素敵・快適・エコリフォームはこちら… 住電工房MaRu

住む人の便利・快適を知り尽くした電気屋の目線でリフォームするとこうなる・・・限られた予算を最大限に生かしてみせます。やってよかった、大満足のリフォームを! 断熱内窓「インプラス」、ヒートポンプ式温水床暖房、オール電化、太陽光発電、キッチン、システムバス、節水便器、LED照明、家電各種、アンテナ、パソコン、外構工事など家まるごと・・・夢を叶えるお手伝い。 枚方市 交野市を中心に活動中

ミッドウーハー

ミッドウーハーのエッジ交換で蘇ったJBL4344

先日投稿した
JBL4344ミッドウーハーのエッジ交換の記事
実際の交換作業の様子を書き留めておきたいと思います。

ほとんどの人にとってはどうでもいい内容
興味のある方は見ていって下さいね・・・

◆◆◆

長いので先にポチッと1票押して頂けると嬉しいです
↓↓


◆◆◆

ブルーバッフルのJBLサウンドに憧れて約35年前に購入した4344、
以後、店頭に鎮座しています。
名器4343の後継機種として1982年に発売されたもの。

これ1台96kgもあり一人で動かすのは無理です
低域を受け持つ一番大きなウーハーは数年前にエッジ交換のメンテナンスを実施

その後、どうも音がおかしい。と思っていたら

R0078698


肝心なミッドウーハーが見た目には異常無かったのですが
少し触れるとエッジがボロボロの状態
ウレタンエッジは十数年で加水分解が進み劣化するのは認識していたものの
こんなに酷いことになっているとは・・・うかつでした。
ミッドウーハーは人間の耳に聞こえる中心帯域を受け持つので音がおかしいのは当然ですね。

R0078691

傷んだエッジを丹念に除去していきます。
有機溶剤で拭き取りたい衝動に駆られますがコーン紙に染みこむと物性が変わって
しまう危険があるので指先で少しずつ擦り落とします
ベタベタ、ネチャネチャ
コーン紙の外周裏側とフレーム側に凹凸が無くなるまで落とします
フレーム側はスパティラや綿棒を使っても可
R0078835

指先の感覚を頼りながらの素手が一番、1台約30分かかりました。
R0078837


古いエッジと接着剤の除去完了

R0078841

届いたエッジ、今度は高耐久性とのこと
購入先はFUNTEQさん
エッジ2本で7,398円。接着剤、刷毛、説明書のセットです。
DIYで出来たら安いと思います。
これを自分でつくろうとすると数百万の設備投資が必要になりますし
もし、ユニットを修理に出した場合でも送料込みで5~8万円程度が相場のようです。
R0078842

まずエッジをセットして寸法を確認してみます
R0078843

ここからが本番
ユニットを裏向けに置いてコーン紙の外周裏側に刷毛で接着剤を適量塗ります
R0078845

今度はエッジ側に
R0078846

手早くセットして、できるだけ均等にエッジとコーン紙の外周を接着します
表と裏から指で丹念に押さえます。空気漏れが生じないように。
R0078847

続いてフレーム側に接着剤を塗布
R0078848

ここが肝心
ボイスコイル部分のどこを押してもガサガサ音がしないように
中心決めをしていきます
このユニットの場合ダンパーがしっかりしていてよほどの事が無い限り
偏心しにくいと感じました
確認しながらエッジ外周をフレームに接着します
R0078849

全周が接着できたらその上から接着剤を塗り
ガスケット(化粧リング)を貼り付けます
R0078850

R0078851

完了!この状態で数時間放置して
R0078852

エンクロージャーに取付
R0078855

周波数特性をチェック
R0078859

Before
JBL4344 Before

After
JBL4344 after
明確な差が確認出来ました。
パンチの効いた明るいJBLサウンドが蘇りました
とりあえず渡部貞夫 カリフォルニアシャワーで復活を確認
03291755_56fa43012f813[1]
やっとです
時間が出来たらこれでアナログレコードを聴く会でも開きますね


当店へのご連絡は 

ask@juden-kobo.com



JBL4344、ミッドバスのエッジ交換Ⅱ

ほとんどの人にとってどうでもいい話の続きです。

音好きな方は見ていって下されば・・・

前回の記事はこちら

JBL4344のエッジの貼り替えが完了しました

エッジの貼り替えの様子は後日のブログで記録に残したいと思います

約25年振りに取り出してみたFR-30SPという周波数測定器
名称はサウンドレスポンス&インピーダンスレコーダー
デジタル時代に超アナログな今では貴重な測定器なのです。
昭和62年6月15日購入の記録が・・・果たして使えるか?

セッティングして電源オン、どうやら本体は問題無く動作します
ただ、測定用コンデンサーマイクロフォンのバッテリーが特殊で入手不能

比較できればいいので今回は手持ちのTASCAM DR-40(リニアPCMレコーダー)
のマイク機能を流用してJBL4344のミッドウーハーのエッジ貼り替え前後の
周波数特性を計ってみました。

測定の様子はこんな感じです。スピーカーの前方1Mの位置にセッティングします。

R0078819


測定結果:ミッドウーハーのエッジ貼り替え前
ミッドウーハーの受け持ち音域は人の聞こえる中心周波数帯なので肝心です
そのミッドウーハーのエッジがボロボロで音が正常に出てこない状況

JBL4344 Before


測定結果:ミッドウーハーのエッジ貼り替え後
効果てきめん、均等な特性に・・・
きれいすぎる感じもありますが同じ条件での測定なので比較にはなると思います。

JBL4344 after


上の測定は軸上1Mなので部屋の特性の影響を受けにくい状況での測定です

ちなみに試聴点(約3M)で測定してみると肝心な音域で特性が暴れています
部屋の形状、壁や床の吸音特性など様々な要因が・・・
これらの改善は今後の課題です。あ~時間がほしい・・・

JBL4344 試聴点3M

とりあえず細かい事は置いといて
キラキラとした明るいJBLサウンドが蘇りました。


驚いたのはこのプリンターのフェルトペン
30年以上放置していたのに普通に使えます(緑ペン)
ただし赤色は残念ながら乾燥してしまっています。
色を変えて重ね書きすると変化がわかりやすいので時間が出来たら
インク注入式に改造してみたいと思います。


R0078862


当店へのご連絡は 

ask@juden-kobo.com


  

JBL4344、ミッドバスのエッジ交換Ⅰ

今日はほとんどの人にとってどうでもいい話です。

が音好きな方は見ていって下されば・・・

25年前、ブルーバッフルのJBLサウンドに憧れて大枚はたいて
我が家にやってきたJBL4344。

14畳ほどのコンクリートとガラスに囲まれた店舗内に置かれているのですが
どうもおかしい
音が前に出てこない

一番大きなウーハーは7年前にエッジ(振動板の外周の柔らかいロール状の部材)が破れ
自分で交換したのですが数年前からどうもおかしい

予想はしていたものの
中央についているミッドウーハーのエッジも当然傷んでいるはず
(耳に聞こえる音域の中心はここから出てきます)

R0012976


ミッドウーハーを取り外してみると
こんな状態に・・・
正常な音がでるはずがありませんね
ウレタンエッジは加水分解が進んで10年程度で劣化すると言われているのですが
見た目に異常がなかったのでそのまま使っていました。
実はスカスカだったんですね。

R0078697

R0078698

さっそくエッジ部品を注文しました。
交換したら周波数特性も測定してみたいと思います。

なぜ突然スピーカーに目が向いたかと言いますと
先日、日本橋電気街で同形の中古品が買ったときに近い価格で
堂々と並んでいるのを見たからなのです。
価値ある物を眠らせていては勿体ないと思い立ちました。



修理が終わったらまた投稿したいと思います
お近くで興味のある方、聴きに来て下さいね~


当店へのご連絡は 
ask@juden-kobo.com


  
記事検索