素敵・快適・エコリフォームはこちら… 住電工房MaRu

住む人の便利・快適を知り尽くした電気屋の目線でリフォームするとこうなる・・・限られた予算を最大限に生かしてみせます。やってよかった、大満足のリフォームを! 断熱内窓「インプラス」、ヒートポンプ式温水床暖房、オール電化、太陽光発電、キッチン、システムバス、節水便器、LED照明、家電各種、アンテナ、パソコン、外構工事など家まるごと・・・夢を叶えるお手伝い。 枚方市 交野市を中心に活動中

大空間リフォームには欠かせない窓断熱とヒートポンプ床暖房

昨日のブログでお邪魔した交野市O様邸にて

12畳のダイニングキッチンと12畳のリビング
合計24畳
広々、気持ちのいい素敵な空間
『いいですね~』
どこでリフォームされたのかと思ったら

実は13年前、当店にてリフォームさせて頂いたもの
(手前味噌ですみません)
まだブログで紹介していなかったと思うのでここでご紹介いたします。

この数年前から
温水床暖房+断熱内窓の組み合わせをリビングリフォームのスタンダードにしていました。

床暖房するなら窓の断熱は必須
床暖房の熱源はランニングコストが最も安いヒートポンプ式に
写真のピアノの前の壁
ここにはなぜかガラス引き戸サッシになっていました。
そのサッシを撤去、頑丈な筋交いで補強の上、こんな形に
t_P1050619

その昔のBeforeの写真がありました
間仕切りのガラスのはまった引き戸が重く
レールが傷みさらに動きが悪く
『この引き戸を撤去してワンルームに出来ないか』
とのご相談から始まったと思います

大きな出窓は夏は暖房、冬は冷房になってしまっていて
窓の下の窓台にはひどい結露が
見た目は素敵ですが、快適とは言い難い物がありました
t_P1050549

床暖房+断熱内窓
大きな出窓の内側にホワイトの枠の内窓をL字型に設置しました。
これだけでも冷暖房の効果が顕著に、
車の往来の騒音も低減。
出窓の空間はショーケース。これはこれでなかなかいい。
t_P1050654

この広大な空間のメイン暖房は
ヒートポンプ式熱源利用の温水床暖房
オール電化契約の効果と相まって
最安のランニングコストにて快適空間が
t_P1050583
それから十数年間
多くのお客様にてこの方式にて施工させて頂きました。
効果を実感され、喜んで頂けているからこそ現在までもそのまま継続提案
させて頂いていると思います。
これからも
高コスパの快適空間作りのお手伝いをさせていただきたいと

 

いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

キッチンの扉の修理(スライド蝶番の取付位置変更)

「キッチンの吊り戸棚が脱落しそう」
との連絡をいただいたのは
15年前にキッチンリフォームさせていたいただいた交野市O様邸

扉側スライド丁番の取付部が劣化し
扉の重みに耐えかねて外れそう
危険な状態です

こんな場合
『似た色柄の扉を探してみます』となるのが普通ではないかと思うのですが
ピッタリ違和感ないものを探すのは至難の業
無題

扉の本体への取り付けはスライド蝶番と呼ばれるヒンジが使われていて
扉に35mmのカップを掘ることで強度を確保されています

今回はこのカップ部からネジ取り付け部辺りが劣化により脱落
再取付が無理な状況
(写真は我が家のものを説明用に外したもの)
そこで
下側にカップを掘り直して取付位置を移動してみることに
IMG_20210420_045113

車に常備している蝶番錐でキレイに35mmのカップを掘ることが出来ます
KIMG0026
完成写真を撮り忘れましたが
無事、スムースに開閉出来る扉に復元出来ました
我ながら上手くいったので記録してみました


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

パソコントラブル

昨朝、看護師のお客様よりラインにて
『エクセルが開かないんですけどどうしたら?』
『8時半に出かけますのでそれまでにお持ち下さい』
14007_0

一度経験した内容だったので30分で直せると
思いきや
どうも様子がおかしい
・・・
仕方なくお預かりに

約束の仕事を済ませて午後~22時まで格闘
頼みの綱の「復元操作」もことごとく上手くいかず

最後の砦、ご購入時のSSD換装元のHDDからの再セットアップに

今朝2:30から始めて現在4:30 OFFICEのダウンロード中

朝までには終われる見込みが
IMG_20210419_031744
ここまでさせて頂くには
かなりの個人情報をお預かりすることになります
信頼関係がなければ出来ない事
この種のトラブル
パソコンをお使いの全員の方が出来ることとは思えないのですが
こんな時、どうしておられるのでしょうか?


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY#163 和障子に癒やされて

先日の実家のリフォーム
記録忘れを思い出しながら書いています

結果としてベッドからの眺めがこうなりました
寝室は和室ではないのですが
家中の不要な和障子を集めて高さ調整してこのように収めてみました

これがなかなかいい
癒やされるのです

いつか奈良のお寺で見た記憶に残る光景がここに再現されたような
IMG_20210331_055813

昨年9月、寝室が完成したものの仕切りの戸がまだありません
どうしようか?思案の結果
IMG_20200825_163912

家中の障子を集めればちょうどの枚数
高さの異なる障子を加工してなんとか収め
3b0b9e1a[1]

実は
同じ障子を必要枚数確保するために
ここにあった2枚の障子を・・・
結果、障子が無くなったところにバーカウンターが出来ました
これはこれで大人気なのですが、そこまでするかと我ながら呆れながら
IMG_20201231_143756


おそらく40年は経っていると思われる障子紙は
破れや変色がひどい
IMG_20210330_061113

IMG_20210330_061108

そこで家内が頑張って9枚の和障子を洗い
IMG_20210329_135845

新しい障子紙を
IMG_20210329_190326

ハイキング予定日の早朝作業にて
IMG_20210331_051643

準備した障子紙がぴったりちょうどで終わり、すごーい
IMG_20210331_055423

糊が乾いたら霧吹き
IMG_20210402_064026

かんせーい。気持ちいいーっ。
fd20b658[1]

ちなみにこの部屋のBeforeはこんなでした
写真がなければもう思い出せませんが
雨漏りがひどく床に大きな穴が開いていました
IMG_20190710_120321
祖父母、両親が残してくれた大切な家
崩壊寸前で自力リフォームを決断
夫婦で取り組む筋書きのないリフォームはまだまだ続きます。
が、これが楽しくて楽しみで
第7弾、実現の日まで日々のしごとがんばろう、と


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

天井の断熱性を高める

2部屋続きの和室をワンルームのリビングダイニングへリフォーム中。
手前の部屋はあとから増築されていてすぐ上は屋根面になっています。
ダイニングにされている手前の部屋がとにかく暑い、
夏場は二つの部屋の温度差をはっきり感じられるのだそうです。
Before
IMG_20210413_085817

増築された部屋の天井を撤去しようとすると
天井材が自重で捲れ落ちました
接着剤が劣化して保持力が低下していたようです。
断熱材は敷設されていたものの
薄く隙間だらけの状況
IMG_20210413_155345

すべて撤去後
天井下地取付け、丹念に水平出し多めに吊り木取付け
IMG_20210416_094151

90mm厚のロックウール断熱材を敷設
できるだけ隙間が生じないよう止めていきます
IMG_20210416_155401

さらに垂木の間に25mmの断熱フォームをはめ込んで行きます
この時点で天井裏との温度差がはっきりと感じられました。
この下に石膏ボードと12mmのロックウール天井材を施工します。
IMG_20210416_161637

敷設前の断熱材
間に手を差し入れると手のぬくもりで温かく感じます
天井全体に羽毛布団を着せたよう
IMG_20210416_155405




この季節になると
うきうき楽しそうなペンキ屋さんがいます
今年も堀立ての筍を届けて頂きました
例年よりだいぶ早いようです
さっそく筍づくし
やわらかく風味最高、これでまた3年長生きしそうです。
IMG_20210416_203029


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

竈炊き豆ご飯、最高! 動画

先日の実家のリフォームで経験した竈炊きごはん

忘れられない「豆ごはん」を動画にしてみました

豆ご飯好きな方、是非ご覧下さい(約4分)
竈炊き豆ご飯


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

リフォーム時には断熱と吸音に留意を

無題

自分が思う快適な空間とは最小限の冷暖房で室温を保てる、
空気の流れの少ない部屋。
つまり断熱性のよい部屋、魔法瓶のように外部との熱の出入りのない部屋。
通常は冷暖房により部屋の中に盛大な空気の流れが起こります。
この空気の流れは人の肌から熱を奪います。
暖房時であれば同じ室温でも寒く不快に感じてしまいます。
 低めの室温でも空気の流れが少なければ寒さを感じにくくなります。
低めの室温で快適に過ごせるもう一つのメリットととして空気が乾燥しにくいということ。
とくにエアコンなどの空気暖房により過乾燥状態になると
肌や喉によくないことは誰もが体感できること。
またウイルスの活動も活発化します。
温湿度計を手元に置いて湿度が50%以下にならないよう
調整することが肝要かと思います。
最近の新築ではこの点に関してはかなりのレベルで改善されています。

 もう一つの快適空間の要素は音に関すること。
室内の音が外に漏れにくい、外の騒音が聞こえにくい。
また、床・壁・天井すべてがが音を反射する素材の場合、キンキンして話しづらい
テレビやステレオの音量を少し上げただけでうるさく聞こえてしまう。
 無意識に作られたフローリングの床と全面クロス張りの部屋では
少なからずその傾向にあります。
厚めのカーテンやラグなどである程度調整はできるものの
再初から少し考慮することで音に関して上質な空間にすることができます。
床をカーペットにする、天井に吸音性の素材を使うなど。

リフォーム時、「断熱と音」この二つのことを最小限の投資でかなえるには

天井:ある程度剛性が高く断熱性を持たせたものにする
壁:断熱ボードを追加するなど断熱性を高める
床:理想的な暖房「頭寒足熱」の床暖房の採用(床暖房の部材そのものが断熱性を高める)
窓:断熱内窓の採用
などがおすすめです。

断熱と吸音、意識するかしないかで部屋の快適性を大きく左右します。

リフォーム時、チャンスです。
きれいにするだけでは実にもったいないこと

音に関して知識を深めたい方は是非こちらをご覧下さい
音の基礎知識 by daiken

リフォームするならすこしでも快適に


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

2部屋続きの和室を快適リビングダイニングへ

家族の憩いの場所は
健康的で明るく爽やかなほうがいい
快適リビングダイニングへのリフォームを開始しました

軽量鉄骨造で写真奥の部屋は後から付け足されたもので
天井裏はすぐ屋根、断熱が不十分なようで
「とにかく暑い」のだそうです。

今回のリフォームでは天井を一旦撤去して断熱を強化
窓には断熱内窓を追加
外壁面にも断熱層を追加します。

床にはガス式温水床暖房を敷設

「最小限の暖房で快適な部屋」へ

Before
IMG_20210413_085751

初日はひたすら解体作業
家内も参加、さながら実家でのリフォームの延長のようで楽しそう
IMG_20210413_133217

接着剤で保持される薄い新建材の天井はいとも簡単に剥がれ落ちます
申し訳程度の断熱材、これでは暑いはずです、
接着剤の劣化も早めたようです
IMG_20210413_155345
二人ともマスクの下、鼻の穴まで真っ黒に
今朝もスッキリ2:30起床
体調万全が嬉しく
今日は残りの解体、ドアや床材など部材の手配に


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

半世紀前の家電総合カタログ(ナショナル/松下電器)

前回の実家のリフォームで発見した
家電の総合カタログ(1974年11月)。
48年前松下電器入社後、故郷の電気店でお世話になった3ヶ月間の販売実習。
そのとき得意先に配布していた物です。
とても貴重に感じたので全24ページを紹介したいと思います。

このブログに訪れてくださる多く方が懐かしく感じて下さるのではないでしょうか。
生活を楽しく便利に豊かな物にしてくれた懐かしい家電たち
これからの半世紀、これらの家電はどう変わっていくのでしょうか?
「真の豊かな生活、社会とは?」
考えるきっかけにして頂ければ嬉しいです

価格は現在と大して変わらないように感じますが
昭和47年入社当時の自分の初任給は37,000円
16インチのテレビが3,5ヶ月分の給料に相当した時代です。
表紙

1

当時のテレビはよく故障もしました
電気屋さん大活躍の時代
お世話になった電気屋のご主人が回路図片手に次々と直していかれる様子
「すごいッ!」とこころから感動
20年後、まさか自分も電気屋になろうとは夢にも思いませんでしたが・・・
2

3

4

給料の12ヶ月分に相当するビデオデッキ
どんな人が買うんだろう?
興味津々でついていったら意外にも普通の人
長期クレジットでした
5

AM/FMチューナー付きステレオラジカセ
長期社内販売制度で買った記憶が
6

欲しくても買えない
ステレオのカタログを穴が開くほど見つめた記憶がなつかしい
7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

裏表紙
 つねにワクワクさせてくれた家電たちに
こころから「ありがとう」と

いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

パソコントラブル「復元ポイント作成」の重要性をあらためて痛感

人生を豊かにする旅や遊びや食に関して
いつも満足の結果となる家内の検索、プランニング能力には頭が下がります。

そこになくてはならないのがこのパソコン
Panasonic CF-B10 2011年製
もう10年も使っています。

ところが
たびたび写真のような「問題が発生したため・・・」のメッセージとともに勝手に再起動。
昨日、とうとうWindowsが起動出来なくなりました。

当然、修理は自分に
1

お決まりの手順を踏んでみたが
2

ことごとく問題が続き
3

いつもお客様にお伝えする「復元ポイント」も作成されておらず
7

ハード面を疑い、メモリーの交換や分解しての点検、CMOSリセットなど
試したがことごとくダメ
8

最後の手段、工場出荷状態にもどしてみました
これまで32bit Windows10だったのでメモリー4GBまでの制限がありました。
これを機に64bitに
ただし向上出荷時はWindows7
延々と手順を踏んでのWindows10へ
9
なつかしいWindows7です
11

なが~い手順を踏んで完成
レッツノートB10 WIN10マシンです
性能的にはまだまだ十分使えます。
家内が実家で植えた咲き乱れるツルコザクラがデスクトップに。
またここから
すばらしい人生の旅のプランが生まれることでしょう
12

ついでにNASから無線で繋がるハイレゾ音楽の再生機能も装備しました
しばし美しい音楽に聴き惚れて
13

こんどはしっかり復元ポイントを作成
14

15
「復元ポイント」が作成されていたら簡単に修復できる可能性が高いのです
以前の「ブログ」でもご紹介しました
是非ご参考に・・・

◆◆◆

時を同じくして全く同様の症状でご相談頂いた
会社時代の先輩のレッツノート
これも2011年製CF-SX1、家内のと同年代のもの
途中までの作業は一緒でしたが

システムの復元を試したら
「重要な変更時、自動的に作成された唯一の復元ポイント」が存在しました。
手順通りに作業をすすめ
17

無事、復元出来ました。2日前の15時に戻りました
18

一通りの調製クリーニング作業を行い
まずまずの性能を確認
19

ストレージの健康状態も良好
20

まだまだ使えそうですが
お仕事で使っておられ、大事な得意先でのプレゼンなどで何かあれば大変
12.1インチの画面が小さく見づらいこともあり
大画面の最新レッツノートへの買い替えをご検討いただく事に
SX1は予備機として車で待機することになりそうです
IMG_20210412_052433


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます
記事検索