「いぶすき砂の道 ちりりんロード」
3月から10月の限られた干潮時
無人島の知林ヶ島へ歩いて渡れる「砂の道」が出現します。
詳しくは「いぶすき観光ネット」で
13:10~16:55までの3時間45分の間、砂州が出現するという昨日
急遽、知林ヶ島探検を決行
黄砂の影響で眺望は悪かったものの
美しい知林ヶ島を堪能することが出来ました。
IMG_20210331_120953

13:00もうすぐ繋がります
気の早い人は長靴を履いて先に渡っていきました
IMG_20210331_123322

名古屋から来られたというご夫婦は時間がないからと
ズボンの裾を濡らして行かれました
IMG_20210331_123518

繋がった瞬間
濡れずに渡れました
IMG_20210331_124347

約800mの柔らかい砂州は結構な運動量
IMG_20210331_125727

到着!先日登った魚見岳の展望台が見えます
IMG_20210331_125915

ボランティアのおじさんに教えてもらって展望台へ
無人島ながら平成20年に整備されたという階段や散策路が歩きやすい
IMG_20210331_142808

南展望台に到着
すばらしい眺望に息をのむ
砂の道の形は毎回変わるのだそうです
IMG_20210331_131848

展望台で鐘を鳴らし
IMG_20210331_131912

ここまでは数グループが上がってきていましたが
ここから先、島内散策へ行ったのは自分たちだけだったような
IMG_20210331_132000

整備された遊歩道、灯台、展望台、港跡以外は自然のまま
たくさんのトカゲや蛇、鳥たちに出会いました
IMG_20210331_132542

きれいな緑のじゅうたんが印象的
IMG_20210331_132928

IMG_20210331_133624

北展望台へ
IMG_20210331_133726

IMG_20210331_133751

IMG_20210331_134735

IMG_20210331_134737

港跡へ降りる階段
IMG_20210331_135300

港跡へ
IMG_20210331_135429

緑のトンネルを通って
IMG_20210331_140820

中程にある休憩所へ
IMG_20210331_141419

IMG_20210331_141513

ふたたび南展望所へ
砂州の幅がだいぶ広がっています
IMG_20210331_142239

約3時間のワクワク、歩数計は2万歩越え
感動とともに明日へのパワーを頂いたような
IMG_20210331_150823

帰路へ
IMG_20210331_151000

島に渡った証明書を発行してもらえます(100円)
IMG_20210331_190015

◆◆◆

昨日は5時から障子の残り5枚を張り終え
夜明けとともに竈ごはん4回目
IMG_20210331_064958

4回とも大成功、安定して炊けています
ご先祖様にもおいしいごはんを
IMG_20210331_065132

相変わらずツヤツヤのおこげ混じりの竈ごはんが
IMG_20210331_065529

知林ヶ島行きのためのおにぎりに
IMG_20210331_071033

砂州が現れる時間待ちに海岸で頂きました。最高!
デザートは地元産のソラマメをシロップ漬けにしたのだそうです。
おいしい、いつのまに?
IMG_20210331_114040

うーん、うまい!
IMG_20210331_114158

いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます