このところキッチンのワンレバー水栓からの水漏れ修理の依頼が続いています

普段何気に使っているワンレバー水栓

レバーの角度によって湯水の混合割合がスムーズに変化しながら
上下の角度で水量を調整できる
しかも軽い力で

中はどうなっているんでしょう?

微細研磨された2枚のセラミックディスクに絶妙な穴が開いていて
黒いほうがレバーの動きに連動して動き、湯水の割合と量をシームレスに調整してくれます
摺動面の表面粗度は0.3ミクロン以下だそうです
これほど精密だと水も漏らさないのですね

水漏れを起こしたカートリッジを観察すると
このセラミックディスクのトラブルではなく
適度に圧力をかけて押さえているハウジングの樹脂部分が破損してることが多い

ハウジングの強化でもっと寿命を延ばせる感じなのですが

36


こんな感じで内蔵されている

DSC_3679


摺動面は超平坦鏡面

DSC_3691

IMG_20191201_133916
お客様より
『蛇口からポタポタ水漏れしているのでパッキンを交換して・・・』と
パッキンではなくて
セラミックカートリッジなのです
部品代金は1個5~7千円ほど

パッキンと思ったら高い感じがしますが
磨き上げられたセラミックディスクの表面をみると
『エッ、これがたったの5千円』と思えるのです。

ホームセンターに依頼して交換すると合計12,000~16,000円くらい
あたらしい水栓に交換すると23,000~35,000円くらい
微妙ですね
全体の傷み具合によりますが10年経っていたら全交換した方が安心かも、
でもこのカートリッジとスパウト(吐水管)上下のUパッキンを交換すると
操作性も機能も新品同様になります
一度は修理でもいいかもですね

DIYで交換できたら部品代だけですむのでお得なのですがね
こんど取替方法を動画でお伝えしてみようと思います




いつも見て頂いてありがとうございます 


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます