30年で2度目の塗り替え

セメント系S瓦の屋根は塗り替え時期が少し遅かった感じですが
進化した塗料でカバー、台風に強い補強も施し
安心の屋根に生まれ変わりました。

屋根Before
セメント下地が露わになった瓦

R0077321

銅線で留まってはいるものの少し力を加えると簡単に浮いてしまう状態
台風21号ではこの種の屋根でここが飛ばされた事例が多くありました。
この隙間に南蛮漆喰を詰めて接着と風除けの機能を付加しました。
R0077327


屋根After

R0077642

そのまま塗れて接着性と防水性の高い南蛮漆喰
この上から足で踏んでなじませてから使用します
R0077698

吹き付け塗装やローラーが使えないため刷毛塗り、時間をかけてしっかり塗りました。
個人的にも大好きなローマオレンジが良い感じ
R0077645

壁面は日本ペイントパーフェクトトップ標準行程にて
不要な配線類の撤去整備、エアコン配管テープの巻き直しなど
電気屋目線での処置も価値ありと思っています。
R00777092
今回はBeforeや途中行程の写真撮り忘れが悔やまれますが
スッキリステキに生まれ変わりました。
この玄関ドアのリフォームも数年前に当店にてさせて頂いたもの
なかなかお似合いだと思います。
N様、今回も大切なお家のリフォームを当店にお任せ下さりありがとうございました。


当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com
いつも見て頂いてありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます