設置6年目のテレビドアホン
Panasonic VL-SWD701KL、7型の高級タイプです
『画面が見えにくい』とのご連絡

お伺いしてみると
通常よくあるカメラ表面の劣化による黄ばみや白濁ではなく
鱗状のノイズで来訪者の顔が判別出来ない
R0081674

玄関子機を分解してみると
レンズ内部に気泡のような物が
R0081668

取り敢えずカメラユニットを交換しました
R0081677

スッキリ元に戻りました
R0081680
このカメラユニットは部品価格だけで13,000円
単純なドアホンなら新品取替をお奨めするのですが
このドアホン、もともと高価なうえに様々な機器が繋がっています
6年前に、複雑な配線工事をさせていただき
『できるだけ長くもってくれよ』と
念じたのを思い出しました

レンズの内面に結露しているようにも見えたので
分解してみることに
一体成形のレンズの向こうはセンサー
結露するような空間はなさそうです
IMG_20210716_191501

レンズ部分を切り出してみました
気泡のようにも見えますが
IMG_20210716_192341

気泡でもなさそうです
これはメーカーに送って検証してもらいましょう
IMG_20210716_192650
通常、テレビドアホンは年数とともに
レンズないしはレンズカバーの表面が紫外線で劣化
黄ばみや白濁が起こります
その場合、表面を研磨すると回復することもあります

が今回のようなケースははじめてだったのでブログに記録しました


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます