素敵・快適・エコリフォームはこちら… 住電工房MaRu

住む人の便利・快適を知り尽くした電気屋の目線でリフォームするとこうなる・・・限られた予算を最大限に生かしてみせます。やってよかった、大満足のリフォームを! 断熱内窓「インプラス」、ヒートポンプ式温水床暖房、オール電化、太陽光発電、キッチン、システムバス、節水便器、LED照明、家電各種、アンテナ、パソコン、外構工事など家まるごと・・・夢を叶えるお手伝い。 枚方市 交野市を中心に活動中

夫婦で古民家DIY#180第7弾 朽ちかけた小屋を修正補強する⑥

昨日終わりの様子です
側面壁と正面壁の一部が張れました
正面の杉板は鎧(よろい)張りにしています
安価な材料で見た目と耐久性のために時間をかけます
R0081383

側面は8年前に葺き替えた屋根の余り材でちょうど間に合いました
ガルバ鋼板です
外はシェイドブラックですが内側は明るめのベージュ
明るい雰囲気になりました
R0081376

ここには採光のための波板を取り付ける予定ですが
とてもいい眺めで風も入れたいので開閉式にしたいと思います
R0081377

外から・・・
この外壁の耐久性は50年は余裕かも
R0081378

残りの杉板にいつもの自然保護塗装
R0081366

お昼過ぎ、陰でも35度を超えました
さすがに炎天下の作業を続けるのは危険なのでこの時間はほかの用事に
R0081379

炎天下で強制乾燥
R0081367

今日は残りの杉板張りと開口部の枠
コーナー見切り材などを取り付け
今回の作業を終えたいと思います
R0081382

ご飯を炊いているのではありません
木廃材を少しでも減らすためにお湯を沸かして雑草退治に
これがたのしいそうです
R0081375

時間は早朝5:30に戻ります
今回最後の竈炊きご飯
R0081340

沸騰したら重しを
R0081342

今まで一度も失敗なくおいしいご飯が炊けました
R0081346

絶品、竈ごはん
冷凍してもレンチンで炊き立ての味が楽しめます
R0081350

まずはご先祖様に
R0081353

今回最後かな
外での朝ごはんタイム
大阪ではできない贅沢なのでしっかり味わいました
R0081361

この時期、 南国特産のパッションフルーツ
甘酸っぱくていい香り
二人とも好物なので今回よくいただきました
R0081364


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY#179第7弾 朽ちかけた小屋を修正補強する⑤

昨日は久しぶりの晴天、大汗の成果
屋根まで完了
やっぱり暑くても晴れたほうがいいですね
残り少なくなった今回の日程
今日は壁張りにかかります
R0081327
 
7時のホームセンター開店一番乗りにて
木材調達
R0081295

安価な荒材を自動カンナで表面を削ると見違えるほどきれいになります
R0081299

R0081301

ザラザラの表面がこんなにツルツルに
R0081305

右3枚がBefore、左がAfter
R0081307

さながらに製材所の香りが・・・
60年前、木材商をしていた祖父たちが見たら驚くだろうなあ
R0081322

表面がきれいになった杉板に自然保護塗装を施します
破風用、開口枠用、壁用50枚を一人で仕上げてくれました
R0081310

炎天下の作業でしたが終始楽しそう、すごい人です
R0081324

既存のスレート屋根と高さを合わせて
波板で葺きます
いずれは全面やり直さなければなりませんが今回はこれで
R0081314

破風とケラバ水切りを取り付け
R0081316

波板を張って屋根周りの完成です
R0081330

汗でズボンまでびしょ濡れ
途中のシャワー着替えは必須
夫婦ともに暑さをものともせず楽しんでおります
多めの休憩給水
おやつは南国特産のパッションフルーツ添えのアイスクリームが
こんなにうまいものが他にあるだろうか
最高の夏の一日でした
R0081321


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY#178第7弾 朽ちかけた小屋を修正補強する④

時間はかかるが楽しい
小屋延長部の棟まで完了
雨で何度も中断しながらの作業でした
R0081284

『できるだけ長持ちさせてね』と家内
となると
やっぱりこんな作業が必要になります
必要最小限の道具を調達してほぞ穴加工
R0081278

R0081274

雨漏りさえしなければ30年は余裕かも
R0081287

屋根はとりあえず波板葺きにします
先で全体を葺き替えたいと
R0081290

お隣の奥様が手入れされている様々な植物
グリーンが心地よい
ここに全面壁を張るにはもったいない
出来れば借景したいかと
R0081279


家内がいぶすき道の駅で買ってきたブーゲンビリアが花壇の仲間入り
白とピンク、愛らしい色ですね
2


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY#177第7弾 朽ちかけた小屋を修正補強する③

朽ちかけた小屋を修正補強して再利用します
雨の合間を縫って新しい柱と梁を組みました
素人大工ですが要点は抑えているつもりです
ちょうど通りかかった中学同級生のM君に手伝ってもらえました
新しい梁は当然ですがバッチリ水平に
R0081245

古い方、足下が朽ちて下がった角柱をジャッキアップ
R0081249

約15cm程度下がっていました
R0081248

添え木を当て朽ちた部分を切り落とし
R0081252


新しい角材を当ててボルトで縫い付けました
次の柱も同様に修正補強しました
R0081257

筋交が入り新しい面は補強できました
R0081260

横の壁面は古い杉板の雨戸が再利用されていました
もう限界だったので一旦キレイに撤去
ここは見えない壁になるので余っていた屋根材のガルバ鋼板を貼ることにします
R0081266

いやー、スッキリしました
 次は古い方の軒桁と連結して屋根を上げていきます
奥行きが90cm拡張され卓球台が置けるサイズになります 
ここでワイワイ遊べる日を楽しみに 
R0081267

いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY#176第7弾 害虫駆除、朽ちかけた小屋を修正補強する②

花壇にもう1本、40年もののイヌマキの木
よく見るとこの木にも「キオビエダシャク」が
程なく電線に届いてしまいそうなので伐採することに
R0081186

電気チエンソーで
R0081188

「キオビエダシャクク」はイヌマキやツツジの葉を食い荒らし
短期間のうちに丸裸にしてしまいます

R0081148

細かく切り刻み撤去
IMG20210702080824

これで安心して花壇を楽しめます
R0081178

切り倒した枯れ枝部分を燃やしてお湯を沸かし
R0081156

雑草にかけるとほどなく枯れてきます
一石二鳥です
R0081169

肝心の小屋の改修にかかります 
R0081152

周辺の蔓の根や盛り上がった土を撤去
柱を立てる準備が出来ました
R0081166

庇と前部板金を撤去
左側柱の足下が腐食していて
グラグラ今にも倒れそう
R0081162

小屋といえども立派な梁が使われています
R0081171

あり合わせの道具にて新しい柱を加工
R0081174

インパクトドライバーで真っ直ぐ穴あけが出来ます
R0081175
残念ながら雨が降って来ました
今日はここまでです


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY#175第7弾 大雨の日、古民家見学へ

夜半から結構な雨量
リフォーム中の実家は、当初からの瓦を全て下ろして
2種類の屋根材でセルフリフォームしてあります。
西面(写真右側)はアスファルト基材にザラザラの砂様の表面なので
ある程度の防音性があるのですが
8年前に葺いた東面はとにかく雨漏りが防げればいいと
長持ちはするが防音性の無いガルバ鋼板製
ようするに鉄板1枚なのです。
材料費を節約した結果
大雨時には盛大な雨音が楽しめる家になったのです。
天井なしの屋根断熱無しの家ですが
ちっとも後悔は無く、それより大空間の開放感や
のびのび音響効果を楽しんでいます。
IMG_20200923_084215

大雨で作業効率が悪そうなので
行ってみたかった
本坊酒造津貫蒸留所」にある本坊家旧居へ
マルスウイスキーの蒸留所です
R0081079

R0081082

最近リフォームされて古い雰囲気を残しながらとても素敵に
R0081080

R0081083

R0081084

お土産用に販売もされています
R0081090

雨の平日、われわれ2人だけ
係の方が丁寧に説明してくださいました
どちらを見ても贅沢な作りです
目の保養と今後の参考に
R0081093

R0081096

R0081099


R0081100

土足でOKな床は栗の無垢材
R0081102

R0081106

R0081107

R0081109

R0081110

R0081111

R0081113

R0081115

R0081117

R0081120

まばらに釘打ちされた化粧杉板を発見
ここだけは我々と同レベルか?
妙な安らぎが
R0081101

雨も上がって帰路に
R0081125

◆◆◆

「ひとつばに虫がいっぱいついてるよ」お隣の奥様に教えていただき
検索してみると鹿児島市役所のホームページに警告が
イヌマキの害虫に注意
よく見ると夥しい尺取り虫が
キオビエダシャクだそうです
葉っぱが全滅寸前に
R0081129

早速ホームセンターで殺虫剤を買い求めて
散布
糸を引きながら大量の虫が落ちてきました
気持ち悪いので写真は載せませんが
1件落着
R0081132

いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY#174第7弾 朽ちかけた小屋を修正補強する①

いきなり『しろくま
食べてばっかりですみません
シロクマと言えば天文館むじゃきですが
時節柄、繁華街へは自粛して近所のレストラン「リビエラ」 さんへ
ランチが一段落した昼下がりを狙って店内は2人だけ
大汗のあとのシロクマ、堪能しました
IMG_20210630_152540

IMG_20210630_154408

◆◆◆
今回の課題 の一つ
当初、潰してしまおうかと考えたが便利なので
修復して活用することに 
写真で見ても明らかに傾いていますね
左側柱の足下が朽ちてきています
このまま台風時期を迎えるのは心配です 
R0081049

せっかくなので前面に90cmほど張り出します
R0081046

炎天下の作業
あり合わせの道具で工夫します 
R0081062

位置だし後、羽子板付き束石を埋め込み固定しました
R0081067

◆◆◆
夏はそうめん、大汗の後は格別です
IMG_20210630_120448

沢山いただいた茄子を
家内が揚げ浸しに、よく合います

夫婦で古民家DIY#173第7弾 別荘リフォームとたのしくおいしい日々

梅雨の中休み
バイクの点検を予約していたので早朝から鹿児島市内へ
今日の桜島は環状の雲をまとった珍しい光景、ほぼ無風
IMG_20210629_094425

バイク点検前に少し足をのばして鶴丸城へ
御楼門付近のハスの花が咲き始め、の情報に 
IMG_20210629_090810

IMG_20210629_090519

R0080987

R0080985

バイクのオイル交換や軽点検を済ませ帰路に
この4月にオープンした海沿いのカフェ「BLUE&CAFFE」
気になっていたので開店直後を狙って入店 
IMG_20210629_120555

テラス席に、景色は最高全てがオシャレ
IMG_20210629_111052

IMG_20210629_112140

ランチ2種いただきました
R0081012

R0081005

気になっていた店のつくり
機能的でよく考えられたカタチ、参考になりました 
R0081020

さて、時間は振り出しに戻ります
今日は竈ご飯の日
自分の担当です 
中学時代も竃でのご飯炊きは自分の担当でした
あの頃の竃に比べてこの方が
熱効率が良くて理想的と感じます 
R0080957

沸騰してきたら重しを乗せてそのまま放置するだけですが
R0080959

炊き上がりはふっくらいい香り
R0080965

炊き立てをご先祖さまに
R0080968

オシャレなランチもいいけれど
やっぱりコレがいちばん
 日本に生まれて良かったと感じる瞬間ですね
R0080973

午後からは
雨でも作業できるスペースの確保 
R0081022

布団収納のスノコを作りました
下から風が入ります
扉を付けて完成です 
R0081028

家内は花壇に蔓延る根っこの退治
蔓の途中を切っておいたらうまく枯れてきました 
R0081024

夕方早めに炭起こし
R0081033

ありあわせの食材で
野菜はほぼいただき物
鹿児島は地元産の豚や鶏がおいしい 
R0081039

いただいたスモモで家内が作ったワイン煮の汁の炭酸割り
なかなかいける 
R0081040

こちらは休憩時のおやつ
スモモのワイン煮と小豆煮とアイスクリーム
おしゃれでおいしい 
R0080904

シメは竈ご飯の焼きおにぎり
オシャレなランチもいいけれどやっぱりこれがいちばん
あっ、また言ってしまった
日本に生まれて良かった 

夫婦で古民家DIY#172第7弾、布団収納壁面に珪藻土

久しぶりに梅雨らしく一日中降り続く雨
布団収納付近の壁に珪藻土を塗工しました

昨日パテ埋めしておいた部分にサンドペーパーをかけ平滑に
R0080923

塗らない部分にマスキングrテープ
R0080924

ローラーで1回目塗った跡はムラが目立ちます
R0080927

乾燥後、2回目を塗ると目立たなくなりました
R0080928

部屋全体が明かるくなりました
杉の腰壁もあたたかい雰囲気を醸し出しています
R0080938 のコピー

次は布団収納部のスノコを作っていきます
外は大雨
テラスで丸鋸を使って作業を始めた直後
丸鋸のコードを切り落としてしまいました
危ないところ、指でなくてよかった
姿勢に無理があったのです
電動工具での作業はやはりちゃんと作業台で正しい姿勢でやらないと・・・
R0080940

手鋸での作業に切り替えてみたが非効率極まりないので
晴れの日を待って再開したいと

この光景が妙に懐かしく思えてきました
50年前、高校時代
ちょうどこの場所で分厚いコンパネを手鋸で切り
36cmウーハーを使った大きなスピーカーボックスを組み立て
当時まともな音源が無い時代
まだ音が良かったFMラジオも組み立てステレオを構成
たっぷり時間をかけて遊んだ時代が懐かしく
電動工具の無い時代
やすりで鋸刃の目立てをしながら工作していた
あの時の経験が現在の木工スキルにつながっているのかなと
自己流ながら限られた工具で自由自在に木を加工する
趣味レベルながら実に楽しいのです
R0080902

大雨の作業を諦め
持参したハイレゾ音源を心ゆくまで聴いてみた
自分で改装した実家の部屋で聴く音楽は
50年前の手作りシステムとは雲泥の差
でもあの時の手作りの音も最高だったなー
50年前から続くワクワクでした
R0080947

いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY#171第7弾、雨の日曜日 布団収納他・ホームシアターなど

梅雨らしからぬ高原のようなさわやかな日が続いていましたが
鹿児島は久しぶりの雨です

雨の日の作業としてとっておいた
やりかけの布団収納部分に着手しました

Before
バーカウンター左の白い壁の裏を
布団収納(4客分)にしていきます
ここはもともと玄関があったところを食器などの収納に改造されていました
IMG_20210117_172158

4人分の量はこれくらい
湿気対策や、風通しを考慮した布団収納にしていきます
R0080900

デスクを作りつけてあったローカ部分
すべて撤去して
昨日のキッチンと同様に杉板の腰壁と珪藻土壁にしていきます
右側布団収納部はスノコと珪藻土塗で湿気がこもりにくいように対策します
昨日終了時の様子
R0080906

◆◆◆
早朝6時前
南側に設えた総幅6mのペアガラスの窓
全部開けると約2/3が網戸になります
解放感と風通しの良さがこの家の快適ポイントになっています
自分たちにしては高額なこのサッシ、がんばってこれにして本当に良かったと
R0080881

ハンモックの下からのお気に入りな景色
廃瓦で作ったテラスと木製フェンスが・・・
カーテン無しでも視線が気になりません
R0080897

日曜の朝はいつもよりゆったりと時間をかけての朝食
挽きたての珈琲の香りが
R0080887

朝食メニュー、食材の大半はご近所や親せきからのいただきものをアレンジ
ジャムはいただいたスモモからの手作り
チーズは長男が送ってくれたストロベリーチーズ
栄養たっぷり大満足の朝ごはんでした
R0080889

◆◆◆
前回作った多目的スペースをシアタールームに
先日「ブログに書いたいただいたスピーカー」を中心にシステムを組んでみました
プロジェクターは家内が調査して購入した格安品
正面の珪藻土壁に投影します
R0080878

視聴したのは「グリーンブック
すばらしい映画でした
80インチ相当に映し出される画面は低価格にしては満足できるもの
ただAVアンプが昔店頭で使っていた骨董品レベルの古い規格のため
いただいたスピーカーが十分に能力発揮出来ない
ここだけは新調することに
システムが整ったらまた報告します
R0080872


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます
記事検索