素敵・快適・エコリフォームはこちら… 住電工房MaRu

住む人の便利・快適を知り尽くした電気屋の目線でリフォームするとこうなる・・・限られた予算を最大限に生かしてみせます。やってよかった、大満足のリフォームを! 断熱内窓「インプラス」、ヒートポンプ式温水床暖房、オール電化、太陽光発電、キッチン、システムバス、節水便器、LED照明、家電各種、アンテナ、パソコン、外構工事など家まるごと・・・夢を叶えるお手伝い。 枚方市 交野市を中心に活動中

住環境

吸音性天井材で響きをコントロール、聞きやすい環境を

心地よい、居心地の良い空間には
音の響きのコントロールがとても大切です

話し声やテレビの音ががうるさく感じるのは
人間が聞こえる周波数帯域での
残響時間が大きいことが影響しています
人が快適に感じるのは0.5秒程度以下といわれています

ビニルクロスやフローリングで囲まれた部屋では
どうしても残響時間が長く
「うるさい」音環境になってしまいます

そんな時は吸音効果のある分厚いカーテンやじゅうたん、ラグなどを使うのも
一定の効果がありますが
吸音性のある天井材の使用がいちばん
例えばダイケン工業の「ダイロートン
ロックウール板の表面にあいた無数の微細孔が音を吸収してくれます
無題

現在リフォーム中のM様邸において施工中の
クリアトーン12SⅡ
まだ3分の一程度の面積ですが明らかに響きの変化を感じます
R0079864

30cm×60cm×12mmの多孔質ロックウール板
吸音性、調質性
いかにも効果ありそうな素材です
R0079859

天井や壁、ビニルクロスで仕上げれば
きれいで簡単、もうとっくに終わっているところですが
天然杉の腰壁、珪藻土壁、吸音天井と
快適空間のための手間と材料をかけています
この楽しい時間ももう数日
自分で住みたい部屋はこんな部屋
気に入っていただけるとうれしいですね
R0079875

いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

自然素材の癒やし効果を感じる、腰壁作りへ

自然素材に囲まれる癒やしの空間
大好きな腰壁張りの工程へ

これだけの面積の杉板に囲まれると
はっきりと居心地のよさ、癒やしを感じることが出来ます
『あー、やっぱりいいなー』って
R0079696


施工もたのしい
加工しておいた幅木に接着剤を塗布
R0079685

フィニッシュネイラーという電動工具で止めていきます
R0079686

腰壁は1枚が164mm幅です
今回は無節の上小・無地グレードを使います。見た目も大事なので。
R0079690

垂直を保持しながら実部をタッカーで止めていきます
大型のホッチキスですね
R0079691

接合部は本実(ほんざね)目透かしと呼ばれる構造
幅方向に多少の調整しろがあります
R0079692

複雑な部分も時間はかかるがたのしい作業
R0079706
2

出入り口の目立たない部分に杉で現場加工した埋込収納が
以外と便利かもしれません
R0079709

最も時間がかかった出隅部分
クローゼットの中に多めに準備した杉板を並べて
木目のかたちや色を選びながら配置していきました
R0079719
次は腰壁の上の部分に珪藻土を塗るための下地ならしをしていきます

いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

介護される部屋は畳よりフローリングが・・・

ウッドデッキのある眺めのいい10畳の和室
ここでご主人様がベッドで過ごされます。
できるだけ快適にして差し上げたいと奥様よりのご相談にて
これまでに窓の断熱化や見やすい位置へのテレビ設置、
介護のための照明増設。
空間の安全安心のためのジアイーノの設置などなど
奥様の思いやりがかたちになってきています。

今回は、畳が傷んで表面が毛羽立ってきたので
なにかいい敷物は?とのご相談をいただきました。
以前からよく通行する畳の一部がふわふわで強度が失われた感が・・・
思い切って床下の補強とフローリング化をお奨めしました。

急遽、日曜日をはさんでの工事となりました

画像は畳を撤去、床補強、高さ調整してのフローリング下地まで、1日目終了の状態
しっかりした床の10畳からみる景色、開放感があってすばらしい
IMG_20210307_161815

ふわふわした畳部分は床板が腐食していたものの
束、大引きや根太は健在、強度を保ってくれていました。
新しい根太を追加補強した上で角材を介してコンパネを張りフローリング下地が完成
IMG_20210307_094723

廃棄する畳は極端に剛性が低下、傷んだ床板の根太間でふわふわしていたのですね。
このまま使用し続けたら落とし穴状態になったかもしれません。
傷んだ畳を敷物で覆ってしまったら不衛生になってしまいます。
フローリング化を決断していただいて本当に良かったと感じました。
車椅子の通行も楽になりますよ。
IMG_20210307_100312
今日は仕上げのフローリングを張っていきます。
奥様のお片付けとともにさらなる快適空間へ

いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます

人にやさしい生活空間のために・・・自然素材を

「健康的で快適な住空間」
今更ですがとても大切なことに思えてきます
温度、湿度、臭い、有害ガス、ウイルスや雑菌など・・・
温度は敏感に感知し暖冷房で調整が可能ですが
それ以外は意識はあってもなかなかコントロールしている感覚はありません。

新築やリフォーム時に採用しておけば
知らず知らずの間に健康的で快適な空間が得られる方法があります。
珪藻土、エコカラット、土壁、ゼオライトなどが思い浮かびます
これらの多くが天然素材に由来する表面の微細な空洞が良い作用をしてくれているのです。

写真は珪藻土の電子顕微鏡の画像(フジワラ化学資料より)
プランクトンの死骸が海底や湖底に堆積して出来た泥土
この微細な構造が
保温、断熱、防露、調湿、遮音吸音、脱臭、有害物質の吸着分解などの
効果を持つことが
この画像を見れば容易に理解出来ます
keisou

知ってはいたものの実感する機会がなかったのですが
先日来の実家のセルフリフォームで採用した珪藻土壁や天然木、
これがとても心地よい空間を創ってくれているということを
強く実感。
この白い珪藻土壁は約5.5㎡
ここだけでも約500ミリリットルの水分を吸放湿してくれる計算です
多すぎる湿度は結露やカビの原因になります。
ちょっとしたことでずーっと快適、しいては健康に役立ちます。
sse
リフォームや新築時ぜひ採り入れて頂きたくご紹介してみました。
 

いつも見て頂きありがとうございます

今日もポチッと1票押していただけると とても嬉しいです


応援ありがとうございます
記事検索