナダや米国では
ごく一般的に普及している屋根材です。(日本ではあまり見かけません)
三男の結婚式でハワイに行ったとき、多くの屋根がシングル葺きで
シンプルでいい感じ、と感じていました。

また一昨年、大阪に多くの被害をもたらした大型台風の後
お客様宅の点検をしていたとき、築30年のシングル葺きの屋根に遭遇
強風で捲れかけている部分はありましたが
屋根材表面の傷みが驚くほど少ない
靴底のグリップ力が残っていたのです。
その時から「実家の葺き替え修理に使えるかも」と気になっていました。
t_R0074397

そしてこの夏、残り半分ほどの面積を
アスファルトシングル「リッジウエイ」で葺き替え完了。
結果的に見た目もさほど違和感なく仕上がりました。満足です。

Before
(手前の大屋根部分は7年前にガルバ鋼板で葺き替え済み)
IMG_20200623_112243

After
IMG_20200923_084212

実家の屋根はどうしても自分の手で葺き替えたい、というのがあって
「施工性が良くて安価である」ことも大きな必要条件。
少しの知識はあっても自分で施工した実績はありません
お客様宅の工事はもちろん専門の業者さんにお願いしています。

この「シングル」なら自分でも出来そう
ということで説明資料・施工要領を隅々まで何度も読み
理解を深めてから材料手配に

自分で施工してみて感じたことは
①特殊な工具が不要で作業性の良さは想像以上
一般的な屋根葺き替えに必要な水切り類やルーフィングのほかに必要な物は
専用釘、ハンマー、カッターナイフ、専用接着剤
屋根材はカッターナイフで切ることが出来ます

②屋根材に可撓性があるので施工後に乗っても割れる心配が無い
同時に屋根面の不陸に自由に沿ってくれるので
今回のようなリフォームにピッタリ
IMG_20200831_090858

残るは耐久性
台風を意識して屋根材の重なり部に指定より多くのポイント接着しました。

今後、10年20年30年(この辺までは生存する可能性有)
観察していきたいと思います。


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY108 外壁材に金属サイディングを選択した理由

古民家をリフォームする際の外壁は
焼き杉板や杉材などの木材と漆喰などの塗り壁が一般的なイメージではと。

今回、実家のリフォームに当初から採用を決めていたのは金属サイディングという外壁材。
金属サイディングを採用した理由と結果について
書き留めておきたいと思います。

施工の様子
解体した部分に新しく壁をつくり玄関ドアを設置
壁は通気溝法にて金属サイディングを張りました。
IMG_20190828_163632

完成した玄関周り
IMG_20191225_071348

外壁に求めた性能
1)長期メンテナンスフリー
2)防音・遮音性
3)施工性
4)デザイン性
5)軽量、耐震性

採用したのはDan SIDING プレシャスウッドBF
自分が求める性能、デザインをほぼ満足させてくれた商品です
cat


錆びにくいガルバリウム鋼板の内側に発泡剤を配した複合材
軽くて丈夫で加工性が良い
しかも断熱性、遮音性を兼ね備えている
今回のリフォームにピッタリの素材でした

sekou


わずか15mmの厚さで抜群の断熱性能
西日のよく当たる面の内側を触ってみてその効果を実感しましたね
外壁材に求められる最も重要な性能、と感じます

dannetsu



通常のサイディングの1/4の重量
軽々作業できました
切断作業はマルノコで自由自在、楽でした。
これだけ軽いと家への負担も軽減されますね
taishin


表面に受ける熱線を反射してくれ
室内への伝熱が抑えられます
表面温度8℃の差は大きいです

shyanetu

雨が降ると汚れを洗い流してくれるセルクリーンコート
雨の当たらない面にも年数回ホースで水をかけるとキレイを保てるそうです

selfclean

温暖な鹿児島では考えにくいのですが
外壁の内側に結露しても通気溝内を通って上へ水分が抜けるようになっています

tsuuki


そして自分にとって最も重要なのが
防音性能
カタログによれば何と40dBも低減できるとのこと
室内が静かになり、音量を上げて音楽を聴けるか

bouon

結果はとても満足できました
ペアガラスの窓との相乗効果もあり
静かで暖かく
通常の音量で音楽を鳴らしても外では
ほとんど気にならないレベルに
(窓はもちろん閉めた状態で)
IMG_20200826_110407

外では
耳を澄ませば何か聞こえる?レベル
IMG_20200623_122858
総合的にとても満足できる外壁になりました。
この地域ではほとんど見かけないので
道行く人に『なんて言う材料?』って聞かれ
多くの人に説明しました。


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY107 大風量換気扇の効果は絶大

屋根の野地板が直接見えているこの状態の
真夏の過酷さは容易に想像できます
屋根面の棟下1mの位置に温度センサーを付けて気温を測定してみました
テーブルの位置より3~4度高い
テーブル付近が30℃のとき33~34℃になっていました
天井面からの輻射熱も加わるので相当暑い
本来は天井を張って空調すればいいのですが
あえてこの見た目と解放感を大事にしたい・・・
建築当時もこの状態
途中の改装で天井が張られていました

そこで暑さを和らげるために大風量換気扇を付けることに
IMG_20200825_073049

ステンレスフードと壁サイディングのコントラストがきれいです
IMG_20200901_164531

有圧換気扇、Panasnic FY-30GSU3
家庭用の台所レンジフードの5倍くらいの排気風量があります
IMG_20200824_115701

外壁のサイディングを張る前に枠を頑丈に固定します
当初はこの面に自然換気のための木製ガラリがついていました
IMG_20200901_135545

運転中は結構な騒音
引いてるーって感じます
窓をすかして網戸にしておくと外気がスーッと流入してくるのがわかります
室温が一気に2~3℃下がり外気温に近づきます

経時変化を記録してグラフにしようと思っていましたが
多忙で、気が付けば夏が終わっていました

この天井付近の木材は燻されて真っ黒になっています
当初、この下に囲炉裏があり薪で煮炊きしていたのです。
家族でいろりを囲んでの団欒の記憶が蘇ってきました
煙や湯気は上昇気流に乗ってここの上のガラリから排出されていたのですね

この換気扇、なべ物や焼き肉をしても一気に排気してくれるので
これから何かと役に立ちそうです

夫婦で古民家DIY106 寝室完成まで まとめ

築後67年の実家の自力リフォーム進行中
第4弾を終えた時点で進捗60%くらいかと・・・

撮りためた画像が散乱しているのでできるだけ
部分ごとのまとめをしておきたいと思います。

まずはほぼ完成した寝室から

想像以上の便利快適な寝室になりここは大満足
IMG_20200921_064611

昨年7月に下見に来たときの同じ場所
雨漏りがひどく
この時点では、ここはすべて解体撤去するしかないかと。
1

取りあえず内壁・天井を撤去
傷んでいるのは外周部の銅板葺き平屋根部分のみで
室内は意外と行けそう
画像のピンクのラインを寝室にしよう、と決定
IMG_20191229_095353

先に新しい壁をつくり、ペアガラス仕様の雨戸サッシを設置
右側の掃き出し窓の壁は後で撤去することに
IMG_20191229_153107

不要部分の床と壁を切り離し、あたらしい壁を作ります
IMG_20191231_074617

IMG_20191231_134315

先に新しい壁を作ります
新しい壁下地に構造用合板を張ります
この上に透湿防水シートを張り、通気用の胴縁を取付け
壁内結露対策をして
金属サイディングを張って仕上げます。
金属サイディングにした理由は別の機会にまとめたいと思います。
IMG_20200103_120331

外壁解体より先に新しい壁を仕上げた様子。
期間を空けての外壁解体作業になるのでこんな特殊な順番になりました。
(撮影は反対側からのものです)
この面は道路に面しているため窓無しです
IMG_20200109_123913

寝室の床は畳ではなく
断熱材の上に30mm厚の杉の無垢材(カフェ板)を張りました
これで冬の冷たさが緩和されます
IMG_20200313_074635

杉板の表面は自然保護塗装仕上げ
膜を造らないので木の柔らかい肌触り、風合いはそのままで
水を撥き、汚れにくくなります
IMG_20200313_075622

だんだん部屋らしくなってきました
IMG_20200313_075946

雨漏りしていた部分は家の外周全体に付け足した平屋根で
腐食がひどい
IMG_20200314_081539

外から見ると軒天のモルタルが落下していました
IMG_20200314_081559

屋根材に使用されていた銅板を剥がしてみると落とし穴状態に
IMG_20200314_091559

傷んだ外壁と屋根を撤去
IMG_20200314_121600

先に造ってあった新しい外壁が現れました
軒は付け足し延長します
IMG_20200314_160649

内部の壁・天井を造っていきます
すのこベッドは床材を流用して手作りしました
IMG_20200822_085245

壁、天井とも断熱材を仕込み、自然保護塗料仕上げした構造用合板で仕上げました
IMG_20200823_145409

天井の中央の板は外せるようになっています
断熱材で包まれ、これでエアコンが良く効くようになりました
IMG_20200824_143709

パソコン作業用カウンターも取付
壁面には18mm角の細角材を一定のピッチで取付け
意匠性の向上と吸音効果を持たせました
IMG_20200825_163823

内装の完成です
IMG_20200909_085943

スピーカーも設置し、ハイレゾ音源を楽しめるようになりました
IMG_20200827_144559

結果的にここが台所と洗面トイレにも近く
とても便利な場所でしたね
IMG_20200827_144542

外観もスッキリしました。
一年前の悲愴感漂う状況から一変
設計図無しの作業でしたが終始夫婦でとても楽しく作業できました
IMG_20200920_170103


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

生家への愛着

少し前のブログでは「実家は75年の古民家」としていましたが
終戦の年?どうもおかしいということで
よくよく調べてみると昭和27年の建築と判明
75年ではなく68年ということになります。

当時、家族で材木商を営んでいた祖父が両親のために建ててくれた家、
商売柄とは言え潤沢ではなかったであろう立派な材木がふんだんに使われていて
天井を外した木組みを眺めていると
祖父の思い入れを感じることが出来ます。
2

仰向けの長椅子から見上げる景色が大好きです、
さまざまな光景が思い浮かびます。
微妙に歪んだ鴨居の溝、ノミ加工の跡を見ていると
便利な電動工具のなかった当時の大工さんが
手間暇掛けて加工する様子が思い浮かびます。
真っ直ぐではない曲がった梁が実に巧みに組み合わされていて
どんな順番でどうやって組んだのか
現場を見てみたかった。
いずれにしてもこの家は祖父たちの想いや大工さん達の技がつまった
たいせつな遺産。たいせつに守っていかなければと。
IMG_20200912_122416

IMG_20200604_071309

そういえばその祖父のひ孫(我が家の三男)が大工になりました
木の家と伝統工法に拘る工務店でお世話になり技を磨いています
祖父や両親が生きていたらどんなにか喜んでくれたと思う。

約10年前に宮崎の友人宅のリフォームをさせてもらった時に
休暇を費やし協力してくれた時の写真がでてきました
t_P1000260

本格的な工法にて農作業時の休憩場所と収納を兼ねた東屋を建ててくれました
t_DSC_0426

t_P1000301

t_P1000306

t_P1000324

楽しかったひとときを思い出しました
t_P1000327

収納も引き戸も作って
t_P1000344

完成
ここでの楽しかった思い出が蘇ってきます
t_P1000527

あれから10年も経ったんだ、多くの建築現場で経験を積んでいる三男
親ながら羨ましくもあります
こんどは自分の家を自分で建てる目標もあるようです

5年前に棟梁として係わらせて頂いた現場のことが
「建築知識ビルダーズ誌」に・・・
たくさんの方々のお世話になりながら頑張っているようです。
そこには先祖の想いも流れていると確信します
R0042638

家への愛着を感じるとスッキリ片付け、キレイにしようと自然に思えます。
スッキリ快適に暮らせる家、大切にしようと自然に思える家に
リフォームの仕事に生かせますように


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY105 第4弾で出来たことまとめ

昨年の豪雨時に劣化が顕わになって決断をせまられた
かごしまの実家
祖父が両親のために建ててくれた家
当時、材木商を営んでいたこともあって梁や柱がひときわ立派なのです
このまま朽ちさせては申し訳ない、勿体ないと一念発起
息子達の協力も得ながら何とか自力再生することに
昨年夏の終わりに全員集合にて遺品整理から

1月、3月、6月そして今回の4回にわたって約1ヶ月ずつ再生リフォームを
やってきました。
当初はどうなることかと思いましたが
ここへ来て何とも言えない充実感と楽しみに変わってきました。

今回は真夏の作業
覚悟はしていたものの天井のない寝室はとにかく暑い
体調をくずしてもいけませんので寝室の壁、天井から
IMG_20200822_085345

針葉樹合板の自然保護塗装から
IMG_20200822_110845

天井も同じ杉の合板
壁も天井も断熱材で包みます
IMG_20200824_122122

こんなに違うものか
エアコンが良く効く部屋になりました
IMG_20200825_164345

前半、雨続きだったので内部の整備から
家内の提案で壁に杉の細角材を一定間隔で張ってみたら
IMG_20200826_082402

見た目もさることながら音響的な効果がGOOD
IMG_20200909_085943

さっそくハイレゾで音楽がきける環境を構築
ローカ側の見えない壁に
IMG_20200827_144632

真空管アンプとBOSE301ですてきな音響空間が
IMG_20200827_144559

快適空間になったのでパソコン作業もここで
カウンターを取付け、モニターを壁面に
壁と同質材で配線隠し、配線の全く見えないパソコンスペース、
窓からの景色もいい、快適です
IMG_20200827_144542

次は昭和時代のままだったトイレドアを雰囲気の合う物に手作り
IMG_20200828_135320_BURST001_COVER

周辺の雰囲気ピッタリのドアに
IMG_20200829_024952

トイレ部分完成です
IMG_20200828_160113

いよいよ屋根葺き替えに
瓦をおろしてみると雨漏りのひどいカ所は落とし穴状態
IMG_20200829_071557

こんな状態で台風でも来たらたいへん
IMG_20200829_091504

3分割して作業、瓦撤去、野地板張り、下張りルーフィング、仕上げは
アスファルトシングルです
IMG_20200829_105631

IMG_20200830_110622

IMG_20200831_073154

壁の仕上げ張りも同時進行
強力換気扇もつけました
IMG_20200902_095107

思ったよりひどい西面
IMG_20200903_075758

真夏の屋根上は過酷、作業は早朝6時~11時まで
IMG_20200903_101944

IMG_20200903_144544


IMG_20200904_142518

IMG_20200905_061605

大変です、強力な台風が
ルーフィングの端とつなぎ目を板で押さえ
なんとか無事やりすごしました
IMG_20200907_075922

そして、ついに屋根完成
これで安心して内部の作業ができます
IMG_20200914_110454

雨漏りのひどかった部分
バイクガレージ兼、多目的スペースになる予定
下屋と壁を解体し、一体の屋根に
IMG_20200909_105422

統一感のある壁の感じと
両開きの扉が完成
IMG_20200913_080951

雰囲気ピッタリの金具を取り付け、閂も
IMG_20200916_123447

最後は台所の整備
キッチンは第1弾のときに作った物
収納がないためとにかく使いにくい、天井も気になります
IMG_20200917_052127

立派な梁があらわに、これを隠すなんて
きれいに拭き上げました
IMG_20200917_184705

食器棚を造付け、材料はすべて杉材
IMG_20200917_184711

思いのほか収納量の多い食器棚
家電置きカウンター完成
IMG_20200919_184012

キッチン下の収納2点も杉材で手作り
よく使う物入れ、オープン棚です
IMG_20200919_101750

キャスター付き3段収納、上は調味料など下の引出は食品類
IMG_20200921_142838

収めたらこんな感じ、微調整は必要ですがとりあえず完成
手作りの良さは自由に変更改造修理ができること
IMG_20200921_192412

木工作業ついでのおまけに洗面収納
窓枠の左右に木製棚を造りました、これも杉材
IMG_20200922_125706

さらにおまけはノッポの洗面用ゴミ箱
乗ってきたら何でも木で作れそう
IMG_20200922_144807

壁材と同質のスリムゴミ箱
清潔維持のためタオルではなく使い捨てペーパーを使います
IMG_20200922_145001

洗面スペース完成
前回次男が作ってくれたミラーもピッタリです
IMG_20200922_190946

外部も、家内が頑張った瓦囲い花壇に、いただいた黄色の彼岸花が咲いたり
IMG_20200920_170103

入口の山を開墾し庭を拡げたり、ミニ日本庭園?ができたり
予定以上の成果が残せました
IMG_20200922_092123

次回、来れる日を楽しみに
大阪での本業、今日からはじまります
バリバリ頑張っていきます
IMG_20200923_120953

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

充実感いっぱいで実家をあとに

出発日、最後の墓参
実家から歩いて10分、墓地へ上がれば毎日さまざまな表情を魅せてくれる。
ちょうど日の出に出逢いました
IMG_20200923_063056

毎日ラジオ体操でスタートした作業。
最終日はお墓でラジオ体操、なんとも清々しい気分。
IMG_20200923_063158

またしばらくこの景色とお別れです
IMG_20200923_063515

今回の最大の目的はこの屋根の葺き替え
何とか完了、台風にも耐えました。
最終の点検、接着剤充填作業
安心な屋根になりました
IMG_20200923_084212

屋根は下から見えにくいですが
玄関横のバイクガレージ兼多目的スペースになる予定の壁と扉、
いい感じに仕上がって満足点
下のコンクリートスロープ予定の隙間に猫進入防止用瓦をならべ
IMG_20200923_120844

家内の開墾作業で入口が広がりました
次回、もう一台駐車スペースを確保します
IMG_20200923_091330

コーナーに石を並べトクサと観音竹を植えたり
家内が遊んだ後です。
IMG_20200923_121525
テラスの福瓦も喜んでいるよう
IMG_20200923_121442

次回はこの障子部分をバーカウンター風にしたり
IMG_20200923_115918

浴室の改装などまだまだしたいことがいっぱい
IMG_20200923_103121

隙間だらけのキャンプ状態の半年前からすればずいぶん快適になりました。
1か月間、ありがとう。大掃除してしばしお別れです。
また来るからね
IMG_20200923_121006

しかし二人ともよく日焼けしました
体力もつきました
よく働き、よく食べ楽しんだ大汗の夏。大満足で実家を後に。
IMG_20200923_121343

鴨池ー垂水フェリーにて錦江湾を横断。
今晩のフェリーで大阪へ
IMG_20200923_145703

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY104 洗面室の整備、洗面台の手作り

実家のリフォーム第4弾
最終作業日は洗面周りの整備
前回、カウンターと洗面器のみ使用できるよう設置していましたが
古い壁や古いコンセント類が気になっていました。

Afterから
壁には針葉樹構造用合板を張り、窓枠一体型の洗面用具置き用棚を作ってみました。
窓はそのまま開閉出来ます。
IMG_20200922_145047

Before
元々は洗濯機が置かれていた場所、トイレと浴室の間です。
カウンター材は父が使っていたまな板(たぶん銀杏の木)から切り出したもの
IMG_20200922_065131

古いスイッチとコンセントを取り替えました
ここは本職なので手早く
IMG_20200922_081530


IMG_20200922_081748

窓が正方形で大きすぎるので窓枠の左右に棚を作ってみました。
このまま窓枠にします。取り外して改造可能。
9mmの針葉樹合板を接着剤と隠し釘で組んであります。
数時間置くと丈夫になりました。
IMG_20200922_121403

世界にひとつだけ
この家にピッタリの雰囲気になりました。
サイドミラーですが使い勝手もなかなかよさそうです。
IMG_20200922_134016

背が高くて目立ちにくいゴミ箱(難題)のリクエストがあったので
同様に壁材と同質の板で作ってみました
IMG_20200922_143623

表面をよく磨いて、上枠を付けて完成
IMG_20200922_144807

25cm×15cm×高さ80cm
壁と同化して目立ちにくいゴミ箱完成
IMG_20200922_145015

夜になって視線制御が必要とのことで
カフェカーテンを付けました
棚には必要最小限のものを置いてスッキリ便利に使えそうです
IMG_20200922_190946



昨夕の桜島
毎日ちがう景色を楽しませてくれてありがとう
IMG_20200922_172959

そういえばお彼岸でした
隣町に住む叔母がササゲでつくった牡丹餅を届けてくれました
幼少のころ祖母が作ってくれた味でした
涙が出るほどおいしかった
IMG_20200922_155026

夜には田舎で食料品店を営む同級生でもある従弟の黒豚でしゃぶしゃぶ
屋根の葺き替えを中心に無事第4弾の工事を終えることができたことを二人で祝いました。
いとこたちや叔父叔母、村の人たちが立ち寄ってくれ
『見違えるようになったねー』と言ってくれます。
かけがえのないこの家、故郷を大事にしていきたいと
IMG_20200922_175445

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY103 キッチン下引き出し収納の手作り

実家のリフォーム第4弾
いよいよ作業が出来る最終日となりました

昨日の夜明け前、墓地からの眺望
いい天気になりそうです
桜島の火山灰は鹿児島市内へ流れていました
2

完成したキッチンカウンター下の収納2点
奥のオープン棚は頻繁に使用するタオルやラップなどの小物入れ
手前は全体が引き出せる3段収納
上段は調味料置き、引き出して使います
下の2段引き出しは乾物や缶詰など食品収納
鍋や調理器具は対面のカウンター下に作ります(次回)
IMG_20200921_192244

IMG_20200921_185021

引き出しの材料を切り出し、底板用切り欠きを加工
IMG_20200921_095902

組み立て、接着剤と隠し釘で固定
IMG_20200921_103223_1

同じものを2個
IMG_20200921_103227

一昨日作っておいた枠の底面にキャスターを取り付け、高さ調整可能
IMG_20200921_112630

引き出しの摺動面に敷居滑りを貼りました
IMG_20200921_115015

引き出しをセット、調整。
上段棚板、後板取り付け
IMG_20200921_142816

一応かんせい
IMG_20200921_142838



おいしいいただきもの
帰省した宮崎の従弟が届けてくれた手作り空心菜を炒め物に
IMG_20200920_181407

お祝い事のおすそ分けにいただいた従妹の手作りお赤飯
感動のおいしさ、うつくしい
IMG_20200921_180014

新鮮なカマスを塩焼きに
ホクホクやわらかくおいしいー
IMG_20200921_182538

オクラのお浸しにたっぷりの枕崎かつお
ホカホカごはんに削りたて鰹節、醤油をたらり
IMG_20200921_120821

平切りところてんのフルーツアンミツ
IMG_20200921_132540
いろいろおいしいものいただき
大汗流してよく働いた夏、ですが体重はプラスマイナスゼロに


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY102 食器棚を手作り②

前日、作った食器棚に食器を洗って収納しました
1日がかりの家内の作業、想像以上に多くの食器が収納できました。
使用頻度の多そうなものを手前に
上段には木製の上開き扉をつけました。
カウンターに最小限の台所家電が置かれました。
ここに安全なコンセントを付けなければ
IMG_20200919_184012

次に作るのはキッチンの下に置く収納2点
まずはオープンの3段棚
タオルやキッチンペーパーなど頻繁に使う物入れです

【出来上がりから】
安価に雰囲気に合うもの、出来るだけ自然素材で
使用材料は1本450円の杉25mm×90mm×3m 2本
9mm厚の針葉樹構造用合板1枚 約1000円
所要時間約2時間
IMG_20200919_101745

まず左右のパネルを作ります
角材を組み面材には9mmの針葉樹合板をはめ込みます
IMG_20200919_082212

IMG_20200919_082218

棚板をはめ込む溝10mmをルーターで加工
IMG_20200919_084151

IMG_20200919_084344

骨格を組み上げ
IMG_20200919_085913

後ろから棚板を差し込み
IMG_20200919_090700

面材をはめ込み出来上がり。
簡単そうですが図面なし、頭と愛情フル稼働にて
IMG_20200919_101745


次は鍋や調味料を収納するワゴン式収納
これはまだ途中です。
キッチンの下にスッポリ入り、全体を引き出して使えます(予定)
上のオープンスペースには調味料や調理器具
下は鍋やボウル類用2段の引き出し(これも予定)
高さ82cm幅60cm奥行き47cmです
IMG_20200919_153531

同様に左右のパネルを組み
IMG_20200919_145036

骨格を組み上げました
昨日はここまで、不足の部材をさがしにホームセンターへ
IMG_20200919_153531


昨日の桜島
かすかな噴煙が鹿屋方向に流れています
季節の変化を感じます
IMG_20200919_171847

前日に続いて
気になっていた地元のお店へ
こちらも景色がすばらしいロケーションの
カフェ・ランチ LIVIERAさんへ
近くにこんなに素敵なお店があったなんて
IMG_20200919_130725

ちょうどお昼だったのでランチを
家内は「お肉料理のランチ」
おいしい、パンも手作りのようでとてもおいしい
IMG_20200919_124754

と、手作りハンバーグランチ、本格的な味
IMG_20200919_124845

この値段でこのデザート付き?
大阪だったら〇〇〇〇円はするよねー
大満足のランチタイムでした
IMG_20200919_125958


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY101 食器棚を手作り

今回の残日程5日になってしまいました
ますます早起きにて作業開始
昨日は食器棚と台所家電を置くカウンターが出来ました
(食器棚の上段扉が残りましたが)
構成は家内とよくよく相談しました
ここに入るだけの食器にしてもらいます

使う材料は基本的に他の部屋と同様
杉角材と構造用針葉樹合板、棚板はコンパネ(厚さ12mmの中で最も強度の高いもの)
安価で加工性がよく古民家の雰囲気によく似合います

【昨日完了時】
収納内部幅85cm,、奥行き48cm、高さは天井まで約2.4m
中段、下段はそれぞれ高さ30cm+20cm+20cm+20cm
戸は軽いツインカーボ板の引き違い
上段は2段の木製上開き扉になります
IMG_20200918_162342

窓の高さに幅145cm、奥行き50cm、厚み25mmの集成板でカウンターを付けました
電子レンジやトースターなどの家電置き場になります
IMG_20200918_163405

表面を研磨して自然保護塗料仕上げ
IMG_20200918_071230

扉は軽くできたのでとてもスムーズに動きます
IMG_20200918_162318

ガラス戸用樹脂レール上下にツインカーボ板が直接嵌って摺動します
3mmガラス用のレールに4mmのツインカーボ板なのでちょっと固めですがしっくり動きます
縦方向の撓みを抑えるために桧材を強力両面テープにて接着
IMG_20200918_162224

正面から見ると中がけっこう見える感じですが
斜めからは見えにくい特性があります(↑最初の画像)
食器棚としてちょうどいい透過性に感じます
IMG_20200918_162122

棚板は左右に同じ高さの合板を固定しその上に置くだけ
よほど重いものを置く場合、中ほどに同じ高さの板を差し込むことで
強度アップ可能です
IMG_20200918_072232

固定はすべて直接横からビスを打ち込んでありますが
見えてもそれほど気にならないのが杉材のいいところ
あえてブラックのビスを使い目立つようにしましたが
ところどころに節のある杉材ゆえ全く気になりません
IMG_20200917_184711




6時前から作業開始したので9時には2度目の休憩
なんとアンミツ
IMG_20200918_090440

この辺で人気の平切りのところてんにフルーツとあんこ
家内特製です
IMG_20200918_090613



10時には材料買い出しにかごしま市内へ
帰りに立ち寄ったのは
シーサイド結婚式場併設の平川海の駅とり勝亭
こんな近くにこんなところが
IMG_20200918_115543

奮発して限定10食の海鮮丼と
IMG_20200918_115757

チキン南蛮定食
さすが結婚式場、ぜーんぶおいしかった
IMG_20200918_120230

チャペル前はハワイか?ほどのいい景色
IMG_20200918_122111
よく働きよく食べた大満足の1日でした


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY100 台所の整備に着手

1年間4回にわたってやってきた実家のリフォーム。
第1回目にキッチンの床張りと特製キッチンは作ったものの
台所に全く収納がなくテーブルやキッチンの上が物置状態に

やっとキッチン収納に着手できました

Before
60年前を思い出しながら出来るだけ復元したいと
たしか流しとかまどは左側土間にあって、ここは食事する場所。
天井には杉板が張ってあって田の字の梁が見えていた
IMG_20200917_052130

約30年前の大改装時化粧板で封じ込められた梁が現れました
IMG_20200917_055039

雨漏りの跡にシロアリのあとが
IMG_20200917_055548

傷んだ化粧板をすべて撤去しました
平屋の食事室なのにこんなに立派な梁が
丹念にほこりを除去し拭き掃除しました。
残っていてよかった

このガラス窓のところが昔は板戸の棚になっていて
学校から帰ってここを開けるのが楽しみだった
農協の事務員として働きにでていた母が
毎日違う種類の菓子パンを置いてくれていた
IMG_20200917_184705

ここに引き戸の収納とカウンターを作ることに
中段と下段は引き戸、上段は開き戸に
昨日は外枠を作りました
IMG_20200917_184711

ほぼ1日雨、内部の作業は早朝から
5時台に朝食、6時ごろからの作業
1回目の休憩は8時、たのしい作業に時間も忘れます
IMG_20200917_080824


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY99 バイクガレージ開き扉に取っ手と閂

完成したバイクガレージの開き扉に
取っ手と閂(かんぬき)を付けました
家内が探してきたこだわりの鉄製です
閂は木材に同色塗装
IMG_20200916_123447

なかなか渋い雰囲気になりました
次回(たぶん)内部のリフォームが楽しみです
IMG_20200916_123458


今年2月に雨漏り放置で崩壊寸前の祖父の家の馬屋を
手作業にて解体撤去
しました。
先日の台風を経験し、つくずくあの時頑張っておいて良かったと。
昨日、少し残っていた残骸をトラック1杯積んで廃棄しました。

【画像は2月解体着手前】
IMG_20200225_095605

昨日
IMG_20200916_073832

IMG_20200916_074701

きれいになりました
IMG_20200916_083853

久しぶりの処分場にて
IMG_20200916_090941


夕食には従妹の旦那さんが釣ってきてくれたカンパチのお刺身が、
新鮮であまい、絶品でした。ごちそうさま。
IMG_20200916_171452


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY98 屋根葺き替え完了⑫

早朝7:00から作業開始
残りの屋根葺き完了
この屋根材、今回大阪から持参した分すべてを使い切り
過不足なくピッタリの分量、すごーい。
今回使用した屋根材は
リッジウエイ(アスファルトシングル)
今回のようなリフォームに適していると感じました
とても施工性がよく少々の凹凸、不陸があっても面になじみやすく
カッターナイフでカットできる
それなりに時間はかかりますが一人施工に向いています
IMG_20200914_092909

矢切り(三角の部分)の杉板の壁は風化してボロボロの状態
壁材が不足したのでとりあえず保護塗装済みの構造用合板を張りました
機会をみて同じサイディングに張り替えたいと思います
IMG_20200914_105923

上から見ると・・・
今回葺いたのは約100㎡、大量の汗をながして葺き上げた気分は最高
途中、台風の襲来にも何とか耐えました。

両親が残してくれた大切な家、高校までを過ごさせてもらった思い出深い家
夫婦で再生延命に取り組めることにこころからの喜びを感じます
IMG_20200914_110029

手直ししなければならない部分もありますが一応屋根外壁完成です
IMG_20200914_111044

大屋根西側で見守ってくれた福瓦と信楽から仲間入りした表札代りのたぬちゃん
なんとも穏やかな表情にこころが和みます
IMG_20200914_113850


家から歩いて2、3分で海岸へ
今回初めて出てみると幻想的な日の出に出逢いました
IMG_20200914_061423

IMG_20200914_061649

夕方の桜島、
さまざまな表情を魅せてくれる桜島
つい撮ってしまいますね
IMG_20200914_151929



今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY97 屋根葺き替え修理⑪

昨日で終わろうと張り切っていたのに
作業開始直後雨が降り出し中断
IMG_20200913_091700

前日作ったバイクガレージの扉を吊り込み調整
いい感じになりました
とりあえず内錠を付けて、
後日、取っ手と閂(かんぬき)も取り付けたいと
IMG_20200913_080953

屋根が濡れてしまったので、ホームセンターと物産館へ買い出しに
物産館前で我慢ならぬいい香り
「焼き餅」おいしー
IMG_20200913_111258

お昼の弁当
やすくて旨い魚屋のお弁当と大好物のかごしまのり巻き
IMG_20200913_115230

午後から気を取り直して作業再開
5

あと半日分残りましたがもう一息で今回の目的達成です
IMG_20200913_162123

昨夕暮れ前の桜島
あと何回見られるかな
IMG_20200913_182548

家内は様子を見に来てくれたNおばさんと世間話
ほぼ鹿児島弁のおばさんとの会話
大阪人なら通訳が必要でしょうが全く言葉の壁は無い様子
スムーズな会話に大したものだと感心
6


夜空は満天の星
ほんとうに降ってきそうにきれいなんです
スマホの夜景モードで撮ってみました
IMG_20200913_204816


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY96 バイクガレージ②

昨日は雨のち曇りの天気
屋根上の作業が出来ないので
バイクガレージになる開口部に
頑丈な木製扉を作りました
IMG_20200912_153438

手順を記録しておきたいと思います
枠に使うのは杉の床材(厚み3cm×幅20cm)を半分にカットしたもの
17

高さは180cm幅は開口部より-1.5cmの165cm
18

平らな板の上で組み、横から5cm座彫り7.5cmのビス2本づつで固定しました。
16

表面をあらかじめ保護塗装した構造用合板を多めのビスで裏から固定します
14

これで歪みにくい扉完成
12

枠も同じ色に塗ったほうがよさそう
10

枠を塗装、面材ももういちど
11

木口も仕上げて
IMG_20200912_133845

2枚の扉が完成、後日取り付けします
IMG_20200912_153438



毎日通う温泉は車で10分
ひろびろ浴槽で身体を伸ばせば疲れもリセット
温泉から望む原油備蓄基地のタンク群と夏の終わりを感じる雲
IMG_20200912_172652

日暮れ前の桜島がくっきりと
IMG_20200912_181441
今日は屋根工事日和
早朝からがんばります

 
いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY95 バイクガレージ①

昨日はバイクガレージの入口付近の壁を作りました
この部分の屋根を一体化したかったので先に作る必要がありました
統一感の取れた外観になりました。
IMG_20200911_164050

西側の屋根、赤枠の部分を付け足します
IMG_20200910_143543

Before
IMG_20200909_105422

休憩時間にバイクガレージの扉のデザインについて検討
IMG_20200911_090055

見えないサイド面は明り採りを兼ねてポリカ波板にしました
というか壁材が不足
IMG_20200911_164330

入口横面の壁材が足りない
仕方がないので構造用合板にいつもの自然保護塗装した板を使用。
結果、これはこれでアクセントになってなかなかいい
IMG_20200911_164209

扉以外、外装完成
足元は先でコンクリートでスロープにします
IMG_20200911_164357

家内は外装に使用する合板の塗装をしたり
IMG_20200911_082244

北側道路面に瓦囲いの花壇を作ったり
ここにどんな花が咲くのでしょう
IMG_20200911_151616
今日は1日雨の予想
バイクガレージの扉を作ります


いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY94 屋根葺き替え修理⑩

昨日は1日屋根工事日和
がんばって大屋根部分を仕上げました
6年前に葺いた部分との境は棟板金で押さえました
これで住居部分は大安心
風で飛ばされにくい屋根になりました。
自分で工事した屋根は点検修理も容易
末永く家を守ってくれることでしょう
IMG_20200910_133018

IMG_20200910_133020
IMG_20200910_143202

残るはこの下屋根部分のみ
この下はバイクガレージになります
IMG_20200910_143130

【着工直後】
いつかはやらなければ、と思い続けてきたからここまでやれたと思います
同じことをもう一度やれといわれてももう無理
この夏に流した大量の汗はこの家に愛着として沁みこむことでしょう
両親も天国で喜んでくれているのではと
3


家内は入口にもう1台駐車スペースを作るために開墾作業に精出します
IMG_20200910_071041

時々、屋根上から見下ろすと
ずーっと一頑張っています
IMG_20200910_083416

太い木の根や看板跡の鉄角材が埋まっています
セーバーソーで木の根を切りながら
IMG_20200910_083430

IMG_20200910_083431

とうとうやりました
IMG_20200910_150837

おう、だいぶ広がりましたね右側の石の辺までなので
まだまだ楽しめますね

夫婦で古民家DIY93 ミニコンサートホールみたいな寝室

みなさまおはようございます
鹿児島はずいぶん過ごしやすくなってきました。

屋根葺き作業が続行できると張り切っていたら
夜明けごろから結構な雨が
IMG_20200909_064054

仕方がないので材料入荷待ち、途中で止まっていた寝室の仕上げをすることに。

昨日Before
IMG_20200909_064518

本来見切り縁に使用する1.8cm角の杉材に
自然保護塗料を塗りこみ乾燥させたもの
80本を等間隔に張っていきます。
接着剤を塗り、隠し釘で止めていきます
5

After
ミニコンサートホール風に仕上がり
見た目は大いに満足
IMG_20200909_085943

床、壁天井とも収音性のすくない面材で構成するのは音響的には不利な条件
カーペットや分厚いカーテンなどでの調整が必要です。
でも出来ればカーテンやカーペットは使用したくない
自然木で囲まれたい

夜になって様々なジャンルの音楽を聴きました
するとどうでしょう
こもり感のないスッキリした音になったような
いつまでも聴いていたい、聴き疲れのしない音
測定したわけではありませんが
低音から中高音までバランスよく吸音してくれているように感じます。
面積の広い合板面は低音を吸収
杉の細材で補強されたりされなかったり、部屋中の壁強度が均一ではなくなったことが
音響的にはいい効果につながっているのではと。
それとこの細かい凹凸形状が高音域の反射を抑えてくれているのでは、
間隔やくぼみの深さをを変えて調整してみるのもおもしろいかもしれませんね
IMG_20200909_090014

昼前から雨が上がってきたので
バイクガレージにする予定のこの部分の解体を
父が作業場にしていた場所です
IMG_20200909_105422

バイクに乗ったままで通過するには狭すぎるので
入口を広げます
2

この部分の屋根も一体化したいので先に壁を付けます
IMG_20200909_132040

海岸に出てみると桜島がくっきりと
この眺めに癒されます
IMG_20200909_142402


いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY92 屋根葺き替え修理⑨

台風去って秋の気配が
屋根上も少し楽になりました
屋根葺き再開です

北面の傷んだ軒先をカットして板金処理
IMG_20200908_104347

下から順番に葺いていきます
無題

自分達の家をコツコツ造っていくことに
喜びを感じながら
IMG_20200908_162100
 
あと2日くらいで屋根は完成か
IMG_20200908_162133

今日の桜島はくもっていてほとんど見えません
南側に見えるのは日石原油基地、屋根上より
IMG_20200908_162019

家内は見切り用の杉細角材90本に自然保護塗料を
この作業は木の風合いを長持ちさせるためにとても大切な作業
IMG_20200908_121146

畑帰りの同級生が立ち寄り
IMG_20200908_120432

気になっていた庭先の伸びた草を
持っていた草刈り機で手早くきれいにしていってくれました
ありがたいことです
IMG_20200908_120936
記事検索