お待たせしています枚方市N様邸は築後7年目
台風21号の強風で破風板を包み込んでいる金属製カバーが飛ばされ
瓦に落下、瓦1枚と雨樋が破損してしてしまいました。

住宅メーカーがなかなか見てくれないので・・・
ということで当店へ
t_R0074121

木製破風板をくわえ込んで上端が釘打ちされています
結構頑丈な鉄板製の破風カバーです
換気部材(壁際の黒い部材)との間に風圧がかかったようです
これが引き剥がされたのですから強烈ですね
t_R0074112


1枚だけ破損した壁際の瓦

t_R0074104


瓦は鶴弥製スーパートライ110 アンティークブラウン
数枚準備してお伺いしました
左側の溝は瓦の間に侵入した雨水の通り道、よく考えられていますね。
修理の時もこの機能を阻害しないように注意しながらすすめます。

t_R0074106


修理完了

t_R0074107


屋根からの竪樋を下屋根に流す雨樋も直撃されたようです。
こちらは準備した部材が不足していたので再訪問です
この雨樋で瓦への直撃が免れたのかもしれませんね

t_R0074102


3年半前に別件でお伺いしたときにたまたま撮影していたもの
青空に映える我が家、素敵ですね

t_R0030675


被害部分を拡大してみても
この頑丈な鉄板が引き剥がされるには相当の力が要りそうです
恐るべし・・・自然の驚異ですね。

R00306752

それにしても住宅メーカーさんはそうとう多忙なのですね
新築を延期してでも即行対応すると評判を呼ぶと思うのですが・・・
街の電気屋はこんなことまで対応しています。という一件でした。
頼りにされているというのはほんとうにありがたいことです。


当店へのご連絡は
ask@juden-kobo.com
いつも見て頂いてありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです



応援ありがとうございます

★快適生活請負人★
住電工房MaRuホームページ