素敵・快適・エコリフォームはこちら… 住電工房MaRu

住む人の便利・快適を知り尽くした電気屋の目線でリフォームするとこうなる・・・限られた予算を最大限に生かしてみせます。やってよかった、大満足のリフォームを! 断熱内窓「インプラス」、ヒートポンプ式温水床暖房、オール電化、太陽光発電、キッチン、システムバス、節水便器、LED照明、家電各種、アンテナ、パソコン、外構工事など家まるごと・・・夢を叶えるお手伝い。 枚方市 交野市を中心に活動中

番外(行ってきました・・・)

大阪へ

かごしまの実家の再生リフォーム第6弾
すべての日程を終え
大阪港行きフェリーさんふらわあ「さつま」にて出航しました
晴天
穏やかな船旅になりそうです
もうすぐインターネットが遮断されそうです
明朝8時までネット環境のない
心穏やかな時間を過ごします
IMG_20210409_181038

夫婦で古民家DIY#160第6弾 廃木材の再利用、南薩摩の春を満喫

毎日の作業で発生する廃材の取りあえず置き場
実家のリフォーム第6弾も明日で最終となります
最後にここをスッキリ片づけなければなりません。
IMG_20210406_141657

これまでだったら木材もすべて積み込み処分場へ、
ですが今回は竈炊きの術を身につけたので
燃料になりそうな廃木材を選別
一定の長さに刻み薪に、
大量の燃料が出来ます
IMG_20210406_164453

夜までかかってきれいに片付きました
本日、処分場へ
IMG_20210406_192758



昨日は晴天の予報
早朝6:00のいい光景
午前中、出かけようと竈ごはん炊きが始まりました。
IMG_20210406_062036

今回、これで7回目の竈炊きごはん
IMG_20210406_062629

一昨日、近所のNさんに頂いて炊いた豆ご飯があまりにも美味しく
感想を伝えたら
また採れたての「うすいえんどう」を持ってきてくれました
連日のご馳走です
IMG_20210406_065455

安定の炊き上がり、豆も米もふっくらツヤツヤ、あいかわらず美味しい
IMG_20210406_070154

「うすいえんどう」の豆ご飯のおむすび弁当を携え向かったのは
南九州市「大野岳展望所
一番茶摘み取り前のグリーンが美しい
IMG_20210406_085719

スッキリ晴天ではなかったものの大隅半島、佐多岬まで確認出来ました
IMG_20210406_090646

108段の「茶寿階段」を上っていきます
IMG_20210406_095718
IMG_20210406_091844
IMG_20210406_091217

頂上は360°パノラマ、気分爽快
IMG_20210406_091307
IMG_20210406_091406

南側眼下には頴娃(えい)の街並み、お茶畑が、
きれいな景色を独り占め(い頴娃二人でした)
IMG_20210406_092305

一昨日頂いた手作り蒸し羊羹と、
この景色で頂く好物は最高でした
IMG_20210406_092819_BURST001_COVER

帰りは別ルート
100m寄り道眺望スポット、すばらしい
IMG_20210406_094213

ほんとうはここでお弁当、の予定でしたがまだ10時
さすがに早すぎるので下山
IMG_20210406_094308

IMG_20210406_100727

海岸へ
自然のままの美しい南国の景色
たまたま開聞岳にかかった雲が噴煙のよう、そんなはずはありません
IMG_20210406_103908

薩摩半島最南端の岬「長崎鼻」へ
いぶすきの有名な景勝地、約40年振りかと
IMG_20210406_111927

ここでやっとお弁当タイム
IMG_20210406_112041

やっぱり美味しい竈炊きの豆ご飯
IMG_20210406_112134

シャッターの閉まった土産物店通りにこんなものが
IMG_20210406_110740
IMG_20210406_110748
IMG_20210406_110838

池田湖を通り帰路へ
IMG_20210406_123508
IMG_20210406_123536
よく遊び良く働いた最高の一日でした


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY#154 第6弾 ちりりんロードを渡って無人島へ 魅力的な知林ヶ島

「いぶすき砂の道 ちりりんロード」
3月から10月の限られた干潮時
無人島の知林ヶ島へ歩いて渡れる「砂の道」が出現します。
詳しくは「いぶすき観光ネット」で
13:10~16:55までの3時間45分の間、砂州が出現するという昨日
急遽、知林ヶ島探検を決行
黄砂の影響で眺望は悪かったものの
美しい知林ヶ島を堪能することが出来ました。
IMG_20210331_120953

13:00もうすぐ繋がります
気の早い人は長靴を履いて先に渡っていきました
IMG_20210331_123322

名古屋から来られたというご夫婦は時間がないからと
ズボンの裾を濡らして行かれました
IMG_20210331_123518

繋がった瞬間
濡れずに渡れました
IMG_20210331_124347

約800mの柔らかい砂州は結構な運動量
IMG_20210331_125727

到着!先日登った魚見岳の展望台が見えます
IMG_20210331_125915

ボランティアのおじさんに教えてもらって展望台へ
無人島ながら平成20年に整備されたという階段や散策路が歩きやすい
IMG_20210331_142808

南展望台に到着
すばらしい眺望に息をのむ
砂の道の形は毎回変わるのだそうです
IMG_20210331_131848

展望台で鐘を鳴らし
IMG_20210331_131912

ここまでは数グループが上がってきていましたが
ここから先、島内散策へ行ったのは自分たちだけだったような
IMG_20210331_132000

整備された遊歩道、灯台、展望台、港跡以外は自然のまま
たくさんのトカゲや蛇、鳥たちに出会いました
IMG_20210331_132542

きれいな緑のじゅうたんが印象的
IMG_20210331_132928

IMG_20210331_133624

北展望台へ
IMG_20210331_133726

IMG_20210331_133751

IMG_20210331_134735

IMG_20210331_134737

港跡へ降りる階段
IMG_20210331_135300

港跡へ
IMG_20210331_135429

緑のトンネルを通って
IMG_20210331_140820

中程にある休憩所へ
IMG_20210331_141419

IMG_20210331_141513

ふたたび南展望所へ
砂州の幅がだいぶ広がっています
IMG_20210331_142239

約3時間のワクワク、歩数計は2万歩越え
感動とともに明日へのパワーを頂いたような
IMG_20210331_150823

帰路へ
IMG_20210331_151000

島に渡った証明書を発行してもらえます(100円)
IMG_20210331_190015

◆◆◆

昨日は5時から障子の残り5枚を張り終え
夜明けとともに竈ごはん4回目
IMG_20210331_064958

4回とも大成功、安定して炊けています
ご先祖様にもおいしいごはんを
IMG_20210331_065132

相変わらずツヤツヤのおこげ混じりの竈ごはんが
IMG_20210331_065529

知林ヶ島行きのためのおにぎりに
IMG_20210331_071033

砂州が現れる時間待ちに海岸で頂きました。最高!
デザートは地元産のソラマメをシロップ漬けにしたのだそうです。
おいしい、いつのまに?
IMG_20210331_114040

うーん、うまい!
IMG_20210331_114158

いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY#149 第6弾 南国の春を堪能、のちリフォームを楽しむ

これまで一度も滞在したことの無かったこの季節
ふるさとの魅力を探ることも大切な目的
週末は雨の予報、今日しかない
ということで連日のお出かけ

「東洋のハワイ」とも称される指宿市
ハワイのダイヤモンドヘッドに見立てられる「魚見岳」へ
頂上付近まで車で上がれるので行ってみた
いい天気ながらあいにくの春霞
桜島が見えない
眼下に浮かぶ「知林ヶ島」は潮の加減によって歩いて渡れることもある
一度は歩いて渡ってみたい美しい島
IMG_20210326_081451

スッキリ見渡せる日にもういちど
IMG_20210326_081504

南に目を移せば指宿市内が一望
山の中程に顔を出す開聞岳
IMG_20210326_081204

池田湖と開聞岳を経由して
IMG_20210326_090607

前回、年間パスポートを手にした「フラワーパークかごしま」へ
目に鮮やかなイングリッシュガーデンの「ボックスウッド
IMG_20210326_100916

今回はちょっとズルして11万坪の園内をカートにて
IMG_20210326_101618

周囲を海に囲まれた魅力一杯の場所
IMG_20210326_102127

IMG_20210326_102141

IMG_20210326_102540

IMG_20210326_102701

IMG_20210326_102839

関西より1ヶ月以上早い優雅なシャクナゲが
IMG_20210326_103610

ポピー畑と開聞岳、すばらしい
IMG_20210326_104251

IMG_20210326_104842

亜熱帯植物エリアも
IMG_20210326_105544

IMG_20210326_110031

指宿港辺りから見る冒頭の魚見岳
ダイヤモンドヘッドと言われればそうとも見えてくる
IMG_20210326_114323

若い女子に人気らしい「SEA WALK」でランチ
IMG_20210326_115856

指宿市内は道沿いに花があふれています
正面は魚見岳
IMG_20210326_124807

魚見岳と「知林ヶ島」の位置関係
IMG_20210326_125805

この時間なら渡れる「砂州出現情報
もうすぐチャンスが
IMG_20210326_130421

IMG_20210326_130617

手前の「オートキャンプ場」も魅力的
IMG_20210326_131359


太陽が西に傾く頃に帰着
予定の一日分の作業をこなすべく黙々と
といってもたのしそう
IMG_20210326_162144

内部の作業は天井張り作業に
断熱材も入れて快適を確保します。時間を忘れて夜まで作業。
時間を忘れるほど楽しいんです
IMG_20210326_184158

ここがどんな風に変わるのでしょう
IMG_20210326_184238

天井に穴が開き空が大きく見えていたBefore
昨年夏に屋根を葺き替えたのでもう雨漏りの心配はありません。
IMG_20190710_090408
よく遊び、よーく働いた春の一日でした

いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY 第6弾 出発

1ヶ月半ぶりに向かう実家の再生リフォーム
「夫婦で古民家DIY第6弾」
昨年は通算5回、鹿児島⇔大阪の往き来にて
雨漏り放置で崩壊寸前の実家のリフォームを進めてきました。
屋根葺き替え、増築部分の撤去、外壁の改修など外部工事をほぼ終え
キッチン、トイレ、寝室、浴室などの基本的な居住環境も整えることができました。
 
ここまでくるとこの家への愛着が増し、この1ヶ月半がとても長く感じました。

残るは、両親が生前営んでいた仕出しや宴会の仕事で使っていた作業スペースのリフォーム。
多目的スペース、バイクガレージ、卓球・・・、将来皆で楽しめるスペースにしようかと。
 
もう一つはその昔、祖父の代で営んでいた林業、製材業の名残の小屋。
今では縮小されているものの、幼少の頃の記憶では木材が大量に置かれた製品小屋と呼ばれていた
結構大きな小屋?
ここを今度は木工細工を楽しむための作業室にしたいなと  
ここでスピーカーボックスや家具など作れる日を夢見て・・・
IMG_20210311_160703

今回は急ごしらえの箱車トラックです
IMG_20210311_140332

完璧と思える感染対策の施されたフェリー内部
共用スペースには本格的なHEPAフィルターを使った大型空気清浄機が6台も設置、
医療機関レベルの清浄を保っているとのこと。
ドアやドアノブなど手に触れる部分は抗菌仕様、さすがに新造船。
スタッフ以外、他の人と接近する場面もほとんんどない。
関係者の方々の努力に頭が下がります。
またあの楽しい賑わいが戻ってほしいですね。
IMG_20210311_171927
大阪での日常からすれば実家での人と接するレベルは激減
過疎な環境であっても心配をかけない行動をしなければ

いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

自然素材の和の空間に安らぎをおぼえて

ときおり訪れたくなる「寿長生の郷
和のテイストいっぱいの落ち着ける場所です
自然素材で構成された和の設えがこんなにも人の心をなごませてくれるのか
昨日から「梅まつり開催」
一番乗りにて観賞しました
IMG_20210228_112218

IMG_20210228_112145

IMG_20210228_105628

IMG_20210228_105539

IMG_20210228_105436

IMG_20210228_105800

IMG_20210228_105640

IMG_20210228_105725

IMG_20210228_112046

IMG_20210228_112501

IMG_20210228_112902

IMG_20210228_112002

IMG_20210228_111528

IMG_20210228_111152

IMG_20210228_110031

IMG_20210228_104716

IMG_20210228_101258

IMG_20210228_101224
自然素材が生かされた魅力的な光景は
仕事やリフォーム中の実家に反映される気がします。

混雑前には帰路に・・・

お昼は年齢に相応しい日本の味が食卓に
小豆たっぷりの玄米ごはんが大好きです
IMG_20210228_134346


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

もうすぐ春が・・・奈良公園界隈

『歩数が足りないと調子がでない』
というので
仕事方面ついでの奈良公園~奈良町あたりの早朝散歩
IMG_20210214_091418

人影のない早朝の奈良公園
IMG_20210214_094621

IMG_20210214_093123

IMG_20210214_094629

きっとキレイだろうな・・・
灯りが入ったのを想像しながら
なら瑠璃絵 ~2月14日17:00-20:00」
IMG_20210214_095041

神秘のパワー溢れる下の禰宜道(しものねぎみち)
IMG_20210214_095435

IMG_20210214_095751


IMG_20210214_095949

志賀直哉旧居へ出て
IMG_20210214_100158

季節ごとにうつくしい浮御堂
IMG_20210214_101103

のんびり平穏なけしき
IMG_20210214_101503

公衆トイレには鹿さんが入らないように柵が・・・
ここならでは
IMG_20210214_101728

IMG_20210214_101739

お茶を焙じるいい香り
いつものお茶屋さんにて、ほうじ茶 安くて美味しいんです
IMG_20210214_102947

歴史をかんじる街並み
IMG_20210214_092231

IMG_20210214_103833

はやめの昼食は
いつもの「」に一番乗り
一品一品が丁寧につくられたこれぞ日本の味
IMG_20210214_111303

これくらい歩くと
『調子が戻ってきた』そうです
IMG_20210215_024956[1]


いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦で古民家DIY 第5弾 出発

雨漏り放置で崩壊寸前の実家を自力で再生リフォーム中。
慌ただしく志布志行きフェリーに乗り込みました。
今回もフェリーは空いています。
道中、誰にも会わずに無人の実家へ

浴室ほか内部の作業がまだまだ残っています。
楽しんでリフォームを進めてきます。
前回の台風時期の屋根葺き替え工事に比べて気が楽です。
9FFA9A7F-277C-4023-83A4-D7284C6B7038

28396FE3-72CA-428B-B785-6CC343A81E86

出発ロビーには業務用大型ジアイーノが2台
安心感が高まります。
というか人が少ない
E2AFEA57-7D7F-4413-B471-217E3966F471

前回まではトラックに材料満載でしたが
今回はいつもの仕事車
超仕上げの桧材、屋久杉のカウンター材など比較的軽量
たっぷり積めるステップワゴンですがほぼ隙間なく
BF3D1D71-50BD-4701-93BE-995C78EE0358
リフォームの様子、故郷の景色など
出来るだけアップしていきたいと思います。
ご覧いただけると嬉しいです。
 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

名残の紅葉


最新商業施設にワクワク、心斎橋パルコ


勤労感謝の日=結婚記念日(たぶん44回目)

この20日にオープンしたばかりの
心斎橋パルコ
完全 スマホ予約にて人出をコントロールされた中
ワクワク刺激を受けてきました。
IMG_20201123_134754

IMG_20201123_135807

IMG_20201123_133704

IMG_20201123_135928

IMG_20201123_134624

IMG_20201123_134455

IMG_20201123_135823

IMG_20201123_135848
見どころ一杯、非日常を楽しませて頂きました

◆◆◆

帰りには定期的に食べたくなる
力餅大宮店の「もちう」
自家製の出汁、うどん、こんがりおもちのバランスがたまりません。
IMG_20201123_111627


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

秋の一日、義母の故郷にて

爽やかな秋晴れの一日を
義妹とともに義母の故郷に出向き3回忌を
滋賀県蒲生郡日野町というところ


道中、立ち寄った「信楽陶芸の森」にて思いがけない紅葉が
IMG_20201115_085520

開館前の陶芸館前にて
IMG_20201115_085544

アートがいっぱい「星の広場」
IMG_20201115_085148

日野町へ到着
祖母の通った小学校付近からの眺望
正面が綿向き山、左手は「ブルーメの丘
IMG_20201115_113622

ブルーメの丘からほどないところに叔母の家
ここで全員集合
IMG_20201115_110631

叔母の家の近くにある「鬼室神社
IMG_20201115_112248

懐かしい叔母と感動の再会
IMG_20201115_120324

日野祭りを中心に数々の歴史が保存される日野の街へ
IMG_20201115_121933

近江日野商人「旧山中正吉邸」へ
IMG_20201115_122308

日野の伝統料理を継承する会」の皆さんによる伝統料理を頂きました
IMG_20201115_124814

IMG_20201115_133616

IMG_20201115_132723

有形文化財に指定される日野商人のこころが息づく「旧山中邸
得意先や文化人などをもてなす接客の場
IMG_20201115_133051

来客専用に作られたという豪華な浴室
館内みどころいっぱいでした
IMG_20201115_132850

祖母の故郷を感じながら叔父叔母との親交を深めた一日
『母が元気なうちにもっと連れてくれば良かった』と後悔の娘二人
その想いは伝わってるよ、きっと。

帰りに再び陶芸の森へ、館内鑑賞
こころみたされる意義ある一日でした
IMG_20201115_155835



今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

日曜の朝、緊急対応~寝屋川公園散策

土曜の夜『台所のお湯が出ない』と連絡いただいた
長年お付き合いの寝屋川市Y様。
94歳でお元気でお一人暮らし

『明朝8時に行きます』

◆◆◆
取替えかも知れない・・・と覚悟の上お伺いしてみると
リモコンの設定温度が35℃
IMG_20201101_081437

42℃に上げると無事着火
IMG_20201101_081515

お湯が出ました
夏場はずーっと35℃になっていたようです
給湯器には最低燃焼温度があって
37~39℃では不安定になることがあるので
40℃以上に設定しましょう
IMG_20201101_081523



時間がポッカリ空いたので
はじめての大阪府営寝屋川公園へ散策に
スポーツ公園として有名ですが
無料のBBQ広場もあって広ーい
趣向をこらした設えがたのしい
まだ行ったことがなければお奨めのスポットです
これからの季節、紅葉が楽しめそうですよ

まず驚いたのが
京都嵐山の竹林を思わせる光景
IMG_20201101_085806

IMG_20201101_085706

IMG_20201101_083655

IMG_20201101_083708

IMG_20201101_083758

IMG_20201101_083827

IMG_20201101_083851

IMG_20201101_084211

IMG_20201101_084908

ざっと一週したら歩数計は6000歩
9時半過ぎ、バスケを楽しむ若者や家族連れがぞくぞくと
駐車場は半分くらいでした
初めての寝屋川公園は度々訪れたいと思わせてくれる素敵な場所でした
IMG_20201101_090211



帰りにホームセンターへ
カラフルな収納ボックスを購入

鹿児島の実家のリフォームから戻り1ヶ月
忙しさにかまけて車の中がぐちゃぐちゃ

工具や部品を分類、整理し直すことに
IMG_20201101_103106
工具類の整理整頓は仕事の効率に大きく影響します
今日からの新しい仕事に向けて
朝までに終わらせなければ・・・


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

夫婦でミニツーリング 南山城へ

ツーリングで自然を楽しむ絶好の季節
大阪枚方から午前中で帰れるところ
選んだのは
京都で唯一の村、みなみやましろ村
木津川沿いに約50kmの道のり、さわやかな風を感じながら
自然と秋の味覚をたのしんできました。

道の駅 みなみやましろ村」に到着
3か月以上乗っていなかった家内のバーグマンを走らせる目的も、
駐車場はバイクや車でいっぱいです
目の前にはお茶畑のきれいな緑がひろがります、晴れ晴れします。
IMG_20201011_102836

館内にはめずらしい地元の産物がいっぱい
IMG_20201011_094317

IMG_20201011_094339

IMG_20201011_094506

バイクで来たのも忘れてこんなに買い込み
IMG_20201011_095206

朝ごはん代わりに柿の葉寿司とここで作っている数量限定の牡丹餅
濃厚な抹茶とほうじ茶の味がおいしい、最高です。
IMG_20201011_095406

帰りの休憩は木津川のほとりにて
しっかり気分リフレッシュ、ちょうど正午前に帰着
午後はお客様宅へ・・・
少しの時間も惜しんで愉しみに、これが活力に変わります。
IMG_20201011_105836


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

平岡山展望台から大阪平野を一望

良く働いた夏、鹿児島の実家のリフォームでは
そうとう足腰が鍛えられたと思ったが
大阪の日常は「身体が鈍っていかん」
ということで
家からバイクで30分の枚岡神社から登るハイキングコースへ 
近鉄奈良線枚岡神社すぐ近くの駐車場
7:50着
IMG_20201004_074914

河内の一宮「枚岡神社」へご挨拶。お参りから。
IMG_20201004_093454

なるかわ園地のすこし手前の展望所を目指します
IMG_20201004_080126

前半はけっこうきつい階段坂
IMG_20201004_080741

IMG_20201004_080944

野の花や野鳥の囀りに秋を感じながら登ること40分
IMG_20201004_090052

突然ひらけるすばらしい眺望
お天気が良ければ明石海峡大橋まで見えるとのこと、
あべのハルカスや大阪城は確認出来ました。
IMG_20201004_085440

IMG_20201004_085307

眼下には花園ラグビー場が(望遠撮影)
IMG_20201004_083122

今年5月5日に来たときはこんなにキレイに見えました
IMG_20200505_085115[1]


まだ9時前だがお弁当タイムに
IMG_20201004_083416

家内が4時台からがんばって作ってくれた弁当
たまにはこんなのもいいですねー。
大阪の街を見下ろしながらサイコー
IMG_20201004_083332

孫達が敬老の日に届けてくれたちりめん山椒のおにぎり
美味くないわけがありませんね
IMG_20201004_083515

ことしはじめて見た萩の花とススキ
IMG_20201004_090024

帰りは椋ヶ根橋へ降りることに
IMG_20201004_091704

急坂口と言うだけあって相当きつい下り坂
青紅葉がキレイでした
IMG_20201004_091828

くらがねばしに到着
IMG_20201004_092208

清流に癒やされます
IMG_20201004_092224

ここは暗峠(くらがりとうげ)の入口だったんだ
以前、バイクで奈良方面から降りてきて怖かった記憶が
国道でありながら最大斜度41%という酷道
車が通行可能な国内最大の斜度

ご興味のある方SHINさんのブログをご覧になられては?
圧倒的急勾配を楽しむ・・・
IMG_20201004_092348

帰りには気になりながら一度も立ち寄ったことがなかった
大阪府営寝屋川公園へ。噴水が良い感じ。
この景色をおかずに残ったおにぎりをいただき帰路へ
IMG_20201004_104147
正午前には帰宅。昼からは溜まったデスクワークが捗りました。
早起きで3倍楽しめた日曜日でした。


今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

移動日も楽し

鹿児島の実家を
夫婦で自力リフォーム中

その第4弾を終え
大阪行きフェリーへ

最近お気に入りの志布志港までの道程プラス数か所立ち寄りました
あいにくの雨ながら途中の荒平天神周辺の海が変わらず美しい
IMG_20200924_094245 - コピー

次はいつか行ってみたかった鹿屋航空基地史料館

本来は予約が必要とのこと
お願いして20分だけ閲覧が許され早足で・・・
今度はじっくり来たいです
IMG_20200924_100858

IMG_20200924_100933

IMG_20200924_101000

IMG_20200924_101007

IMG_20200924_101129

内部はゼロ戦のみ撮影可
特攻部隊一人一人の父母に宛てた遺書は涙なしには読めない。
知覧の特攻記念館に同じくたくさんの遺書が展示されていました。
IMG_20200924_101816

次に訪れたのは志布志市役所隣の大慈寺
たまたま住職さんよりこのお寺の歴史を詳しく教えていただくことが出来ました。またゆっくり訪れたい場所に。
IMG_20200924_134334

IMG_20200924_132654

IMG_20200924_132734


IMG_20200924_132826

IMG_20200924_134100

最後は大楠で有名な山宮神社
IMG_20200924_140615

IMG_20200924_141307

いちご農家を営む長男たちは植え付け作業で超多忙、頑張って!
IMG_20200924_145824
台風の影響で揺れるかも、さんふらわー霧島にて大阪へ

ふるさと再発見ドライブ 枕崎~坊津~頴娃

残りわずかとなった実家のリフォーム第4弾
昨日の日曜日、初めて作業を休みドライブへ

南さつま市海岸線をドライブ
地元民ながら知らなかったすばらしい場所がいっぱい

5時半、暗いうちから出発
目指したのは枕崎港(実家から車で約1.5時間)
IMG_20200920_065739

第一目的は枕崎港
毎月第三日曜日の7時から開かれる「青空市場」
ちょうど7時に到着、すでに賑わっていました
IMG_20200920_073607

活きのいいイセエビが飛ぶように売れていました
市価の半額以下だとか(自分たちは買えませんが)
IMG_20200920_070014

お店の人がまだ来ていないのに長蛇の列ができている人気すし店があったり
安くておいしそうなものがいっぱい

湯気がもくもく出来たてのおこわ
惜しげもなくたっぷりよそってくれるおこわ3種
家内が相盛りをリクエスト
「よかですよ」と気前よく山盛りに
IMG_20200920_070608

とりあえず朝ごはん、おいしーッ
IMG_20200920_071520
目と舌で楽しんだ後は
気前のいい鰹節屋さんで大阪への土産など買って次へ

枕崎港からすぐ「火の神公園」へ
前回は雨で何も見えなかったのですが昨日はきれいな開聞岳の姿が
IMG_20200920_082230

きれいな夕日が見られるという立神岩
近くのキャンプ場では連休で多くのキャンパーがテントを張っていました
一度はキャンプに来てみたい
IMG_20200920_082349

台風銀座と呼ばれた枕崎、ここは台風通過の玄関口
海岸沿いのプール施設の頑丈そうなフェンスがこんな状態に
先日の台風でなぎ倒されたのでは、風の強さを物語っていました
IMG_20200920_082810

すこし足をのばした岸壁の上には
戦艦大和が沈没した海域が眺望できるという平和祈念展望台が
(クリックで拡大します)
IMG_20200920_080934

戦艦大和沈没位置、しばし黙とう
(クリックで拡大します)
2


IMG_20200920_081313

次は枕崎市内が一望できる丘の上にたつ
文化資料センター、南溟館(なんめいかん)へ

船の錨や海をモチーフにしたデザイン
大型木造建造施設
「南溟」は南にひろがる大海原の意味があるそうです
建物としての魅力もいっぱい、興味津々です
IMG_20200920_085144

IMG_20200920_085311

IMG_20200920_090249

さらに足をのばして坊津へ
いちどは行ってみたいと思っていましたがこんなきれいな場所とは
IMG_20200920_101942

安藤広重の画題になったとされる双剣石が見えています
江戸時代から有名な場所
IMG_20200920_102956

(拡大します)
IMG_20200920_102930

すばらしい眺望のあとは枕崎港に戻って昼食
「ぶえん」は鹿児島では新鮮な魚の代名詞
IMG_20200920_121835

周りの多くのお客さんはイセエビの味噌煮
外の景色を撮った端に映っていた光景、全員イセエビ
IMG_20200920_114522

家内は鰹のビンタ定食
ビンタは鹿児島で頭のこと
IMG_20200920_114926

自分はカンパチの刺身定食
このビンタも旨かった
IMG_20200920_114930

帰り道、頴娃の釜蓋神社
有名スポーツ選手も参拝するパワースポット
若い人が多いのに驚きました
IMG_20200920_130902

釜蓋を頭にのせて参拝します
IMG_20200920_131222

次は番所鼻公園
伊能忠敬が「天下の絶景なり」と称賛したというすばらしい眺望
前回来た時は雨で何も見えなかったのですが
きれいな開聞岳のシルエットが
何度来てもいいところ、気分が晴れ晴れします
IMG_20200920_134851

いつもの温泉に入って帰宅すると
数日前に家内が植えた黄色の彼岸花が咲いていました
今日はお墓参りしなくては
IMG_20200920_170103

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

かごしまの歴史を訪ねて 復元なった御楼門

屋根工事が一段落したので
がごしま城(鶴丸城)跡に今年3月に復元された
日本最大級の城門「御楼門」を見てきました
御楼門の詳細は「復元実行委員会」ページへ
10

圧巻、使用材料や構造に興味深々
11

特注瓦葺きの構造
8

伝統工法により復元された壁
7

材の組み方やデザインも興味深い
5

古代~中世~現代のかごしまを知ることができる
歴史・美術センター「黎明館」へ
かごしま県人として知らなかったことばかり
たびたび訪れたい場所になりました
館内はほぼ撮影禁止でしたが天文館のイメージ展示は撮影可
昭和初期の天文館の様子を楽しみました
6

「鹿児島の城館」展が開催されるようです
我々は叶いませんがたくさんの方に観ていただきたいですね
4
 


昼食はかごしまラーメン「こむらさき」さんへ
2

大量のキャベツとチャーシュー
ラーメンとしての好みが分かれるようですが
ヘルシーで懐かしい味が大好きです
3

盛夏の奈良へ

自粛の夏、厳選された家内の密避プランにて
義妹を誘って奈良へ

◆◆◆

まずは定例のお墓の草取り清掃
お墓掃除は夜明け前の一番乗りがいちばん
ちょうど交野山あたりから日の出が・・・
ご先祖様に手を合わせ

IMG_20200812_052212


◆◆◆

久しぶりの奈良「竈の朝ご飯」へ
カフェテリア方式から個別配膳へ変わっていました、清潔感みなぎる店内
しっかり感染予防対策も

IMG_20200813_085447


「日本に生まれて良かった」とかんじる朝ごはん

IMG_20200813_084337


ごはんはお替わり自由
2膳目はラッキーな竈のお焦げ、おいしいー。

IMG_20200813_084819


薬師寺さんへお参り

IMG_20200813_093818


蓮もまだまだきれいに

IMG_20200813_093858


途切れることのない他愛ない会話に
姉妹っていいなあ、と

IMG_20200813_095428


久しぶりの「奈良市写真美術館」へ
ここは年4、5回は訪れる感動の場所
古都の魅力を感じることが出来ます
早い時間だったのでほぼ貸し切り状態

IMG_20200813_110134


つづいて久しぶりの「鹿の舟、囀」へ
我が家の三男が棟梁として建築に携わらせて頂いた特別な場所
レストランスタイルに変わってはじめてです
中村好文氏設計、石村由紀子さんプロデユースのこの建物
時を経てますます味わい深く、すばらしいですね

IMG_20200813_145914


清潔感あふれる素敵な空間にて
目と舌を存分に楽しませてくれました。非日常のひととき

IMG_20200813_125119

IMG_20200813_132830

IMG_20200813_132708

IMG_20200813_133945

IMG_20200813_135005

IMG_20200813_140337

あ、写真撮らなきゃ

IMG_20200813_140343

IMG_20200813_141431

IMG_20200813_142025

IMG_20200813_143410

IMG_20200813_144745


完璧な密避プランにて
おいしい・たのしい素敵な一日でした
ごちそうさま


いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

移動日も楽し

鹿児島の実家(75年の古民家)を
夫婦でリフォーム中

その第三弾を終え
大阪行きフェリーへ

最近お気に入りの志布志港までの道程
鹿児島市鴨池~垂水港、垂水フェリーからの桜島
IMG_20200623_161628

垂水港~鹿屋市、途中素敵な場所が荒平天神
IMG_20200624_093426

IMG_20200624_093832

鹿屋薔薇園
アジサイがきれいでした
IMG_20200624_103250

今回初めて立ち寄ったどっ采市場
2月にオープンしたばかり
地元の特産品がいっぱい
IMG_20200624_120449

レストランが定休日だったので併設のピザ屋さんで、
おいしかったです
IMG_20200624_114643

志布志の長男宅へ到着
自然に囲まれたうらやましいところ
IMG_20200624_160315

窓からの景色
向こうに見えるのが「農ライフ」いちごハウス
グーグールマップで道案内してくれるようになっていて感激
IMG_20200624_160146

玄関前をすてきにリフォーム中
IMG_20200624_160333

ここも寝室以外ワンルーム仕様、ひろびろして気持ちいいです
IMG_20200624_154738

活躍の様子が情報誌や新聞に・・・
がんばっていること、しっかり受け止めました
IMG_20200624_155524

そこへ帰ってきた高1の孫
フェリーへ見送りに来てくれるそうです
IMG_20200624_155715

16年前就農時の「こうなったらいいなぁ」と
描いた夢に向かって着実に歩んでいる彼らの姿がまぶしく
幸せをかみしめるじじばばでした
IMG_20200624_163825

バックの看板の右のおいしそうなイチゴは彼らの作品
すばらしい志布志の特産品の中に加えてもらって・・・
IMG_20200624_163910

フェリーのレストランは未だ閉鎖、スペースのみ提供
食事は持参するようにとのアナウンス。
今回は長男が地元のおいしい弁当を持たせてくれました、
窓外の景色とともにあつい想いで味あわせてもらいました。
IMG_20200624_180141



いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

雨の枕崎~頴娃を訪ねて

一度行ってみたい
とあれこれ調査したふるさと周辺の魅力的な場所
家内のナビゲートで訪れた場所は
地元でありながら自分は行ったことのない素敵な場所ばかり。

まず火之神公園から見る立神岩
パワースポットといわれる所以を感じます
天候によってさまざまな表情を魅せてくれそう
周辺の美しい景色と相まって感じるすばらしい自然、たびたび訪れたい場所でした。
IMG_20200619_094410

流木をひらい「何かに使えそう」と
IMG_20200619_094843

IMG_20200619_095147
次に訪れたのは焼酎蔵
大阪で留守中なにかと世話をかけている次男にここでしか買えない「焼酎」を
IMG_20200619_102924

次は
江戸時代、徒歩で全国を巡り日本地図を作成した伊能忠敬が
「けだし天下の絶景なり」と賞賛した場所
開聞岳は見えなかったものの
わくわく想像する「晴天の景色」
今度はぜったい晴れた日にツーリングで来たいと
IMG_20200619_123336

IMG_20200619_123230

伊能忠敬絶景の碑の近く
いせえび荘内に新しくできた「ABカフェ」
内装が古民家リフォームの参考になりそう、ということで
IMG_20200619_124348


最後は家内がネットで見つけた
ゲストハウスふたつや) 
木をふんだんに使った手作り古民家改装
たまたま社長の蔵元さんがおられて
親しくお話を伺いながら見せていただくことができました。
今時のリゾートホテルのビニールクロスに囲まれた部屋にない安らぎを感じます。
いろいろ参考になりました。
HUTATUYA1

HUTATUYA2

「うちがいなかったら一生行かなかったんちがう?」と家内
ホンニホンニ、まだ見ぬいい所いっぱいのふるさと周辺でした。


帰ると叔父よりごちそうが
ニンニク醤油でたべる「鳥刺し」
手持ちのバーナーで焼き増し
おいしかったです
IMG_20200619_173854

夜になって長男からの贈り物が・・・
きばいやんせTシャツと夏用マスクや地元のごちそういろいろ
大満足の一日でした
IMG_20200619_194042


いつも見て頂いてありがとうございます 

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます
記事検索